ボルボ、自動ブレーキ搭載車の追突事故は非搭載車の1/4以下

テクノロジー レスポンス

ボルボ・カー・ジャパンは、日本国内で新規登録されたボルボ車で、オートブレーキシステム搭載車と非搭載車の事故発生件数を比較調査。その結果、同システム搭載車は、非搭載車に比べ、事故件数が69.0%少ないことが判明した。

今回の調査は、2009年から2015年に日本国内で新規登録されたオートブレーキシステムを搭載するボルボ車6万0585台と、同システム非搭載のボルボ車1万8823台を対象とし、ITARDA(交通事故総合分析センター)が保有するデータを基に、ボルボ・カー・ジャパンが独自に算出したもの。

その結果、オートブレーキシステム搭載車の事故発生総件数は1万台あたり146件で、非搭載車の472と比べ58.6%少ないことがわかった。対人事故件数は1万台あたり11件、非搭載車の26件と比べ58.6%少ない。対車両事故・その他では、非搭載車の446件に対し、136件と69.6%少なく、そのうち、追突事故は223件に対し52件と、76.5%少なくなっている。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ