2016年12月28日 更新

ランドローバー新型「ディスカバリー」はどんな車?新モデルを解説

イギリスランドローバー社のミッドサイズSUV、ディスカバリー。1989年に初代がデビューし、今年、新たなモデルがデビューしました。ディスカバリーファミリーの新モデルを紹介します。

3,497 views

SUVの老舗、ランドローバー社

ランドローバー社は、レンジローバーはじめとしたSUVを販売する四輪駆動専門メーカーです。1948年創業で、軍用車をはじめ本格的な走行性能をもったモデルをリリースしています。2000年代初頭にボルボ等と同様にフォード傘下に入りましたが、経営不振なフォードから離れ、現在はジャガーと同様にインド・タタモーターズの傘下に入っています。モデルレンジは、レンジローバー、レンジローバースポーツのエンジン縦置きレイアウトと、イヴォーク、ディスカバリーのエンジン横置きのモデルに分かれています。
日経プレスリリース (61256)

由緒あるディスカバリーという名称

ディスカバリー、通称はディスコと呼ばれたりします。初代ディスカバリーは、1989年にデビュー。当初は、フレームシャシーやサスペンションなど多くの部品をレンジローバーと共有していました。日本でもホンダディーラーでクロスロードという名称で販売されていたこともあり、比較的流通量の多かったモデルです。また、世界でも最も過酷な道なき道を進むオフロードイベント、キャメルトロフィーでも使用され、キャメルイエローに塗られたディスカバリーが泥にまみれて進んでいく姿には見覚えのある人が多いでしょう。それだけオフロードの過酷な環境に耐えられる強度と走破性を備えたモデルでした。

ディスカバリー 2016年5月モデル

ディスカバリー HSE(ランドローバー)2016年5月モデルのスペック・カタログ[10105674] | goo自動車&バイク (61255)

ディスカバリースポーツ 2016年8月モデル

ディスカバリースポーツ HSEラグジュアリー(ランドローバー)2016年8月モデルのスペック・カタログ[10105885] | goo自動車&バイク (61266)

7人乗りSUVの快適性・利便性

7人乗りのフルサイズSUVの新型ディスカバリーは、3モデル目の「ディスカバリー」としてラインナップされました。乗客全員が快適な空間で過ごせるように、車内は大きくゆとりをもたせた設計となっています。レッグルームは2列目シートで954mm、3列目(オプション)シートでは851mmを確保し、長時間移動のストレスを軽減しました。

新型ディスカバリーこと「ALL-NEW DISCOVERY」

日経プレスリリース (61254)

新ディスカバリーは、ボディデザインも新世代に

新ディスカバリーのボディデザインは、イヴォークやレンジローバーなどに採用されている鋭いヘッドライトの新世代デザインをまとったボディは、全長4970mm、全幅2073mmとディスカバリー5より一回り大きなボディをもっています。しかし、アルミ製のモノコックシャシーは、480kgと軽量で、走行性能の向上に一役買っています。走行性能や悪路走破性を大きく左右するサスペンションは、ボディ同様アルミ製で、フロントは、ダブルウィッシュボーン、リアにはマルチリンク、それにエアサスペンションを組み合わせています。この結果、ランドローバーファミリーらしく、900mmの渡河性能、ツインスピードトランスファーを装備し、悪路での走破性を高めています。

エンジンとトランスミッションには

エンジンには、3リッターのV6ディーゼルターボエンジンと、同じく3リッターのV6ガソリンスーパーチャージャー付きガソリンエンジンの二種がラインナップされています。前者は最高出力258PS、最大トルク61.2kgmを発生。後者は、最大出力340PSと最大トルク45.9kgmを発生させます。最高速度はディーゼルエンジンで、209km/h、ガソリンエンジンは、215km/hを出します。特筆すべきは加速力。0-100km/hに要する時間は、ディーゼルエンジンモデルが8.1秒、ガソリンエンジンモデルは7.1秒とスポーツカー並みの加速力です。いずれのエンジンも変速時間は、デュアルクラッチトランスミッションとも遜色ないといわれているZF製8速オートマチックトランスミッションを組み合わせています。
ディスカバリー、ディスカバリースポーツ、そして新型ディスカバリー(公式サイトでの名称はALL-NEW DISCOVERY)と、「ディスカバリー」の名のつくモデルが3モデルとなります。日本では大きいボディサイズですが、アウディQ7やボルボXC90が人気を博している北米では人気を得そうです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コンパクトSUV 「レンジローバーイヴォーク」2017年モデルが発売

コンパクトSUV 「レンジローバーイヴォーク」2017年モデルが発売

第二次世界大戦直後から、四輪駆動専門のメーカーとして先日惜しまれつつも生産を終了したディフェンダーなど多くの本格四輪駆動車を作ってきました。中でも高級四駆の代名詞、レンジローバーブランドも現在では、レンジローバーのほか、スポーツ、イヴォークと3車種を擁し、様々なニーズに応えています。
goo自動車&バイク | 3,689 views
ランドローバー、新型ディスカバリースポーツを発表 忘れ物防止機能も?

ランドローバー、新型ディスカバリースポーツを発表 忘れ物防止機能も?

イギリスの名門クロスカントリーメーカー、ランドローバーから発売されたちょっと小さなSUVとして話題となったディスカバリースポーツ。そんなディスカバリースポーツに100台限定の特別仕様車が登場したようです。
goo自動車&バイク | 664 views
悪路も快適なローバー最新車の紹介!

悪路も快適なローバー最新車の紹介!

ランドローバーは、高性能SUV市場の第一線を常に走り続けてきたメーカー。ランドローバーの作るSUVは高級感だけでなく高い悪路走破性を持ち合わせており、他メーカーのSUVとは一線を画す濃い魅力を備えています。そんなランドローバーが販売する最新SUVの中から、おすすめの車種をピップアップしていきます。
goo自動車&バイク | 947 views
大型車が欲しい人必見。ランドローバーの最新車種

大型車が欲しい人必見。ランドローバーの最新車種

外車のSUVといえば、タフでダイナミックなビジュアルが魅力のランドローバー。アウトドアはもちろん、タウンユースでもひときわ目をひくビジュアルは注目の的です。今回は、そんなランドローバーの最新車種をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,066 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク