伊アルカンターラ ボラーニョ会長「日本でのプレゼンス、すでに結果がでている」

業界 レスポンス

イタリアの人工スエードメーカー、アルカンターラ社のアンドレ・ボラーニョ会長兼CEOは10月18日、都内で会見し、ブランド認知度を全力で高めるために米国とアジアに重点を置いており、このうち日本では「すでに結果がでている」との見通しを示した。

ボラーニョ会長は「アルカンターラは世界中でのブランド認知度を全力で高めようと努力を続けている。すでにヨーロッパでブランドを確立したが、現在重点を置いている地域としては米国そしてアジアの2か所」と説明。

日本に関しては「最近始めたばかりではあるが、すでに結果がでている。例えばレクサス『LC500』を始め、マツダの『MX-5』や『アテンザ』、そしてインフィニティ『Q30』などに採用されている」と紹介した。

アルカンターラ社の2015年度の売上高は1億6500万ユーロで、このうちシート素材を始めとする自動車産業向けが4分の3を占めているという。

  • 小松哲也
  • アルカンターラ社 アンドレ・ボラーニョ 会長兼CEO《撮影 小松哲也》
  • アルカンターラ社 アンドレ・ボラーニョ 会長兼CEO《撮影 小松哲也》
  • アルカンターラ社 アンドレ・ボラーニョ 会長兼CEO 会見《撮影 小松哲也》
  • アルカンターラ社 アンドレ・ボラーニョ 会長兼CEO 会見《撮影 小松哲也》
  • アルカンターラ社 アンドレ・ボラーニョ 会長兼CEO 会見《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ