世界一の二輪サービスマンを決める! 日本人が13年ぶり優勝…ヤマハ発

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は12日、世界21の国・地域から選抜されたヤマハ二輪サービスマン(ディーラー・販売店のメカニック)21人がサービスの「技」を競い合う「第7回ヤマハ・ワールド・テクニシャン・グランプリ2016」を、静岡県磐田市のヤマハ発動機コミュニケーションプラザ/YTAグローバル教育センターにおいて開催した。

スポーツモデルクラスでは、日本代表の鮫島遼平(YSP川崎中央)さん、コミューターモデルクラスでは、インド代表のジグネシ・ギリシュクマール・ラナさんが優勝した。日本人の優勝は2003年の第2回大会以来、13年ぶり。

競技は、「スポーツモデルクラス」と「コミューターモデルクラス」の2つのカテゴリーに分かれ、タイヤ交換などの基礎整備の正確性を競う「基礎整備技術競技」、故障の原因を的確に診断し修理する技術を競う「故障探求競技」、修理箇所の説明など顧客とのコミュニケーションスキルを競う「お客さま対応競技」の3種目でサービスの「技」を競い、その総合得点により順位を決定した。

  • レスポンス編集部
  • スポーツモデルクラス 優勝:鮫島遼平さん(日本代表)
  • コミューターモデルクラス 優勝:ジグネシ・ギリシュクマール・ラナさん(インド代表)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ