三菱自、通期予想下方修正で営業赤字280億円…為替や市場措置費用が影響

業界 レスポンス

三菱自動車は、2017年3月期連結業績予想を下方修正、営業損益が280億円の赤字になる見込みであると発表した。

三菱自動車は6月22日、通期業績予想で営業利益を250億円と発表。新興市場を中心とした市況回復の遅れに伴う台数・車種構成等影響(100億円)や販売費の増加(50億円)を資材費等コスト削減で挽回したものの、為替影響(340億円)や、燃費不正問題に伴う市場措置費用の追加(380億円)の影響が大きく、280億円の営業赤字となる見込みだ。

これに加え、水島製作所の減損見直しにより155億円の特別損失を計上。海外子会社の設備減損や海外投資の再評価などの影響もあり、最終赤字は前回予想の950億円から2400億円に膨らんだ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 2016年度 営業利益見通し増減分析
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ