タクシー、初乗り410円なら月間利用回数は2回以上増加…都内実証実験

業界 レスポンス

国土交通省は、8月5日から9月15日まで都内4か所のタクシー乗り場で実施した初乗り運賃を410円に引下げる実証実験の結果を発表した。

東京のタクシー初乗り運賃(普通車)は現在、初乗り2kmまで730円、以降280mごとに90円となっているが、実証実験では、初乗り1.059kmまで410円、加算運賃は237mごとに80円で設定。新橋駅東口、浅草駅前、新宿駅東口、東大病院前の4か所のタクシー乗り場で実施した。

期間中の全運送回数は合計1万5071回(新橋9830回、浅草1036回、新宿1858回、東大病院2347回)、利用者から得た合計1万0368件の(日本人1万0201人、外国人167人)のアンケート結果をまとめた。

それによると、日本人利用者の60%が410円タクシーになれば利用回数が増えると回答。回答結果を平均すると、410円タクシーの導入により、タクシーの利用回数は現在の月4.8回から月7.0回へ45.8%%増加するとの結果が得られた。また、外国人利用者の76.0%が、410円タクシーは「安価」または「適当」と回答した。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ