【ITS世界会議16】ホンダが自動運転へ向けた意識調査、新型シビックも展示

テクノロジー レスポンス

ホンダはITS世界会議2016の展示ホールに出展。オーストラリアでの将来実現するであろう自動運転へ向けたユーザーの意識調査を実施。同時に日本での展開も表明されているホンダセンシングを搭載した新型シビックの展示も行った。

世界で自動運転に向けた取り組みが進んでいる中、それがどこまで理解されているかはよく掴めていない。そこでホンダは自動運転へのイメージとしてオリジナルビデオをオーストラリア国内で制作。自動運転によって実現する便利さや楽しさを見せながら、会場を訪れたITSに関心のあるユーザーに対する自動運転へ向けた意識調査を実施している。

その他、ホンダがITSに向けて取り組んでいる状況をパネルで解説。ホンダセンシングをはじめ、アコードなどで実現している信号と車両の協調制御、ヤマハ/BMW/ホンダが二輪車における“V2X”で提携したことなどを紹介した。

また、会場にはホンダセンシングを搭載した新型シビックを展示。“高級車”らしさを高めた新型の魅力を見ることができた。オーストラリアで販売されている新型シビックは、1.5Lターボを搭載したグレードを主力に1.8L車も含まれる。トランスミッションはすべてCVTだ。

ホンダセンシングは、カメラとミリ波レーダーを組み合わせたもので、レベル的には日本で展開されているオデッセイやステップワゴンに搭載されているものに相当するという(技術広報室:渡邉和男氏)。マルチアングルカメラや左側方を視認できるレーンウォッチャー、CarPlay/Android Auto対応のディスプレイオーディオも搭載する。

  • 会田肇
  • ブース内では自動運転に対する意識調査をするためのビデオが上映されている
  • 意識調査のためのビデオ内、走行中に送られてきた孫の写真に目を細めるシーン
  • 意識調査のためのビデオの、気に入ったシーンを見つけたら、走行中であっても写真を撮影できるシーン
  • アコードなどで実現した信号と車両の協調制御、“V2X”の提携したことなどを紹介
  • ホンダセンシングで実現している実例を紹介
  • 新型シビックのリアビュー
  • フロントのエンブレム内にはホンダセンシング用のミリ波レーダーが組み込まれる
  • フロントウインドウに組み込まれるホンダセンシング用の単眼カメラ。下は通行料金課金用タグ「Go Via」
  • 新型シビック。助手席側のミラーにはレーンウォッチ用カメラが備わる
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ