2016年2月25日 更新

はじめてのタイヤ交換はどれを選ぶ?自動車タイヤを比較

近年は燃費性能が重視され、新車時のタイヤはエコタイヤが主流になりましたが、乗り心地や静粛性は犠牲になりがちです。純正タイヤに今ひとつ不満があるときは、タイヤ交換のときにプレミアムなタイヤを選んでみてはいかがでしょうか?今回は代表的な8モデルを紹介します。

9,314 views

乗り心地とハンドリングを両立させたミシュラン・プライマシー3

ミシュランはフランス発祥のタイヤメーカーで、自動車用タイヤはもちろん、自転車や航空機のタイヤも製造しています。またタイヤを重ねたマスコットのビバンダムや、レストラン格付けのミシュランガイドでも有名です。

プライマシー3は同社のプレミアムコンフォートタイヤとしては最新モデルで、静粛性とハンドリングの良さを両立させて注目を集めています。

オールラウンダーのコンチネンタル・プレミアムコンタクト

コンチネンタルはドイツのメーカーで、タイヤのみならず衝突安全防止装置などの開発も行っている複合企業です。コンチネンタルのタイヤは、排水性(雨の日に路面とタイヤの間に入る水を外に出す能力)が高く評価されていて、プレミアムコンタクトは小型車から高価格車まで、ヨーロッパの多くの車で純正採用されています。

排水性の高さで静粛性はやや犠牲になっていますが、高速道路での移動の機会が多い方におすすめです。

静粛性と耐久性を両立したダンロップ・ビューロ

ダンロップはイギリス発祥のタイヤ・ゴム製品メーカーで、水枕でも知らています。日本では現在、住友ゴムが企画開発を行った、日本向けの商品が販売されています。ビューロは特殊吸音スポンジを採用して、非常に静粛性が高いことで知られています。またコンフォートタイヤで弱点になりがちな、耐摩耗性や低燃費性能にも配慮されています。

静粛性に特化したブリヂストン・レグノ

ブリヂストンは日本のタイヤメーカーで、現在はミシュランを抑えて、世界最大のシェアを持っています。レグノは日本市場向けに高級車に向けて販売されており、今回紹介する中でも最も静粛性が高いことが知られています。一方で、ノイズ対策で排水性が犠牲になっていることを指摘する声もあります。大人しく走る方に向いたタイヤです。

静粛性と乗り心地を両立させたヨコハマタイヤ・アドバンdB(デシベル)

ヨコハマタイヤは日本の横浜ゴムが展開するタイヤブランドです。アドバンは元々レース指向の商品名ですが、近年はハイエンドモデル全般に拡大され、アドバンdBは静粛性を重視したコンフォートタイヤとして位置づけられています。ライバルと比較するとアドバンdBは表面が柔らかく、耐摩耗性よりも乗り心地を重視した構造になっています。

各性能で絶妙なバランスを保つトーヨータイヤ・プロクセスC1S

トーヨータイヤは日本の東洋ゴムが展開するタイヤブランドです。プロクセスシリーズは、北米向けに開発された高性能タイヤとして位置づけられており、C1Sは、そのコンフォートモデルです。プロクセスC1Sはビューロよりは乗り心地を重視し、一方でアドバンdBよりは寿命が長く、絶妙なバランスから人気が高いモデルです。

エコタイヤとコンフォートタイヤの融合 ピレリ・チントゥラートP7

ピレリはイタリアのタイヤメーカーで、スーパースポーツ純正装着のタイヤメーカーとしての印象も強いです。チントゥラートP7は、従来のコンフォートタイヤのP7と、エコタイヤとして展開されるチントゥラートシリーズのコンセプトを融合させた商品です。コンフォート志向でも燃費を犠牲にしたくない方におすすめです。

最新技術を多数投入しているグッドイヤー・イーグルLSプレミアム

グッドイヤーはアメリカのゴム・タイヤメーカーで、ロゴの入った飛行船でのPRでも知られています。イーグルLSプレミアムは、グッドイヤーが展開するコンフォートタイヤで、比較的大きなサイズを中心に展開されています。内部構造にこだわることで静粛性に配慮しつつ、高い排水性も確保しています。見落としがちなメーカーですが、サイズが合えば検討してみたいモデルです。
以上8モデルのタイヤを紹介してきましたが、タイヤは試着して買うことが難しいので、最後は直感で選ぶしかないのが悩みどころです。もし迷われたときは、プライマシー3やプレミアムコンタクト、プロクセスC1Sなどのバランス型を選ばれると良いかもしれません。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

低燃費タイヤで本当に燃費性能が変わる?効果を調べてみた!

低燃費タイヤで本当に燃費性能が変わる?効果を調べてみた!

低燃費タイヤで燃費がよくなると言われていますが、本当によくなるのでしょうか。低燃費タイヤにはどのような効果があるのか、そのメリット、デメリットとあわせて調べてみました。
goo自動車&バイク | 21,368 views
タイヤホイールの「ガリ傷」を修理するには?傷・腐食の修理方法と費用

タイヤホイールの「ガリ傷」を修理するには?傷・腐食の修理方法と費用

うっかりつけてしまったタイヤホイール傷、修理費用はどのくらいかかるのでしょうか?また、クラック傷や曲がりをそのままにしていると腐食の恐れだけでなく、事故にもつながります。今回は自分で修理する方法や、交換との見極め方を伝授します。
goo自動車&バイク | 17,286 views
タイヤ交換時期の目安は?劣化する年数・タイミングを教えます

タイヤ交換時期の目安は?劣化する年数・タイミングを教えます

タイヤの交換時期やタイミングを見極めるのは至難の業です。今回は交換する時期や目安、チェックするポイントをお伝えします。タイヤの残り溝の深さだけでなく、ヒビや使用年数も確認しましょう。
goo自動車&バイク | 34,946 views
慌てないで!よく起こる車のトラブル対処法

慌てないで!よく起こる車のトラブル対処法

車は消耗品だからこそ、定期的にメンテナンスしてあげないと故障の原因になってしまいます。今回は、車のトラブルの中でも発生しやすいものをいくつかピックアップし、対処法についてご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,463 views
冬でも安心 スタッドレスタイヤの履き替え方法

冬でも安心 スタッドレスタイヤの履き替え方法

あまり雪が降らない地方ではいきなり雪が降って運転するのも大変、なんて話はよく耳にします。暖冬となれば大雪になる可能性も高まるので、備えは例年以上にしっかりとしなければなりません。そこで、ここでは自分でスタッドレスタイヤを交換する方法をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,369 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク