2019年3月11日 更新

【冬シーズン振り返り】タイヤチェーンが義務化に!違反者には罰則規定も!

2018年12月初旬から行われるようになったタイヤチェーンの義務化。違反者には罰則までというかなり厳しいルールとなりました。 今回はその内容やルールなどを詳しく紹介していきたいと思います。 冬シーズン終盤ではありますが、もう一度振り返っておきましょう。

5,700 views

タイヤチェーンの義務化とは?

タイヤチェーンが義務化に!【違反者には罰則規定も!】

国土交通省と警察庁が大雪時のチェーン装着を義務化する方針を明らかにしました。

この2018年12月初旬から導入が開始された「タイヤチェーン義務化」ですが、導入は大雪によって立往生が起きやすい峠道の幹線国道であったり、高速道路などのエリア13か所での実施が決定となりました。

義務化の背景には、2018年2月に福井県内で発生した大雪による影響で車1,500台という非常に大きな規模での立ち往生が発生し、その影響で一酸化炭素中毒による死亡者が出てしまったという事案があります。

また、国土交通省によると、雪が原因の立ち往生を起こす車両は、年間で500台以上も発生しているそうです。
そして全体の約6割は大型車が立ち往生を起こしています。

たとえスタッドレスタイヤを装着していたとしても、縦断勾配5%を超える区間においては立ち往生が多く発生しているという実態があります。
つまり、スタッドレスタイヤを装着していても、チェーンを付けなければ、坂道などで立ち往生しやすいのです。

このような状況を鑑み、国土交通省で開催された「冬期道路交通確保対策検討委員会」において、大雪時の道路交通の確保のために、チェーン規制を実施すべきという提言が示されたことを受けて導入が実現しました。

この義務化では、トラックなどといった大型車のみが対象ではなく、乗用車にも適用され、将来的にはチェーンの義務区間は200か所に拡大する可能性があります。

タイヤチェーンの義務化に伴って、新たに青い丸型の看板でタイヤにチェーンが巻かれた見た目の新しい標識も導入されています。

義務化される場所は?

タイヤチェーンが義務化に!【違反者には罰則規定も!】

今回のタイヤチェーン義務によって、対象となる区間は全国13箇所です。そのエリアをご紹介します。


【 国道 】
国道112号(山形県西川町志津~鶴岡市上名川)27km

国道138号(山梨県山中湖村平野~静岡県小山町須走字御登口)9km

国道7号(新潟県村上市大須戸~村上市上大鳥)16km

国道8号(福井県あわら市熊坂~あわら市笹岡) 4km

国道54号(広島県三次市布野町上布野~島根県飯南町上赤名)12km

国道56号(愛媛県西予市宇和町~大洲市松尾)7km


【 高速道路 】
上信越道(長野県・信濃町IC~新潟県・新井PA)25km

中央道(山梨県の須玉IC~長坂IC)9km

中央道(長野県の飯田山本IC~園原IC)10km

北陸道(福井県・丸岡IC~石川県・加賀IC)18km

北陸道(滋賀県・木之本IC~福井県・今庄IC)45km

米子道(岡山県・湯原IC~鳥取県・江府IC)34km

浜田道(広島県・大朝IC~島根県・旭IC)27km

今後はどうなっていくの?

タイヤチェーンが義務化に!【違反者には罰則規定も!】

今後の大雪時のチェーン義務化ですが、時期こそ未定ながらも、徐々に範囲を拡大していく予定です。

2018年12月の時点では13箇所が指定範囲ですが、今後は、過去に立ち往生が起きた場所や急坂などの区間を調査し、最終的に幹線道路を中心に約200区間に広げていく予定になっています。

違反した場合の罰則

タイヤチェーンが義務化に!【違反者には罰則規定も!】

今後はチェーン義務化の違反者への罰則が規定されます。

違反した場合には、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。

もしも、雪道や凍結路をノーマルタイヤで走った場合には違反点数こそありませんが、反則金が6,000円(普通車の場合)で、5万円以下の罰金となっているため、天候次第や走行環境次第では注意が必要です。

クイックイージーというタイヤチェーンを活用しよう

タイヤチェーンが義務化に!【違反者には罰則規定も!】

雪道走行においては、チェーンは必需品。ただ、チェーンは脱着に手間がかかることや、金属チェーンなどは乗り心地が悪くなったり、ノイズなどのデメリットがあります。

もちろん、新雪や凍結路、豪雪には強いので、雪が降るエリアで車を運転する可能性がある方はもしもに備えて普段からチェーンは持っていたほうが安心です。

ただ、最近はクイックイージーのというタイヤチェーンも人気になっています。
通常の金属チェーンと比較して以下の点に優れています。


・ジャッキアップ不要
・車を動かす必要なし
・1分で取付完了


クイックイージーの特徴は、スピーディーかつ簡単に装着出来るのに、しっかりとタイヤを固定する技術を駆使しているので、初心者でも安心して装着が可能という点です。

従来のジャッキアップや金属チェーンの着脱を行うという手間も不要なので、便利なチェーンと言えます。

まとめ

タイヤチェーンが義務化に!【違反者には罰則規定も!】

タイヤチェーンの義務化は一見すると面倒で苦労の絶えないようなことに思えます。
ただ、今回の義務化は雪道において立ち往生を発生させないような取り組みでもあります。

過去に立ち往生となってしまった事故も、大雪を甘くみてしまった事が原因となっています。
対処法は様々ですが、チェーンを事前に着用するなどの安全対策の徹底が必要になります。

法整備も進み、車を運転する人にとってのルールとして周知されてきていますので、しっかりと理解した上で対応をしていくようにしてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク