ニュアンス・コミュニケーションズ、BMWのサプライヤー・イノベーション・アワードを受賞

業界 レスポンス

ニュアンス・コミュニケーションズは、BMWグループから「サプライヤー・イノベーション・アワード」を受賞したと発表した。

受賞は、BMW『7シリーズ』を始め、各BMWモデルに展開が予定されているBMWグループの車載システムに、ニュアンスが提供した音声技術が評価されたもの。

2007年に発表されたBMW iDriveに採用された音声での電話発信機能を皮切りに、ニュアンスは10年以上にわたってBMWグループの車載システムビジョンの実現に協力してきた。BMWグループとニュアンスは共同で音楽再生、ナビゲーション、自動車の様々な設定操作といった機能に音声インターフェースを追加することで、革新的なドライビング・エクスペリエンスをBMWグループの顧客に提供してきた。

ニュアンスのコネクテッドカー向けプラットフォーム「Dragon Drive」は、独自のハイブリッド型音声機能により、安全でスマートな方法でアプリやサービスにアクセスする方法を提供している。組込み型とクラウド型の音声認識、ディープラーニングを活用した自然言語理解(NLU)、画期的なバージンイン(割り込み発話)といった「Dragon Drive」が持つ機能を活用することで、運転中の利用に適した、自然な対話型の車載システムを実現することができるとしている。

  • レスポンス編集部
  • サプライヤー・イノベーション・アワードのトロフィー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ