【スバル インプレッサ 新型】吉永社長、「予定の2.5倍」…先行予約が5883台に

新車 レスポンス

富士重工業(スバル)は10月13日、新型『インプレッサ』を25日に発売すると発表した。都内の本社で開いた発表会見で吉永泰之社長は、9月1日から行っていた先行予約が10月11日までに5883台になったと明らかにした。

月間の販売計画は2500台であり、その2か月分を上回る受注になった。吉永社長は「予定の2.5倍くらいの規模であり、本当に嬉しく思っている。半数が輸入車など他社からの乗り換えのお客様」と述べた。

新型インプレッサはハッチバックの「SPORT」とセダンの「G4」があり、先行予約では約8割がSPORTだった。今後も、これくらいの比率での販売になる見通しという。ただ、スバル車は国内外で品薄状態が続いており、吉永社長は国内でのインプレッサの納車も「2か月半から3か月お待ちいただくことになる」と、恐縮している。

  • 池原照雄
  • スバル インプレッサ 新型
  • スバルの吉永社長 〈撮影 高木啓〉
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ