2016年5月26日 更新

テスラCEO イーロン・マスクってどんな人?

世界で今、最も注目されている電気自動車メーカーといっても過言でないテスラモーターズ。その経営者として絶大な実績と手腕を誇るイーロン・マスクの人物像と、テスラが目指す自動車社会のビジョンを見ていきましょう。

1,140 views

イーロン・マスクの生い立ち

イーロン・マスクは1971年に南アフリカ共和国で生まれます。幼い頃から非凡の才能を見せ、わずか10歳で買ってもらったパソコンを使ってプログラミングを独学でマスターします。本人はその頃の自分を「ただのギーク(パソコンオタク)」だったと語っていますが、12歳の頃にはプログラミングで対戦ゲームソフトを製作して数百ドルを売り上げます。そして後に米国に渡ったイーロン・マスクはエンジニアだった父親の影響もあり、カリフォルニア州の名門スタンフォード大学大学院に入り、エネルギー物理学の研究をスタートさせます。そこで彼にとっての大きな転機が訪れます。1995年、インターネットブームが到来したのです。このビジネスチャンスを逃さないため、彼はなんと名門スタンフォードをわずか2日でドロップアウトして、地域情報オンラインサービスを扱った自身初の会社”zip2 corporation”を立ち上げるのです。世界が注目する実業家はその生い立ちも非凡でした。
gettyimages (40660)

起業と成功

イーロン・マスクの経歴を見ていくと決して彼が自動車畑の人間ではないことがわかります。1995年にzip2 corporationを立ち上げた後のイーロン・マスクは実業家としての階段を何段も跳び越えながら登っていきます。事業が軌道に乗ると、zip2はコンパック社に3億ドル以上で買収され、イーロン・マスクは28歳にしてzip2の株で2200万ドルの大金を手に入れるのです。その資金を活用して次にオンライン決済サービスのX.comを立ち上げ、後にこの会社は有名なPayPalを手中に収めます。そして今度は2002年にeBayがそのPayPALを15億ドルで買収し、イーロン・マスクは1億6500万ドル相当のeBay株を取得するのです。こうして起業家として所有資産を急速に増やしたイーロン・マスクですが、莫大なお金を何に使うのか、常に明確な目的を持っています。それは「持続可能なエネルギーの実現」。このコンセプトをもとに、電気自動車のテスラモーターズが有名ですがそれ以外にも、豊かな資源が手付かずの宇宙開発のため有人ロケットを開発するスペースX、テスラのバッテリーチャージにも使用される電力を作り出す太陽光エネルギー事業のソーラーシティといった会社も設立・運営しています。どうやってそんなにたくさんの仕事をこなしているのか、起業家としてのイーロン・マスクの秘密を次で見てみましょう。
gettyimages (38624)

過去にはTIME誌の「世界で最も影響力のある100人」にも

2013年、TIME誌によって「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれ、その中から「人類を未来へ導くエスコート役(Our escourt to the future)」として、TIME誌の表紙を飾りました。2つの上場企業を持つ激務をこなすイーロン・マスクにはどんな秘密があるのでしょうか? ある大学院の卒業式でイーロン・マスクが語った成功の秘訣は「超多忙であれ」。実際、イーロン・マスクは最初に起業した頃から現在に至るまで週に100時間働いているそうです。彼にとってものすごく働くとは、平日毎日朝9時から深夜1時まで、土日は10時間働く、ということのようです。この執念とも言える熱意を見ると、なぜイーロン・マスクがこれほど成功を収めているのか少しわかる気がしますね。
Model S | テスラモーターズジャパン (38554)

過去にはマクラーレンF1のオーナーだった

電気自動車メーカーのCEOであるイーロン・マスクはもともと自動車にも強い関心を持っていたようです。1999年には当時28歳ながら、マクラーレンF1を新車価格約1億円で購入、直後にクラッシュして廃車に近い状態になりますが、修理して2007年まで愛用していました。

テスラに懸ける思い

ついに2003年にイーロン・マスクはテスラモーターズを設立します。”持続可能なエネルギーへ、世界の移行を加速する”というコンセプトのもとにテスラモーターズでは電気自動車のみを開発しています。これまで一般的だった電気自動車はスピードが出ず、長距離走行は無理という見方を根底から覆すテスラ初のモデル「ロードスター」は世界に衝撃を与えました。一回の充電で394kmもの航続距離と0-100km/hを3.9秒という圧倒的な加速性能を持っていたのです。空気を一切汚さずに、フェラーリよりも速く、ポルシェより安くというテスラのこだわりが話題を呼び、高級車にもかかわらず2400台を売り上げました。その後、幾つかのラインナップを開発し、現在ではテスラモーターズの全モデル合計の年間販売台数は5万台を突破しています。日本でも販売を予定している「モデル3」は販売価格も400万円前後が予想され、大きな話題になりそうです。
Model 3 | テスラモーターズジャパン (38569)

まとめ

イーロン・マスクの生い立ちと、起業家としての成功の軌跡をご紹介しました。幼い時から非凡な才能を発揮しているイーロン・マスクですが、その行動には地球の環境を考えた強い信念があることがわかりました。そんなこだわりを見ると、これからもテスラとその進歩を支えるCEOのイーロン・マスクに注目したくなりますね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テスラ「モデルS」と飛行機がガチ競争!速いのはどっち?

テスラ「モデルS」と飛行機がガチ競争!速いのはどっち?

ここ最近、急激に知名度を上げてきたテスラ モデルS。電気自動車でありながら時速100キロまでわずか2.6秒と異次元の加速でテレビや雑誌でテスラ モデルSが多く取り上げられるようになりました。さて、そんなテスラ モデルSと異種格闘技戦として最高速度805キロのジェット機を競争させるどうなるでしょうか?
goo自動車&バイク | 581 views
スマホでリモート駐車が可能!テスラ モデルSの新機能・サモン

スマホでリモート駐車が可能!テスラ モデルSの新機能・サモン

スマホを使ったリモート駐車の機能を発表したテスラ。搭載されるモデルSは、2012年に発売されたモデルSです。リモート駐車の魅力と今後の展開とは?詳しく内容を確認してみましょう。
goo自動車&バイク | 355 views
テスラ「モデル3」に予約が殺到 人気の理由は?

テスラ「モデル3」に予約が殺到 人気の理由は?

価格も装いも高級車のイメージが強いテスラに廉価モデル「モデル3」が発表されました。予約が殺到している「モデル3」の魅力に迫ります。
goo自動車&バイク | 1,191 views
テスラ「モデルX」のファルコンウィングがかっこいい

テスラ「モデルX」のファルコンウィングがかっこいい

テスラ モデルXを皆様はご存知でしょうか? タイトルにもあるとおり、その特徴といえばファルコンウィング。テスラは本国アメリカで大人気です。そんな話題沸騰中であるテスラのファルコンウィングを持つ新型SUV、いったいどのような車なのでしょうか? 今回はテスラ モデルXの魅力に迫っていきたいと思います。
goo自動車&バイク | 1,576 views
テスラ モデルS試乗「テスラ乗ったらクルマ観変わった」【取材】

テスラ モデルS試乗「テスラ乗ったらクルマ観変わった」【取材】

「goo」を運営するNTTレゾナントでは、社内勉強会「レゾナント大学」を毎月開催しています。この勉強会の一環として、4月6日、テスラショールームの営業後の店舗でNTTグループ向けに試乗会を開いていただくことになりました。自動車&バイク担当としてはまたとないチャンス! ちゃっかり便乗して取材に行ってまいりました。
goo自動車&バイク編集部 | 13,893 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク