キムラユニティー、燃費不正問題影響などで通期業績見通しを下方修正

業界 レスポンス

キムラユニティーは、2017年3月期の通期業績見通しを下方修正した。

売上高は前回予想より18億円マイナスの482億円となる見通し。営業面では順調だったものの、自動車メーカーの燃費不正問題の影響から自動車販売の売上が当初見込みから落ち込んだことに加え、円高進行による為替換算の影響もあるため。

経常利益は前回予想より3億円減の21億円、当期利益が1億4000万円マイナスの12億1000万円に下方修正した。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ