警察署の敷地内に侵入、捜査車両のタイヤをパンクさせる---逮捕

社会 レスポンス

福島県警は14日、警察署の敷地内に無断で侵入するとともに、警察車両のタイヤをパンクさせたとして、63歳の男を建造物侵入と基部損壊の現行犯で逮捕した。男は酒に酔った状態だったという。

福島県警・須加川署によると、現行犯逮捕された63歳の男は14日の午前2時30分ごろ、福島県須賀川市八幡町付近にある同署の敷地内へ無断で侵入。隠し持っていたドライバーのような先の尖った工具を使い、駐車されていた捜査車両(ワゴン型)の左後輪タイヤに複数の穴を開けてパンクさせた疑いがもたれている。

巡回中の署員が男の行為を目撃して身柄を拘束。被害を確認したことから現行犯で逮捕した。真横に駐車されていた別の1台も同様の被害が確認されているという。

逮捕当時、男は酒に酔った状態だった。警察では男の余罪を調べるとともに、警察に何らかの恨みを抱いている可能性も考えられるとみて、男を厳しく追及。事件発生の経緯を詳しく調べる方針だ。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ