世界新車販売、5.6%増の8424万台 2016年

業界 レスポンス

自動車関連のグローバル調査会社大手、JATO Dynamicsは2月9日、2016年の世界新車販売(乗用車とLCV)の結果を公表した。総販売台数は8424万台。前年比は5.6%増だった。

市場別では、中国が2553万台で最多。前年比は14.2%増と、小型車に対する減税の効果で、2桁増を達成する。

中国に次いだのは、米国で1755万台。前年比は0.4%増と微増だった。緩やかな景気回復とガソリン安で、新車販売を伸ばしてきた米国だが、成長は2016年で頭打ちとの見方もある。

欧州(29か国)は1708万台で、前年比は7%増。以下、日本が前年比1.6%減の490万台、インドが8.4%増の332万台、ブラジルが19.8%減の199万台、カナダが3.1%増の196万台、韓国が0.8%減の179万台、メキシコが18.7%増の161万台、ロシアが2.8%減の135万台、オーストラリアが2%増の114万台で続いた。

JATO Dynamicsは、「2016年は中国、インド、欧州での需要が根強い」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • トヨタC-HR
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ