2019年7月4日 更新

電気自動車(EV)の価格・走行距離比較。おすすめ車種も紹介

エコカーの第一線にあるのが電気自動車です。排気ガスがでないので地球に負担をかけにくい車として注目されています。そこで今回は、国内外のメーカーから比較的手の届きやすいおすすめの電気自動車を紹介していきましょう。

6,934 views

電気自動車の選び方とは?

電気自動車(EV)の価格・走行距離比較。おすすめ車種も紹介
電気自動車はガソリンエンジンではなく、バッテリーとモーターによって走行します。当然、いままでのガソリンエンジンやディーゼルエンジンとは維持をするにあたっての使い勝手が少し異なります。ガソリンスタンドで給油をするのではなく、バッテリーに充電することが必要になるからです。電気自動車を選ぶにあたってチェックしておきたいポイントを見ていきましょう。

航続距離をチェック

航続距離というのは、車のバッテリーの充電を満タンにしておき、最大でどのくらい走ることができるのかを表します。
一回の充電で何km走ることができるのかは、普段の使い勝手にも影響を与えます。
現時点、充電可能なスポットはガソリンスタンドのような地域密度で提供されてはいません。自動車でのおおよその活動範囲によって、航続距離を考慮に入れて車種を選ぶ必要があるでしょう。
運転の仕方やエアコンなどの利用方法によって航続距離に違いはでてきますが、まず、基本的な使用範囲と航続距離を念頭においてみましょう。

充電方法をチェック

充電方法にも普通の充電と急速充電があるので、どちらの方法か確認しておくと良いでしょう。
通常の家庭に来ているのは100Vの電源ですが、200Vの回路を設置する必要がある充電器もあります。

200Vの電源の方が、急速で充電できるので利便性を考えるとおすすめです。
急速充電器が設置されているメーカーであれば、販売店の他にも高速道路やコンビニ、さらにはスーパーやモールなどに充電設備が設置されている場合があります。
会費を納めているだけで、簡単に充電することができるメーカーもありますので、購入前に充電設備やサービスなどについて、販売担当者から十分に説明を受けましょう。

電気自動車のおすすめ車種

電気自動車のおすすめ車種を紹介していきましょう。
荷物を多く積めるタイプから小型車までおすすめのモデルを見ていきます。

日産 e-NV200

電気自動車(EV)の価格・走行距離比較。おすすめ車種も紹介
日産が発売している、電気自動車の商用バンとなります。家庭用の乗用車だけでなく、商用バンを電気自動車とすることで、荷物の配送にもエコな電気自動車を手軽に導入できるようになりました。ベースとなっているのは、リーフの電気自動車技術です。大容量40kWhバッテリーを搭載し、JC08モードで300kmの航続距離を誇ります。

充電には普通充電だけでなく、急速充電にも対応しています。約40分の充電で80%まで充電することが可能です。外出先で休憩をしている時に、急速で充電ができ、利便性は高いでしょう。近距離をたくさん走行するビジネスシーンで活躍することが多いでしょう。

価格:395万円から
航続距離(JC08モード):300km

フォルクスワーゲン e-Golf

電気自動車(EV)の価格・走行距離比較。おすすめ車種も紹介
世界で人気を集めているゴルフの電気自動車です。
ゴルフと同じプラットフォームを搭載しているので、高い走行安定性が魅力のモデル。
電気自動車になる際に、防音設計を見直していることから、静かな走行性も特徴的です。

低重心になっているので、コーナリングの際に安定しています。
通常のエンジンのモデルにはない、重心の低さが作り出す走行性は電気自動車ならばではと言えるでしょう。
専用のアプリを使うことで、便利に電気自動車を維持することができます。

価格:499万円
航続距離(JC08モード):301km

三菱 i-MiEV

電気自動車(EV)の価格・走行距離比較。おすすめ車種も紹介
三菱が2009年から発売している電気自動車です。
軽自動車のiをベースにした電気自動車です。三菱が初期の段階から電気自動車の量産をしたモデルです。発売から年数が経過しているため、バッテリーの容量やスペックは劣りますが、15分の充電で80%まで充電することが可能で、利便性は必要十分です。

重いバッテリーを座席の下に配置しているので、低重心になっているのも特徴的。
安定して走行することができるのは、電気自動車の恩恵と言えるでしょう。
軽自動車のサイズですので、航続距離は短いものの、街乗りでの旋回性の高さは近距離利用にぴったりの電気自動車です。

価格:295万円
航続距離(JC08モード):164km

BMW i3

電気自動車(EV)の価格・走行距離比較。おすすめ車種も紹介
2013年にBMW初の電気自動車として発売がスタートしました。
電気自動車のブランドであるiシリーズの中核的存在として、販売されています。
他にも発電用のガソリンエンジンを搭載したレンジエクステンダーモデルも設定されているので、用途によってパワーユニットを選択することも可能です。

電気モーターによる後輪駆動方式を採用しており、力強く走ることができるのは電気自動車ならの走り心地です。
インテリアは3つのラインアップがあるので、好みで内装の仕様を選択することも可能。
実用的な航続距離となっているので、普段使いでも安心して走行できます。
レンジエクステンダー車であれば、一般の車と変わらない使い勝手になるでしょう。

価格:543万円~
航続距離(JC08モード):466km(レンジエクステンダー車)、360km(バッテリー車)

日産 新型リーフ

電気自動車(EV)の価格・走行距離比較。おすすめ車種も紹介
日産のリーフは世界中で人気がある電気自動車です。
2017年にはモデルチェンジを行い、2代目が誕生しました。
ガソリン自動車と変わらないデザインや、航続距離が伸びたことから電気自動車も手に入れやすくなりました。

45分の急速充電でバッテリーの80%まで充電することができますので、利便性が良いモデルです。
日産では月額2,000円で全国の急速充電器が使い放題となります。
車体価格は高いとしても、毎月の維持費は安くなるのが特徴です。

価格:324万円~
航続距離(JC08モード):458km

電気自動車で別次元の走りを!

電気自動車(EV)の価格・走行距離比較。おすすめ車種も紹介
内外共に様々な特徴を持つ電気自動車が発売されています。ここで紹介した電気自動車は、どれもガソリンエンジンとは違う、別次元の走りを楽しむことができます。

航続距離も年々改良され、普段使いにも不便さを感じさせることも少なくなっています。まず、自宅に急速充電器を設置できるのであれば、電気自動車の走り心地を楽しむのもおすすめです。

また、今回紹介できませんでしたが、テスラも電気自動車の代表的なメーカーで、まさに別次元のパワフルな走りを体感できるモデルをラインナップしています。
goo自動車編集部でテスラを体験した記事もぜひ参考にしていただければ、パワフルなモーターで走る電気自動車の面白さも知っていただけるかもしれません。
ワープするような速さ「テスラ乗ったらクルマ観変わった」

関連する記事 こんな記事も人気です♪

電気自動車は不便? 普及しない理由は充電スタンドだけなのか

電気自動車は不便? 普及しない理由は充電スタンドだけなのか

電気自動車はなぜ普及しないのでしょうか? 充電時間や充電できるスタンドの場所に課題があるのでしょうか。電気自動車の買い時や将来について解説します。インフラも整ってきたので、これからが電気自動車の時代です。
goo自動車&バイク | 23,307 views
プリウスPHVがフルモデルチェンジ EV走行距離が従来型比2倍に

プリウスPHVがフルモデルチェンジ EV走行距離が従来型比2倍に

トヨタは、プリウスPHVをフルモデルチェンジし、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて2月15日に発売しました。
goo自動車&バイク編集部 | 6,004 views
新型「NOTE e-POWER」はハイブリッドとどう違う? 柳沢慎吾「やっちゃったね日産!」

新型「NOTE e-POWER」はハイブリッドとどう違う? 柳沢慎吾「やっちゃったね日産!」

日産自動車株式会社は新パワートレイン「e-POWER」を搭載した『新型NISSAN「NOTE e-POWER」発表披露会』を、11月2日(水)に開催しました。低燃費技術を結集した新型ノートはどのような車なのでしょうか。発表披露会に登場したゲスト柳沢慎吾さんのコメントと一緒に、気になる価格や燃費、今回開発された新しいパワートレイン「e-POWER」が従来の電気自動車(EV)やハイブリッド車とどう違うのか詳しく解説していきます。
goo自動車&バイク編集部 | 7,997 views
電気自動車アンケートから見えるEV普及の課題 「航続距離」より○○が重要?

電気自動車アンケートから見えるEV普及の課題 「航続距離」より○○が重要?

パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※の会員を対象に実施した、「電気自動車」に関するアンケート結果を発表しました。
goo自動車&バイク編集部 | 3,094 views
日産リーフとBMW i3ならどっちが買い?EVの人気車を比較

日産リーフとBMW i3ならどっちが買い?EVの人気車を比較

世界にEV車を普及させる一役を担った日産 リーフとリーフ1強のEV市場に一石を投じたBMWのi3。それぞれの持つ特徴を比較しながら、どんなユーザーにオススメできるのかを解説いたします。
goo自動車&バイク | 4,443 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク