三菱自、インドネシアに新販売会社を設立…乗用車販売体制を強化

業界 レスポンス

三菱自動車は、インドネシアの販売体制強化を目的とした事業再編について、事業パートナーである三菱商事、クラマ ユダ(KY)、三菱ふそうトラック・バスとの間で基本合意したと発表した。

今回の合意により、現在の販売会社であるクラマ ユダ ティガ ブルリアン モータース(KTB)を「三菱自動車」、「三菱ふそうトラック・バス」のブランド別に分割し、三菱自動車ブランド独自の新たな販売会社を設立。新販売会社では、ブランディング、販売員の育成、サービス品質の向上、ディーラーネットワークの整備などを推進し、乗用車販売体制を強化する。なお、新会社での営業開始は2017年4月を予定している。

三菱自動車は、インドネシアにおいて、三菱商事、KYとともに、1970年から生産・販売事業を展開し、商用車中心に事業拡大を図ってきた。今後は、拡大が見込まれる乗用車市場を確実に取り込むべく、乗用車生産拠点 ミツビシ モータース クラマ ユダ インドネシア(MMKI)の2017年4月からの操業開始を目指して生産準備を推進。同年10月からは、インドネシアで需要が大きい小型MPVの生産を開始する予定だ。

今回、三菱自動車ブランド独自の新販売会社を設立し販売体制を強化することで、生産面、商品面に加えて販売面でも、これまでの小型商用車中心から乗用車を中心とした事業への展開・拡大を進め、事業収益の拡大を図っていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ