IMPRESS3D JAPAN 2016、講演内容決定…ヒュンダイ N 2025 ビジョンGT開発秘話など

モータースポーツ レスポンス

10月21日、複合施設「TABLOID」(東京都港区)で開催される、自動車業界向けバーチャルマーケティングをテーマとした無料セミナー「IMPRESS3D JAPAN 2016」の講演内容が決定した。

同イベントは、レスポンスとAutoCADやAutodesk Aliasなど、自動車デザインの定番ツールを提供しているオートデスク社が企画。3Dビジュアライゼーションとバーチャル プロトタイプのためのツール「VRED」のユーザーイベントとしてドイツ・ベルリンで開催されたIMPRESS3Dから、世界の最先端を紹介し、バーチャル・マーケティングのビジョンに切り込むイベントとなる。

特別講演には、顔プロジェクションマッピングで世界の注目を集める、ヴィジュアルデザインスタジオWOWの浅井宣通氏が登壇。「進化するメディア、進化するアート、進化するマーケティング」をテーマに講演を行う。

また、ヒュンダイモーターアメリカ社のエクステリアデザイナー、トバヤス・フレンス氏は、「グランツーリスモ6」とのコラボレーションモデル「ヒュンダイ N 2025 ビジョン グランツーリスモ」の開発秘話を披露。Autodesk VREDを用い、いかにして社内の意思決定者およびマーケティングチームへコンセプトを売り込んでいったかを紹介する。

そのほか、ジャガー・ランドローバー社のデザイン ビジュアライゼーション マネージャーのイアン・マクシェーン氏も登壇。魅力的なビジュアライゼーションを駆使してアイデアやコンセプトを売り込み、デザインプロセスでのデジタルデータの活用を最大限にするためにジャガーランドローバー社が行っている取り組みを紹介する。

イベント詳細はこちらから

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヒュンダイモーターアメリカ社のエクステリアデザイナー、トバヤス・フレンス氏
  • IMPRESS3D JAPAN 2016
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ