タニタがミニ四駆用の“体重計”を発売…0.1g単位の高精度

業界 レスポンス

タニタは、タミヤとコラボレーションしたミニ四駆スケール「KD-192-TM」を10月17日に発売する。

ミニ四駆のチューニングで重要なファクターとなるのが、車体やカスタムパーツの「重量」のコントロールだ。スピードや旋回性能の向上には、車体やパーツを削ったり、より軽いパーツに交換したりするなどの軽量化が必要。同時に、重心や前後左右のバランスを崩してしまうとコーナーを曲がり切れなくなってしまうため、パーツごとの重量バランスを取る必要もある。

新商品は、こうしたミニ四駆のセッティングニーズに、0.1g単位の高精度計量で対応。計量皿にはシリコーンゴムカバーが付いており、計量時に車体を安定させやすくしているほか、裏返せばトレー状になるため、転がりやすい小さなパーツの計量も安心だ。デザインにもこだわり、計量皿にタミヤのロゴマークをあしらったほか、操作ボタンをギアやボルトなどミニ四駆のパーツをモチーフにするなど、ミニ四駆の世界観を再現している。

価格(税別)は3500円。ミニ四駆ファンをターゲットに、タニタオンラインショップのほか、タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店(東京都港区)、静岡ホビースクエア(静岡県静岡市)、タミヤショップオンラインで販売する。

なお、今回のコラボは、ツイッターのタニタ公式アカウントが社内サークル「タニタ・ミニ四駆クラブ」の様子をツイートしたことを機に、タミヤ公式アカウントとの接点が生まれて実現したもの。タニタでは、同商品の発売をきっかけに今後も同社との連携を深め、新たな市場の開拓に取り組んで行く。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • タニタ ミニ四駆スケール KD-192-TM
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ