ベントレー - 中古車

ベントレーの中古車登録台数 207

ベントレーモーターズは、ウォルター・オーウェン・ベントレーが第一次世界大戦後の1919年、イギリスのロンドンに設立した高級自動車メーカー。1924年から1930年にかけて、ル・マン24時間耐久レースに参戦し、5回の優勝を果たしている。第一次世界大戦中は、航空機用のロータリーエンジンの製造でも知られていた。1998年以降は、ドイツのフォルクスワーゲングループの傘下となっており、現在はフォルクスワーゲン部門に属している。現在、コンチネンタルGTコンバーチブル、コンチネンタルGT、ニューフライングスーパー、ミュルザンヌなどのモデルがある。それぞれのモデルが、GTV8、GTSpead、W12、V8、Speadなどのクラスに分かれている。さらに、ベントレー認定中古車というものが存在し、正規輸入車で新車登録から7年、走行距離5万km以内という、厳格な認定基準が設けられ、専門のテクニカルスタッフよる点検が実施される。新車同様の信頼とサポートは、超高級車ブランドならではだ。

ニュース - ベントレー

ベントレーコンチネンタルGT V8Sムーンクラウドエディション…日本向け12台の限定車登場
ベントレーコンチネンタルGT V8Sムーンクラウドエディション…日本向け12台の限定車登場
ベントレーモーターズジャパンは、ベントレー『コンチネンタルGT V8S』をベースにした限定車、『コンチネンタルGT V8S ムーンクラウドエディション...
ベントレー フライングスパー V8 S…V8の走りを追求したドライバーズカー[写真蔵]
ベントレー フライングスパー V8 S…V8の走りを追求したドライバーズカー[写真蔵]
ベントレー『フライングスパーS』は、12気筒を搭載した「フライングスパー」と、V8エンジンの「フライングスパーV8」の間に位置するモデル。エンジンの出...

試乗レポート - ベントレー

【ベントレー コンチネンタルGT スピード 試乗】どこまでも重厚、どこまでもプレミアム…諸星陽一
【ベントレー コンチネンタルGT スピード 試乗】どこまでも重厚、どこまでもプレミアム…諸星陽一
日本に輸入されているベントレーのなかで、『ミルザンヌ』に続いて2番目に高価なモデルが『コンチネンタルGTスピード』。
【ベントレー コンチネンタルGT スピード 試乗】危険な香りさえをも感じるパワーユニット…山崎元裕
【ベントレー コンチネンタルGT スピード 試乗】危険な香りさえをも感じるパワーユニット…山崎元裕
新型『コンチネンタルGTシリーズ』のトップモデル、「GTスピード」のパフォーマンスは、コンバーチブルボディとの組み合わせで楽しむことにした。