2017年6月19日 更新

かっこいい大人に最適!人気のステーションワゴン8選

セダンよりも若々しくミニバンよりも走行性能に優れるステーションワゴンは、かっこいい大人に最適の車です。定番人気のステーションワゴンから、最近おすすめの7人乗りステーションワゴンまで、その違いを比較しながらご紹介します。

45,618 views

今人気のステーションワゴン

ファミリー層に人気のミニバンですが、そのミニバンと同じ2BOXとスタイルで、しかしミニバンより車高が高くなく、その分走行性能に優れているのがステーションワゴン(ツーリングワゴン)です。セダンよりオジサンぽくないということもあり若者から、そしてある程度の車に乗り慣れてより楽しい車を探している玄人層まで、幅広い年代に人気の車と言えます。そんなステーションワゴンの中から、かっこよく、そして走りも自慢の5車種と、ファミリー層にも最適の7人乗りの3車種をご紹介します。

かっこいいステーションワゴン5選

男性必見!モテも意識した人気のステーションワゴン5車種をご紹介します。もちろん、男性だけでなく、女性でも運転しやすいサイズ感の車なのでアウトドアが好きな女性や、クールな女性にもおすすめです。

レヴォーグ(スバル)

2013年、11月の東京モーターショーにて発表されたレヴォークは、インプレッサと同じ水平対向4気筒エンジンを搭載しており、2014年6月30日で生産終了した5代目レガシィツーリングワゴンを引き継ぐ後継車種の位置づけの車種です。レガシィツーリングワゴンより全長を100mm短縮、車高も70mm低く設計されており、日本の道路事情を加味した、多くの人が運転しやすい車と言えます。今年の夏に新型レヴォーグが発売されることが決定しているため、中古車ではひとつ前の型が手を出しやすい価格に落ち着いていきそうです。夏過ぎからの中古車相場には注目しておきましょう。
 (64466)

レガシィツーリングワゴン(スバル)

1989年にスバル史上初の高級車として誕生したレガシィ。ツーリングワゴンが後継車種のレヴォーグに継承されたことにより、生産が終了した現在も、根強い人気を誇っています。こちらも全モデルフルタイム4WDを採用。根強い人気だけあり、かなり状態のよいものを探そうとするとモデル末期のものでも300万円はしますが、150万円くらいからそこそこ状態のよい、アイサイト搭載車を探すことができます。
 (64481)

Cクラスワゴン(メルセデス・ベンツ)

1993年に登場したメルセデス・ベンツのベーシックスタンダードモデルとして登場したCクラス。1996年12月モデルよりステーションワゴンがラインに加わりました。S202から始まり、今は4代目のモデルとなります。2015年には世界・カー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞し、インテリアの質もよりラグジュアリーなものになりました。憧れのベンツですが、排気量にこだわりがなければ、そこそこ状態のよいものだと300万円弱から探すことが可能です。
 (64469)

A4アバント(アウディ)

1996年にリリースされたアウディの最新技術を盛り込んだセカンドグレードモデル。現行モデルは2015年にリリースされた5代目モデルとなります。2016-2017の日本カー・オブ・ザ・イヤーのインポートオブ・ザ・イヤーを受賞しました。アウディといえばボディの硬さと、特徴的なLEDライトが特徴。頑丈で、かつセンスのいい車を探している人にはおすすめです。
 (64479)

3シリーズツーリング(BMW)

1975年に初代リリースという長い歴史を持つBMW3シリーズ。ツーリングワゴンは1990年から設定されています。BMWの3シリーズといえばモテる車の代名詞。「駆け抜ける歓び」というBMWのキャッチフレーズ通り、女性でも運転しやすいサイズ、そして走っていると感じさせるハンドリングや足回りなど、運転が好きな人は病みつきになる車です。
 (64477)

7人乗りのステーションワゴンで選ぶならこれだ!

あるようでない7人乗りのステーションワゴン。ミニバンだと7人乗りはあるけど、ミニバンの走りは車高が高い分コーナリングやロールが気になる……そんな運転好きな人がいるファミリーには必見の3車種のご紹介です。

エクシーガクロスオーバー7(スバル)

2015年に発売されたエクシーガクロスオーバー7。「都市型SUV×多人数車」というコンセプトで、全天候型AWDと開放感にあふれる7人乗りのパッケージングを併せ持っています。
 (64475)

307SW(プジョー)

プジョーの量販主力モデル307の中で3列シートも備えるミニバン的なワゴンが「SW」です。新車価格でも300万円ちょっとと、外車の中ではかなりお手頃なモデルです。
 (64473)

ゴルフトゥーラン(フォルクスワーゲン)

2004年にゴルフをベースにした3列シートプレミアムコンパクトミニバンとして登場したのがゴルフトゥーラン。こちらも一番お手頃なモデルで新車価格で300万円弱からと、外車のエントリーにもってこいな車です。
 (64471)

まとめ

ステーションワゴンのもう一つの魅力は、同じ車種のセダンタイプなどに比べると中古車の値持ちがいいこと。新車での購入や、状態のいい中古車を買ってきて、2年くらいで次の中古車への買い替えを検討している人には、値崩れが少ない条件のとても良い車と言えます。また、そんなステーションワゴンの中でも4WDの車種や7人乗りの車種は更に値下がり幅も少ないので、将来的に買い替えを考えている人にはおすすめです。
(佐藤沙雪)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本車から高級輸入車、中古車まで!人気ステーションワゴンおすすめ5選

日本車から高級輸入車、中古車まで!人気ステーションワゴンおすすめ5選

かっこいい人気ステーションワゴンをご紹介!日本車から高級輸入車、お買い得な中古車等、おすすめのステーションワゴンを比較調査しました。
goo自動車&バイク | 3,061 views
低燃費のステーションワゴンはこれだ! ステーションワゴン燃費ランキング

低燃費のステーションワゴンはこれだ! ステーションワゴン燃費ランキング

ステーションワゴン/ツーリングワゴンの特長は、ミニバンのように荷物も人も沢山載せられるのに、ミニバンより低重心で走行安定性に優れていること。今回はそんなミニバンとセダンのいいとこ取りな2BOXカーの中でも燃費の良い車種について「e燃費」のデータをもとに、実燃費ランキングをまとめました。
goo自動車&バイク | 17,892 views
トヨタ アベンシスが一部改良 大人の高級感を持つステーションワゴン

トヨタ アベンシスが一部改良 大人の高級感を持つステーションワゴン

30代に入り、そろそろ大人の高級感ある車を希望している方には「トヨタ アベンシスワゴン」をお勧めします。自分が乗りたいと思う車と、家族の使い心地を考えた車が一致するのは難しいですが、「トヨタ アベンシスワゴン」は家族みんなが満足できるようなスペックや性能を持っています。今回何が搭載されていて、何が良いのかをわかりやすくご紹介いたします。
goo自動車&バイク | 2,122 views
機能性重視!400~500万円台で買える外車ステーションワゴン

機能性重視!400~500万円台で買える外車ステーションワゴン

国産車では少なくなってきたステーションワゴンという形。特に欧州では、バカンスに出掛ける際に荷物が大量に乗せられるステーションワゴンは根強い人気で、今では日本で見かけるステーションワゴンの半数は輸入車ではないでしょうか。その中でも500万円以下という枠の中で比較してみます。
goo自動車&バイク | 4,290 views
スバル レヴォーグ VS ボルボ V50 ステーションワゴン比較 

スバル レヴォーグ VS ボルボ V50 ステーションワゴン比較 

国産車からステーションワゴンのラインナップがいつのまにか姿を消しつつありましたが、最近またその良さが見直される風潮も感じられます。今回はそんなステーションワゴンの中から似たようなサイズ感のレヴォーグとV50を比較してみたいと思います。
goo自動車&バイク | 3,189 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク