2016年8月2日 更新

輸入車限定!SUV人気車種を徹底比較

トヨタハリアー(レクサスRX)が、乗用車をベースにしたSUVの先駆けをデビューし、ヒットさせたことに続いて、各社続々とSUVをデビューさせています。その中でも売れ筋となりえる層のSUVで今回は比較してみます。

1,664 views

そもそもSUVとは?どのような車なのか

gettyimages (29300)
SUVとは、スポーツユーティリティヴィークルの省略で、スポーツ多目的車となります。RV=レクリエショーナルヴィークルは、クロカン4WD車を指していましたが、本来は休暇を楽しむ為の車という意味で、オートキャンプやアウトドアに使いやすい、ミニバン、ステーションワゴンなど全てを含めてRVと呼んでいましたが、現在はミニバンなどそれぞれが独立したジャンルを形成し、SUVは、車高が高く、駆動方式問わず、セダン等と比較して走破性があり、多人数または、積載性に優れた車という位置づけです。ただし、SUVの中でもトラックベースのフレームシャシーをもつ4WD車をSUVの狭義のカテゴリとしてクロスカントリー4WDと呼んだり、その定義付けに明確なものがある訳ではありません。もともと、アメリカではミニバンよりもスマートに多人数で移動ができ、セダンよりも使い勝手がよいということで人気を博してきました。

レイアウトの差でのカテゴライズ

gettyimages (25456)
各社正規輸入されているモデルだけでもかなりの種類のSUVが用意されています。その中でもジャンル分けをしていくと、FFベース(エンジン横置き)なのか、FRベース(エンジン縦置き)なのか、元となっている車両の駆動方式の差が出てきます。レンジローバー・ランドローバーやメルセデスベンツGクラスなど本格的な悪路走破性を謳うモデルにはFRレイアウトを主としたものが多いです。このFRベースとした括りの車両では、エンジンを縦に置くため、室内スペースが犠牲になりがちですが、それを補って積載性を増す為にボディは大柄となるものが多いです。ただ、重量バランスに優れていることもあり、大柄に関わらず意外な身のこなしをするモデルも多数あります。代表的なところですと、ポルシェ・カイエンやマカン、BMW X6~X3という辺りです。積載性ではFFベース車の方が優れていますが、後輪へトルクを強めに配分するなど素直なハンドリングが得らます。移動する間の運転を楽しみたいのであれば、この辺りが最適ではないでしょうか。

積載性の高さで選ぶならFFベース

 (21152)

先のFRベースのものに対して、FFベース(エンジン横置き)モデルは、室内の広さ、ユーティリティに長けます。FRベースでも大柄なBMW X5や、レンジローバーなどには3列シートを備えるものもあります。しかし、市街地でもストレスなく乗り回せる3列シートSUV車ですとFFをベースとしたものの方が選択肢は多いです。例えば、ランドローバー・ディスカバリースポーツは、4610mmという全長に2リッターの直4ターボエンジンを搭載し、本格的なオフロード性能を持ちながらも、街中での使い勝手も良いサイズとなっています。また、FFベースのものでも、これから日本導入予定となるボルボXC90など大柄なボディをもつものもあり、積載性の高さではFRベースのSUVを凌ぎます。

車に求めるものは?

 (21157)

ベースとなる駆動方式問わず、悪路を走破する上での走破性と、舗装路の性能は同じではありません。悪路では、段差でも追従しよく伸びる脚が相応しく、また3輪が泥濘にはまってしまうような場合でも駆動力がかかるタイヤへトルクを分配する優れた制御システムも必要です。対して、舗装路では大きく、重たくなりがちなボディをなるべくロール(傾けず)に曲がりたい為、サスペンションは堅したいという、相反することが必要になります。今日のSUV車では、なるべく舗装路を重視し、悪路では制御システムによって、補おうという考え方が主です。本当に悪路での走行性能が欲しいのであれば、ランドローバー・レンジローバーや車軸式のリアサスペンションを持つメルセデス・ベンツGクラスなどが最適となります。また、重量級のトレーラーなどを牽引するのであれば、やはり、フルフレームやビルトインフレーム構造の両車が適任になります。舗装路の走行性能は、どれも甲乙つけがたい性能ですが、ポルシェ・カイエンやBMW・X5 X6のMモデルでしたら圧倒的な動力性能をもっています。

環境性能の高さで選ぶと?

 (21160)

最近は燃料の値段も落ち着いてきましたが、ボディが大きく重たいSUV車は、燃費的には不利になってしまいます。最近デビューしたBMW X1には、1.5Lターボが搭載され、ランドローバー・レンジローバー・スポーツ/ディスカバリースポーツにも2L直4ターボに9速トランスミッションなど燃費改善に余念がありません。更に優れているのは、BMW X5です。X5には、先日2L直4にプラグインハイブリッドを組み合わせたモデル40eをデビューさせました。JC08モードでの燃費は公表されていませんが、2トンを超すSUVとしては相当に良いものでしょう。また、ボルボXC60、BMW X3にも同じく2L直4のディーゼルが、X5やメルセデス・ベンツGLEには3Lのディーゼルが用意されており、大容量の燃料タンクと併せて、長距離移動を容易にしてくれます。
ひとくくりにSUVと言っても、求めるものが異なりますので、いくつか軸を設けて比較をしてみました。出ていないモデルも多数ありますが、比較する際のヒントになればと思います。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

乗ってるだけでステータス。いま売れてる輸入車3選

乗ってるだけでステータス。いま売れてる輸入車3選

輸入車の魅力は、なんといってもブランドバリューとデザイン性、機能性が揃っていること。乗っているだけでステータスがワンランクアップした気分にさせてくれますよね。そこで、ここではそんな輸入車の中でも特におすすめのSUVを3車ご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,541 views
人気SUVを「150万円以下」で安く買う!おすすめ中古車種5選

人気SUVを「150万円以下」で安く買う!おすすめ中古車種5選

アウトドアの人気によってSUVの人気も高まっています。悪路やアクティブな場所、スポーツにも重宝するSUVは若年者からご年配の方まで幅広いユーザーからの支持を得ています。しかし走行性能、社内空間、見た目のカッコよさと3拍子そろっているSUVですが新車価格はそれなりです。価格でお悩みの方へおすすめなのが中古車です。今回は150万円以下で購入できるおすすめのSUV中古車をご紹介します。
goo自動車&バイク | 6,140 views
理想の「四角い車」は中古SUVで見つかる!おすすめ車種4選

理想の「四角い車」は中古SUVで見つかる!おすすめ車種4選

車の購入にあたって「フォルム」は無視できない要素ではありませんか。気に入ったフォルムを持つ車なら思い入れも深まり、長く付き合えるでしょう。フォルムの好みにもいろいろありますが、「四角い」フォルムを持つ車に魅力を覚える人もいることでしょう。流線形なフォルムが多くなった昨今の自動車業界でも四角い車の魅力はおとろえません。今回はフォルムが四角い車のうち、おすすめの4種を紹介します。
goo自動車&バイク | 6,270 views
三菱【人気SUV】おすすめ中古車種4選!

三菱【人気SUV】おすすめ中古車種4選!

三菱自動車の代表的なSUV車と言えば、「パジェロ」と連想する方も多いのではないでしょうか?トヨタのランドクルーザーに並ぶ日本を代表するSUV車といっても過言ではないパジェロですが、新車で購入すると少なくとも300万以上はしてしまいます。そんなに予算はかけられないけどどうしても欲しい!という方にオススメなのが中古車です。モデル、年式、走行距離などいろいろな条件から探すことが可能です。さらに三菱自動車にはパジェロ以外にも様々なSUV車がラインナップされています。本記事では三菱のSUV車それぞれの中古車価格や特徴についてをまとめて掲載しています。
goo自動車&バイク | 2,295 views
ファミリーカーに人気!おすすめの外車・輸入中古車3選【150万円以下】

ファミリーカーに人気!おすすめの外車・輸入中古車3選【150万円以下】

ファミリーカーの購入を考えている方は、中古の輸入車にされてみてはいかがでしょうか。ファミリーカーに求める条件は人それぞれだと思いますが、今回紹介する車はドライブの楽しさを提供してくれる車ばかりです。もちろん、実用的な性能も申し分なく、家族の足としてお使いいただけます。これからはおしゃれな外国車でハイセンスな生活を楽しんでみませんか?
goo自動車&バイク | 3,258 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク