出した! MINI クロスオーバー 次期型、プロトタイプの写真を公表

新車 レスポンス

BMWグループのMINIの主力車種のひとつ、『MINIカントリーマン』(日本名:『MINIクロスオーバー』)。同車の次期モデルに関して、公式スクープ(?)画像が公開された。

これは10月17日、MINIが明らかにしたもの。次期MINIクロスオーバーの開発プロトタイプ車両の姿を、初めて公開している。

MINIクロスオーバーは2010年1月、欧州で発表。MINIならではの愛らしいルックスやゴーカート感覚のハンドリングはそのままに、背の高いSUVフォルムに仕立てたモデルだ。ハッチバック、『クラブマン』、『コンバーチブル』に続く第4のモデルレンジで、MINIブランド初のクロスオーバー車。

ボディサイズは全長4097mm、ホイールベース2595mm。ハッチバック(当時)と比較すると、全長は397mm、ホイールベースは130mm長い。大型化したボディの効果で、室内には大人4名に充分な空間を確保。前後席を貫くようにレイアウトされるのが、「センターレール」と呼ばれる装備で、このレール上を収納ボックスやカップホルダーが移動するアイデアが導入された。

このMINIクロスオーバーが、デビューからおよそ7年で、2世代目にモデルチェンジを果たす。今回MINIが公開したのは、次期型の開発プロトタイプ車両。MINI独特のカモフラージュが施されたフロントマスクには、最新MINIのデザイン言語が反映されているようだ。

  • 森脇稔
  • MINIクロスオーバーJCW スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • MINIクロスオーバーJCW スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • MINI クロスオーバー現行型のサンライト仕様
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ