【WEC 第7戦富士】アウディ、タイトル獲得へ重要な戦いに

モータースポーツ レスポンス

10月14〜16日、富士スピードウェイで行われる「FIA WEC(世界耐久選手権)第7戦 富士6時間耐久レース」。今シーズンのタイトル獲得を目指すべく、アウディの参戦準備が整った。

アウディは今シーズンのWECにおいて、現在マニュファクチャラーズ、ドライバーズともランキング2位。富士を含めて、アジア圏での3大会がわずか5週間の間に開催されるシーズン終盤は、タイトル争いを決着する重要な要素となる。

ルーカス ディ グラッシ / ロイック デュバル / オリバー ジャービス選手組は、アウディ勢で最多ポイント獲得のトリオとして、ランキング2位を維持。ランキングトップとのポイント差は、37.5ポイント。しかし、最終戦までの間に獲得可能なポイントは78ポイントもある。さらに、マニュファクチャラーズ タイトルでは、トップのポルシェを53ポイント差で追う。こちらも、残り132ポイントもの獲得可能性が残っている。

富士スピードウェイは、1.4kmにもおよぶホームストレートで最高速が300km/h以上に達した後、ミドルセクターでは弧の大きな高速コーナーが連続し、最終コーナーに向けては低速コーナーとシケインが表れる。アウディスポーツによると、エンジニアは2台の『R18』を富士スピードウェイに合わせ、入念にセットアップしたという。

アウディモータースポーツのウォルフガング・ウルリッヒ代表は、「富士での戦いは、いつも大きなチャレンジを伴う。非常に長い直線と複雑なコーナーが組み合わされたコースレイアウトがチャレンジングであることに加え、特殊な天候が大きな要素になるだろう」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ