スバル - 中古車スバルの中古車登録台数 13,317

富士重工業株式会社は、航空機メーカーの中島飛行機を前身として、1953年に設立された。スバルとは、1958年に発売された軽自動車「スバル360」より使用されている、自動車部門におけるブランド名である。スバルの自動車開発では、どのような気象条件下・路面状況においても走行時の安全性を保つこと、いかなる状況でもドライバーの意図する走りを実現できることに力を入れている。こうした安全性と走行性の追求から開発された技術が、水平対向エンジンと前輪駆動であり、これらに支えられた高い安全性には根強い人気がある。また、2008年には追突を防止する安全技術システムであるEyeSightを搭載した車種も発売された。生産車種は、ワゴン、セダン、ミニバン、SUV、スポーツ、コンパクト、軽自動車。中古車市場では、レガシィツーリングワゴンやSUVのフォレスター、スポーツタイプのレヴォーグ、軽自動車が人気である。

車名から探す - スバルの中古車

英数字

360

360

(13)

BRZ

BRZ

(237)

R1

R1

(127)

R2

R2

(769)

ア行

サ行

ステラ

ステラ

(1503)

タ行

ハ行

ラ行

その他

ニュース - スバル

【スバル インプレッサ 新型】1.6リットル仕様、12月20日に発売…192万2400円より
【スバル インプレッサ 新型】1.6リットル仕様、12月20日に発売…192万2400円より
富士重工業(スバル)は、新型『インプレッサ』1.6Lエンジン搭載グレードを12月20日より発売すると発表した。
【リコール】スバル インプレッサ など4車種15万台、タカタ製エアバッグの不具合
【リコール】スバル インプレッサ など4車種15万台、タカタ製エアバッグの不具合
富士重工業は11月25日、タカタ製エアバッグのインフレーターの不具合を原因とするリコールを(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

試乗レポート - スバル

【スバル インプレッサ 試乗】タイヤサイズで大きな差、手軽さで選ぶなら「L」…青山尚暉
【スバル インプレッサ 試乗】タイヤサイズで大きな差、手軽さで選ぶなら「L」…青山尚暉
今回、新型『インプレッサ』公道世界初試乗のチャンスを与えられたのは、名古屋から蒲郡に至る一般道、高速道路、ワインディングロードだった。
【スバル インプレッサ 試乗】100年の節目を迎えるにふさわしい…諸星陽一
【スバル インプレッサ 試乗】100年の節目を迎えるにふさわしい…諸星陽一
静岡県の閉鎖コースで行われた事前試乗会から2か月弱。やっとナンバーが付いた新型『インプレッサ』を公道で試乗する機会を得た。