スズキ - 中古車スズキの中古車登録台数 53,390

スズキ株式会社は自動車と二輪車を扱う日本のメーカーである。特に軽自動車の開発、販売に特化して取り組んでおり、「軽自動車ならスズキ」といわれるほど日本市場でのシェアが高い。軽自動車の分野では、2006年までの34年間で販売台数連続No.1という実績を残している。国外ではインドでのシェアが高く、市場の4割を占めている。小型二輪車の分野においても、日本での販売台数においてトップクラスである。また「スズキの次世代テクノロジー」と謳い、エコカーの開発にも積極的に取り組んでいる。近年はモーターでエンジンをアシストして低燃費を実現する「S-エネチャージ」や時速13km以下でエンジンを停止させる「新アイドリングシステム」など、環境に配慮したシステムが搭載された車のラインナップも増えている。自動車、二輪車以外の分野では、電動車いす、4ストローク船外機、モーターボートなどの開発や販売も行う。中古車市場では、ワゴンR、ジムニー、スイフト、アルトといった流通量の多い車種が人気を集めている。

車名から探す - スズキの中古車

英数字

ア行

カ行

サ行

タ行

ハ行

マ行

ラ行

ワ行

その他

ニュース - スズキ

【スズキ スイフト 新型】ブリヂストン、エコピア EP150を新車装着
【スズキ スイフト 新型】ブリヂストン、エコピア EP150を新車装着
ブリヂストンは、スズキが1月4日に発売した新型『スイフト』の新車装着タイヤとして、「エコピア EP150」の納入を開始した。
スズキのインド販売、7%増の151万台 2016年
スズキのインド販売、7%増の151万台 2016年
インド新車市場(乗用車)でトップシェアのスズキのインド子会社、マルチスズキは1月上旬、2016年の新車販売の結果を公表した。総販売台数(輸出を含む)は...

試乗レポート - スズキ

【スズキ バレーノ 800km試乗】スイフト で描いた欧州コンパクトの“夢”は消えた…井元康一郎
【スズキ バレーノ 800km試乗】スイフト で描いた欧州コンパクトの“夢”は消えた…井元康一郎
スズキの世界戦略モデル『バレーノ』に5月に追加された1リットルターボ版「XT」で800kmあまりツーリングしてみる機会があったのでリポートする。
【スズキ バレーノ 試乗】インド製であることよりも「日本軽視」が問題…松下宏
【スズキ バレーノ 試乗】インド製であることよりも「日本軽視」が問題…松下宏
スズキが『イグニス』に次いで投入した登録車の『バレーノ』は、日本の自動車メーカーとして初めてインド製のクルマを輸入したことで話題になった。