日産 ローグ にハイブリッド初設定…エクストレイル と共通

エコカー レスポンス

日産自動車の米国法人、北米日産は『ローグ』の2017年モデルにハイブリッドを設定すると発表した。

現行ローグは2世代目モデル。初代は独自デザインだったが、2013年9月に発表された2世代目は、『エクストレイル』の兄弟車として、米国でデビューした。

従来のローグは、2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン搭載車のみをラインナップ。内外装を中心に大幅改良を受けた2017年モデルの発表に合わせて、ハイブリッドが初設定されている。

ハイブリッドシステムは、基本的に日本向けの『エクストレイル ハイブリッド』と共通。エンジンは、2.0リットル直列4気筒ガソリンで、最大出力141hp、最大トルク19.9kgm。これに、最大出力40hpのモーターを組み合わせた。

エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、176hpのパワーを獲得。トランスミッションは、エクストロニック。アイドリングストップと回生ブレーキも装備している。

  • 森脇稔
  • 日産 ローグ ハイブリッド
  • 日産 ローグ ハイブリッド
  • 日産 ローグ ハイブリッド
  • 日産 ローグ ハイブリッド
  • 日産 ローグ ハイブリッド
  • 日産 ローグ ハイブリッド
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ