チームを離れるのは悲しい…ポル・エスパルガロ【ヤマハMotoGPファンミーティング】

モータースポーツ レスポンス

『MotoGP 第15戦 MOTUL日本グランプリ』(決勝10月16日ツインリンクもてぎ)を目前に開催された『YAMAHA MotoGP FAN MEETING 2016』。150名のファンが招待されたシークレットイベントであったが、そこではライダーらの貴重な生トークを聴くことができた。

質問コーナーでは、ポル・エスパルガロ選手に「ヤマハを離れますが、ヤマハに在籍して戦った3シーズンでライダーとして得たものは? そして来シーズン以降も進化を続けていくと思いますが、この先ご自身がどのようなライダーになりたいか教えてください」というクエスションが。

これに対しエスパルガロ選手はこう答えた。

「チームを離れるのは、僕にとってとても悲しいことです。なぜかというと、これがいままでのキャリアで最高の3年になったからです。ヤマハは家族のような存在で、とてもいいサポートが受けられました。将来また戻ることもあるかもしれませんし、ヤマハには感謝しています。これからも自分のベストを常に尽くし、最速のライダーになれるように頑張っていきたいです」

そしてブラッドリー・スミス選手には次のような質問が。

「過去に2度、YZR-M1で表彰台に立っていますが、特に印象に残っているのはヤマハが表彰台を独占した2014年のオーストラリアGPです。当時の詳細を覚えているかわかりませんが、ぜひあのときの気持ちやレースを振り返ってもらえませんか?」

スミス選手はこう答えた。

「僕にとって初めてのMotoGPでの表彰台でした。隣にいるバレンティーノ選手、そしてロレンソ選手とヤマハが表彰台を独占したレースになりました。天候の関係でタイヤがすごく難しくて転倒者が続出したのですが、そんななかでチェッカーフラッグを受けることができて幸運だったと思うと同時に驚きでした。これが将来また繰り返せるといいなと思っています」

両選手は来場者との記念撮影やサインに応じたり、抽選で選ばれたファンに記念品を手渡しするなどし、ファンとの時間を楽しんだ。

  • 青木タカオ
  • 「今週のもてぎは楽しみ!」と話したブラッドリー・スミス選手。撮影 青木タカオ
  • ファンとの交流のひとときを満喫したポル・エスパルガロ選手。撮影 青木タカオ
  • ファンとの交流のひとときを満喫したポル・エスパルガロ選手。撮影 青木タカオ
  • 「今週のもてぎは楽しみ!」と話したブラッドリー・スミス選手。撮影 青木タカオ
  • ファンとの交流のひとときを満喫したポル・エスパルガロ選手。撮影 青木タカオ
  • ファンにプレゼントされたブラッドリー・スミス選手のサインが入ったTシャツ。撮影 青木タカオ
  • リラックスした表情を見せるブラッドリー・スミス選手。撮影 青木タカオ
  • リラックスした表情を見せるブラッドリー・スミス選手。撮影 青木タカオ
  • ファンとの交流のひとときを満喫したポル・エスパルガロ選手。撮影 青木タカオ
  • リラックスした表情を見せるブラッドリー・スミス選手。撮影 青木タカオ
  • 5人のヤマハMotoGPライダーがそれぞれプレゼントを用意し、抽選で当たったファンに手渡された。撮影 青木タカオ
  • ファンとの交流のひとときを満喫したポル・エスパルガロ選手。撮影 青木タカオ
  • ファンとの交流のひとときを満喫したポル・エスパルガロ選手。撮影 青木タカオ
  • リラックスした表情を見せるブラッドリー・スミス選手。撮影 青木タカオ
  • ファンとの交流のひとときを満喫したポル・エスパルガロ選手。撮影 青木タカオ
  • ヤマハのMotoGPライダーが一堂に集まったYAMAHA MotoGP FAN MEETING 2016。撮影 青木タカオ
  • ヤマハのMotoGPライダーが一堂に集まったYAMAHA MotoGP FAN MEETING 2016。撮影 青木タカオ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ