2018年6月5日 更新

家族にもおすすめ!ボディタイプ別フォルクスワーゲン(VW)中古車

ファミリータイプの自家用車を探している方にはフォルクスワーゲンの車はいかがでしょうか。フォルクスワーゲンはドイツの有名メーカーで、日本車に勝るとも劣らない品質です。十分な車内容積に心地よい走り具合はファミリーカーにぴったりの使いやすさです。本稿ではそんなフォルクスワーゲンの魅力を車種別に紹介していきます。中古車選びの助けになれば幸いです。

2,009 views

フォルクスワーゲンの特徴・買うメリット

もしもあなたが子どもの安全を第一に考えるなら、フォルクスワーゲンの車を強くおすすめささて頂きます。

フォルクスワーゲンの車には自動車事故を防ぐための工夫が何重にも施されています。どのようにして自動車事故を防ぐのでしょうかについて簡単に説明させて頂きます。

まず、運転手の疲労を防ぐための工夫が挙げられます。

疲労がたまると判断が遅れたり、操作を誤って事故の原因となることが多々あります。一般的にフォルクスワーゲンの車は疲れにくいと言われており、その秘密は車内装備にあると言われます。
例えばフォルクスワーゲンの車のシートは国産車と比べると少し固めに作られています。シートが固いと乗り心地が悪そうに思えますが、まったくそんなことはありません。固めのシートは体を支えて姿勢保持を助けてくれます。

ふかふかに柔らかいシートは体を支えてくれないため、長時間運転していると結局自分で姿勢を保持しているのと変わらず疲れてきます。

また、ボタンなどの車内配置も人間工学に基づいて設計されており、疲労軽減に役立ってくれます。

さらに、疲労を防ぐ工夫として車の走行性能が挙げられます。フォルクスワーゲンのはじまりが第2次世界大戦前の国営政策にあったことはよく知られており、アウトバーン(高速道路)の建設も時を同じくして進められた政策でした。

いわば、フォルクスワーゲンは高速走行性については長いノウハウを持っているのです。高い剛性を誇るボディや的確な加減速を行えるトランスミッションは安定した高速走行を実現させています。そのため走りに曖昧なところが無く、レスポンスが非常に良いのが特徴です。

この特徴も運転時の疲労を軽くしてくれるでしょう。

また、事故が起きてしまった時の対策も万全です。まず、ドイツ車というイメージから連想される頑丈さがフォルクスワーゲンの車にはあります。

頑丈なボディやエアバッグ、むち打ち防止ヘッドレストといった装備は万が一の事故でも搭乗者の体を守ってくれます。

公式サイトでは衝突してもドアを開くことができたという体験談も寄せられており、脱出の必要があるときでもフォルクスワーゲンの車なら生き延びる可能性は高くなるでしょう。

その他、車間距離を検知して知らせてくれるなどの事故予防のシステムや衝突時にブレーキが作動する2次被害防止のシステムも充実しています。

このように高い安全性があれば、あなたはもちろん、あなたの大切な家族ももしもの時に被害を免れる可能性は高くなります。フォルクスワーゲンの車で安全を買ってみてはいかがでしょうか。

【ハッチバック】ゴルフ

 (69245)

ゴルフはフォルクスワーゲンを代表するハッチバックタイプの車です。

ハッチバックとは跳ね上げ式の後部ドアを持ち、後部座席とトランクスペースの区切りが無いつくりのことです。

ゴルフはもともと1974年に初めて販売されたモデルで、時流を取り入れながらモデルチェンジを果たしてきました。

現行のモデルは2013年に発表された「ゴルフ7」です。マイナーチェンジとして2016年5月には安全機能が強化され、2017年5月には「ゴルフ7.5」とも呼ばれる改良が行われました。

時代が変わり、モデルが変わっても、ゴルフの基本コンセプトは変わりません。

それはスタンダードなピープルズカー(大衆車)であるというものです。ゴルフは4ドアの4人~5人家族向けのハッチバックであるため、家族構成や用途に合わせて様々な使い方ができます。
 (69248)

車内空間も余裕があるため、子どもが成長してもゆったりした車内空間を保てます。また、大荷物を積むことになっても後部座席を倒せるため、十分対応できるでしょう。

生活感溢れる使い方をしても、スタイリッシュな格好良さを保てるのもゴルフの特徴です。シャープなデザインは日々の生活の中でも、生活臭の無いおしゃれな家族空間を演出してくれます。

家族のいない時にはドライブカーとしても遜色なく使えるかっこよさです。

ゴルフの中古車価格は15万円~120万円前後、平均で32万円程の価格となっていて、比較的求めやすい価格なのも特徴です。

経済事情と性能を見比べて、ちょうど良いモデルを選べるのが魅力です。

ただし、モデルによっては搭載されていない安全機能などがあるため、選ぶ際には注意が必要です。

【コンパクトカー】 ポロ

 (69225)

ポロはどっしりしたボディが特徴的なコンパクトカーです。同メーカーのゴルフと比べても見劣りしないサイズで、実際にはポロの方が全長は195 mm、全幅は49mm小さいだけでほとんど変わりません(現行モデルであるゴルフ7とポロ6代目で比較)。

現行モデルとなるポロ6代目は2018年3月に発表され、それまでは2009年10月に発表された5代目が流通していました。

その間の2014年のマイナーチェンジでは、燃費や安全機能が強化されています。
2018年3月にフルモデルチェンジを果たしたポロ6代目は5代目に比べて、サイズがそれまでより大きくなった、4ドアになった、安全機能が強化されたなどが主な違いになります。

ファミリーカーとして考えるならサイズから決めると良いでしょう。
前述の通り、ポロはゴルフよりもいくぶんか小さくなり、どちらも同じ4人~5人乗りの車ですが、わずかな違いであっても体感的にポロの方が小さく思えるはずです。
 (69249)

さらに、ポロはゴルフに比べると若干エンジンパワーが弱く、ゴルフに比べて馬力が弱いと感じる時があるかもしれません。

ただ、ポロもゴルフに比べてデメリットばかりなわけではなく、燃費はポロの方が勝っています。
その他、車体が小さいということは取り回しやすいことでもあるため、狭い市街地ではポロの方が運転しやすいでしょう。

総じて言えば、ゴルフはオールラウンドな性能を持つのに対し、ポロはより小型で取り回しが利くモデルです。全長が約19cm違うだけでも「扱いやすい」という口コミがあり、女性ドライバーなどはポロの方が運転しやすいかもしれません。

あるいは、ゴルフの重厚な車体が好きになれない方はポロを検討してみてはいかがでしょうか。

ポロの中古車価格は5万円~250万円前後、平均価格は約90万円となっており、ゴルフ同様幅広い価格帯から選択可能です。

【SUV】ティグアン

 (69226)

ティグアンはゴルフをもとに、よりゆったりした使い方ができるように設計されたSUVです。
同じくフォルクスワーゲンのトゥアレグよりは小ぶりなサイズとなるので、ゴルフとトゥアレグの中間のサイズのSUVが欲しい方におすすめの車種です。

ティグアンは2008年に発売された後、フルモデルチェンジされた2代目が2017年1月に発売されました。

フルモデルチェンジ時の主な改良点は、トルクや燃費の向上でした。2019年にはプラグインハイブリッドカーである「ティグアン GTE」が発売されるのではないかと言われています。
 (69252)

ティグアンの最大の特徴はその広い車内空間です。
最大人数は5人乗りで、大柄な子どものいる家庭でも広々使えます。

ティグアンが真価を発揮するのは大きな荷物を載せる時です。例えば、フィッシングやキャンプなど家族ぐるみでアウトドアレジャーを楽しみたいときには存分に役に立ってくれるでしょう。

ゴルフでは載せられない荷物もティグアンなら引き受けられます。後部座席のシートを倒して大型犬と一緒にドライブしている人もいるため、ペットと一緒に出かけたい家族にもおすすめです。

ゴルフをベースとして作られた車なので、走行時もゴルフの延長線上の感覚で操作できます。

車体は大型になり車高もあがりますが、走り心地はゴルフの操作性を維持しています。フォルクスワーゲンのお家芸である高速走行時の安定性はティグアンも同様です。

ティグアンの中古車価格は80万円~420万円前後で、平均価格は約200万円となっています。

やはりゴルフに比べると多少値は張りますが、積載量も多く、走行時の高い安定性を誇るSUVが約200万円で買えるのはとても魅力的です。海に山に家族と一緒にアウトドアを楽しみたい方は、ぜひ検討してみて下さい。

【ミニバン】シャラン

 (69228)

賑やかなご家族にはシャランはいかがでしょうか。

シャランは7人乗りのミニバンなので、家族や仲間うちで楽しむ使い方に向いています。
同じくフォルクスワーゲンから発売されているミニバンのゴルフトゥーランよりもサイズが大きいため、よりくつろいたドライブができるでしょう。

シャランが日本で発売されたのは1997年からで、1999年には一旦販売が中止されました。
その後、フルモデルチェンジを経て2011年に2代目として日本での販売が再開されます。

以降は2015年9月、2016年7月にマイナーチェンジを行い、2017年6月には限定車である「TSIコンフォートラインテックエディション」が発売されました。
 (69254)

シャランの最大の魅力は広い車内空間ですが、電動スライドドアを装備しているため楽に乗り降りできることも魅力的です。お年寄りや小さなお子様にとっては、開閉式の車のドアは意外と乗り降りがしにくいものです。

また、シャランはその燃費の良さでも知られています。
JC08モードで15km/Lという数値を実現させており、同じサイズの他社のミニバンにくらべて良好な燃費です。

これはエンジンの小型化が実現できたためで、排気量の小さなエンジンは税金の安さにも結びついています。

シャランの中古車価格は65万円~380万円が大よその相場で、平均価格は210万円程となっています。

難点はそのサイズの大きさですが、取り回しや保管場所といった条件をクリアできるなら買って損のない車です。

【ミニバン(小型)】ゴルフトゥーラン

 (69356)

ゴルフトゥーランは2003年に発売された小型ミニバンです。

以降、2007年3月と2011年11月の計2回のマイナーチェンジが行われ、その後2016年1月にフルモデルチェンジが行われ2代目となりました。

2017年1月には安全機能を強化するマイナーモデルチェンジが行われています。

シャランと比較すると全長が320mm、全幅が80mm、 全高が60mm小さいサイズとなります。
 (69257)

トゥーランもシャランと同じく7人乗りのミニバンですが、7人乗りとしての用途だと手狭に感じるかもしれません。

しかし、普段は5人乗りで十分だけどもしもの場合は多人数を乗せたい、アウトドア等で荷物を多く搭載したいと言う方にはぴったりのサイズ感と言えるでしょう。

また、シャランとの違いを挙げるとトゥーランは電動スライドドアでは無いということも挙げられます。

シャランと比較した際のメリットとして挙げられる点は、燃費の良さという点です。

トゥーランに搭載されているエンジンはシャランと同じサイズの小型エンジンを使っており、シャランと比較すると車両重量は200kgほど軽くなっています。燃費はJC08モードで18.5km/Lと 良好な数字です。

トゥーランの中古車価格の大よその相場は10万円~350万円程で、平均価格は150万円前後です。全体的に値段もシャランよりも安めなので、目的に応じてトゥーランとシャランのどちらを買うか決めるとよいでしょう。

まとめ

以上、ファミリーカーとしてもおすすめなフォルクスワーゲンの車種をボディタイプ毎に紹介させて頂きました。

フォルクスワーゲンの車は頑丈で、走り心地も良いため、家族の足として毎日活躍してくれるでしょう。これからはフォルクスワーゲンで家族との楽しい思い出を作ってみませんか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あなたはどれが好き?フォルクスワーゲンの最新車種

あなたはどれが好き?フォルクスワーゲンの最新車種

世界的な自動車メーカー、フォルクスワーゲンは日本でもおなじみですね。モデル・ゴルフ、ビートルを筆頭に、日本でも有名なモデルがたくさんあります。そこで、今回は同メーカーのおすすめ最新車種を3つご紹介します。
goo自動車&バイク | 541 views
持ってるだけで自慢!プレミアカーのおすすめ4選

持ってるだけで自慢!プレミアカーのおすすめ4選

一度でいいから乗ってみたい、そんな高級な車のことをプレミアムカーと呼びます。プレミアムカーのはっきりとした定義はないものの、排気量の同じ車種の中でも高額で、一般的な所得では購入の難しいモデルを指すことが多いようです。今回は持ってるだけで自慢できるような、おすすめのプレミアムカーをご紹介します。
goo自動車&バイク | 5,211 views
スズキ250ccのおすすめバイク4選 中古車情報

スズキ250ccのおすすめバイク4選 中古車情報

スズキのバイクは、バンク角の確保やコーナー中の安定性に定評があり、レース用マシンの開発に力を入れてきたことから「コーナリングのスズキ」と言われています。街乗りバイクにも応用され取り回しのしやすい125cc超から250ccのバイクをご紹介します。
goo自動車&バイク | 227 views
トヨタ人気ミニバン ヴェルファイア。中古で買うなら初代?現行?

トヨタ人気ミニバン ヴェルファイア。中古で買うなら初代?現行?

トヨタのヴェルファイアはアルファードと並んで同社が提供するミニバンの最上級ランクに位置づけられている名車です。兄弟者として位置づけられているアルファードとはまた違ったデザインに魅力を覚えているユーザーも多いのではないでしょうか。ヴェルファイアはかっこいいだけではなく性能もしっかりしているため、極上のカーライフを演出してくれるでしょう。今回はヴェルファイアの中古車価格の特徴についてご紹介します。
goo自動車&バイク | 620 views
ストリートバイクのおすすめ中古車3選

ストリートバイクのおすすめ中古車3選

軽くて取り回しやすいストリートバイクはいかがでしょうか。ストリートバイクとは街中で乗ることを目的として作られたバイクで、小型で軽量のものも少なくないため、毎日の通勤や通学はもちろんオシャレ目的で買っても楽しめるバイクです。今回紹介するのは、そんなストリートバイクでも人気のバイクです。コンパクトなサイズから大型までそれぞれ街中で気軽に乗れるものばかりです。シティライドを楽しみたい方もそうでない方もぜひご一読ください。
goo自動車&バイク | 1,226 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク