ながらスマホ運転防止アプリ、地球65周分の安全運転をサポート…トヨタ×コメダ×KDDI

テクノロジー レスポンス

トヨタ自動車は10月13日、アプリ「Driving BARISTA」を活用した、「ながらスマホ運転」事故防止プロジェクトの状況報告を発表した。

トヨタ自動車は、コメダ、KDDIとともに、愛知県における「ながらスマホ運転」による交通事故の低減を目指し、スマートフォンアプリ「Driving BARISTA」を活用したプロジェクトを実施してきた。Driving BARISTAは、運転中にスマホ画面を伏せた状態の走行距離を計測。走行した距離が100km分蓄積されると、「珈琲所コメダ珈琲店」にてブレンドコーヒーまたはアイスコーヒーと交換できるクーポンを入手できる。

同プロジェクトでは、9月20日から10月6日までの17日間で、Driving BARISTAが約3万7000ダウンロードされ、「ながらスマホ運転」をしない安全運転として蓄積された走行距離は約260万kmを記録した。これは、地球約65周分、地球から月までの約7往復分に値する走行距離となる。

3社はこの結果について、同プロジェクトを通じて、アプリ利用者に楽しみながら事故低減への意識を持ってもらうと同時に、愛知県内外の多くの人に「ながらスマホ運転」の防止について認識してもらうことができたとしている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Driving BARISTA
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ