画像認識プロセッサを用いた自動運転システム、東芝が車載向けに開発…公道で実証実験中

テクノロジー レスポンス

東芝は、車載向け画像認識プロセッサ「Visconti 4」を用いた自動運転システムを開発し、名古屋大学と共同で公道での実証実験を9月26日より開始した。

東芝の自動運転システムでは、従来ハイエンドPCで行われることが一般的だった自動運転時の認識処理において、計算量の多いカメラ映像から三次元点群を計測する処理をVisconti 4で実行。さらに、カメラとLIDARによる車両周辺の地図生成技術、障害物を避けて走行する軌道の自動生成技術を独自に開発し、車載用プロセッサで処理可能な計算量で実現している。

同社は、これらの技術をPC上で動作する名古屋大学の自動運転ソフトウェアに実装し、公道で自動運転の実証実験を開始。今回の実証実験を通して、自動運転技術の基本構成「知覚・認識・判断・操作」のうち、実用的な認識機能と判断機能を2020年までに確立することを目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ