【WEC 第7戦富士】ポルシェ、タイトル防衛に全力

モータースポーツ レスポンス

10月14〜16日、富士スピードウェイで行われる「FIA WEC(世界耐久選手権)第7戦 富士6時間耐久レース」。ポイントリーダーのポルシェは、タイトル防衛に全力を尽くす。

ポルシェは今シーズンのWECを、「919ハイブリッド」で戦う。ルマン24時間などの勝利によって、ポルシェはWECのマニュファクチュアラー部門において、238ポイントを獲得。アウディの185ポイント、トヨタの137ポイントをリードする。

また、ドライバー部門では、ロマン・デュマ(フランス)/ニール・ジャニ(スイス)/マルク・リーブ(ドイツ)選手組が、130ポイントで首位。アウディに37.5ポイント差、続くトヨタに38ポイント差をつけている。優勝ドライバーには25ポイントが与えられるため、日本でタイトルが決定する可能性もある。

ポルシェ 919ハイブリッドは、システムの総合計で900psを超えるパワーを発揮。後輪を駆動するエンジンは、2.0リットルV型4気筒ガソリンターボで、最大出力およそ500ps。フロントブレーキおよび排気のエネルギーを利用する2系統のエネルギー回生システムは、電力をリチウムイオンバッテリーに蓄える。これにより前輪を駆動し、400psを超えるブーストパワーを得る。

ポルシェのLMP1担当、フリッツ・エンツィンガー副社長は、「ポイント上では、WECタイトルの防衛は射程内。しかし富士を含む残り3レース、計18時間におよぶ戦いでは、何が起こっても不思議ではない」とコメントしている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ