マツダ 福原常務「改良4車種で11月に国内販売を反転へ」

業界 レスポンス

マツダの国内営業を担当する福原和幸常務執行役員は10月14日、横浜市の同社研究施設で記者会見し、改良モデルの拡充を機に「11月から販売台数を前年超えとし、反転させていきたい」と述べた。

マツダは同日、『デミオ』と『CX-3』の大幅改良モデルを発表した。車両運動制御技術の「G-ベクタリングコントロール」の標準搭載や安全技術装備の充実などを図った。

発売はデミオが11月17日、CX-3が11月24日で、いずれも14日から予約を始めた。

これにより、7月に発売した『アクセラ』から始めた大幅改良モデルは、『アテンザ』を含めて4モデルとなった。

福原常務は「当社の一括企画による開発手法により、わずか3か月で4車種に最新技術を投入できた」とし、11月からの反転攻勢によって「次の成長フェーズに入っていきたい」と強調した。

これら4モデルは、今年度上期の国内販売の76%を占める主力商品群。マツダの国内販売は、新モデル効果が一巡した15年10月から前年同月割れが続いている。

  • 池原照雄
  • マツダ福原和幸常務執行役員《撮影 池原照雄》
  • 新色「マシーングレー」を採用したマツダ CX-3 改良新型(右)とデミオ 改良新型(左)《撮影 宮崎壮人》
  • マツダ デミオ 改良新型《撮影 宮崎壮人》
  • マツダ アテンザ 改良新型《撮影 宮崎壮人》
  • マツダ アクセラ 改良新型《撮影 宮崎壮人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ