トヨタとBMW、米ベンチャーと提携…自動運転車の開発促進

テクノロジー レスポンス

米国のベンチャー企業、ナウト(NAUTO)は10月7日、トヨタ自動車やBMWなど3社と提携すると発表した。

ナウトは、米国カリフォルニア州に本拠を置くベンチャー企業。ドライブレコーダーで撮影された映像を、AI(人工知能)で解析するシステムなどを手がけている。

今回ナウトは、トヨタ自動車の子会社のトヨタ・リサーチ・インスティテュート、BMWの子会社のBMW iベンチャー、ドイツの保険大手のアリアンツの3社と提携。3社がナウトに出資することで、合意に達した。

3社はナウトと協力して、ナウトが持つクラウドベースのデータ学習プラットフォームを用いながら、自動運転車の開発を促進していく。

ナウトのステファン・ヘックCEOは、「自動車および保険の大手企業の参画は、我々が安全かつスマートで渋滞のない移動手段を構築するのに、欠かせない」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ