2017年1月27日 更新

新型BMW 740e iPerformance発表 7シリーズ」の新世代ハイブリッド・モデル

BMWの大型高級セダン、7シリーズから新世代ハイブリッド「740e iPerformance(ナナ・ヨン・マル・イー・アイ・パフォーマンス)」が2016年10月13日に発表されました。大型セダンは各メーカーが顧客獲得を狙う激戦区、そこに一石を投じたBMW新型PHVの性能とは?

4,018 views

BMW 7シリーズは次のステージへ

1977年よりBMWの最高級ラグジュアリーセダンとして君臨してきた「7シリーズ」。モデルチェンジのたびに様々な革新的新技術を搭載し、注目を浴び続けています。2016年に「7シリーズ」は、多くの新技術を搭載した量産車として高く評価され、「ワールド・ラグジュアリー・カー・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞しました。同年、BMWは生誕100周年を迎え、ガソリン・ディーゼルそしてPHVの全11モデルを展開。新たに投入したPHV「740e iPerformance」が「7シリーズ」を次のステージへと導きます。
 (59867)

BMWのPHV車を作っている「BMW i」とは?

BMWのサブブランド「BMW i」は2011年に発足。BMWが培ってきた技術を踏襲しながらも、外部充電可能な大容量リチウムイオン・バッテリーを搭載したプラグインハイブリッドカー(PHV)を展開しています。「給油のように充電できる」車作りを目指してると謳っているだけあって、購入後も顧客が世界中で包括的に充電サービスを受けられるためのインフラ作りにも積極的な姿勢が注目を浴びました。1枚の顧客カードがあれば、25ヶ国3万8000箇所以上の充電ポイント「ChargeNow」にて無料で充電可能。限られた車種だけでなく、他メーカーのモデルが幅広く利用可能なシステムとなっています。そして「BMW i」は、2015年末には気候変動に対して具体的な行動を起こしている企業として、国連(UN)から「MOMENTUM FOR CHANGE賞」を受賞しました。
 (59870)

「740e iPerformance」は環境に配慮しながらもアクティブな走行

「740e iPerformance」には大容量バッテリーを搭載。さらに、2.0リットル直列4気筒ツインターボエンジンと83kW(113ps)の電気モーターを搭載した8速ATを組み合わせています。これによってシステムトータルの最大出力240 kW(326 ps)、最大トルク500Nmというパワフルさが実現されました。気になる燃費はEUハイブリッド計測値にて2L/100km、およそ50km/Lという低燃費を実現。まさに次世代の7シリーズを担っているモデルと言えるでしょう。また、0-100km/h加速は5.4秒という文句なしの動力性がありながら、連続42kmのゼロエミッション走行が可能です(電気モーターのみでの走行時)。環境に配慮しながらBMWらしいアクティブな走行を提供してくれるのが、この「740e iPerformance」なのです。
 (59873)

ボタン1つで豊富な走行モードに変更可能

「740e iPerformance」は、電気駆動技術「eDrive」をBMW iブランドで初めて搭載したモデルです。ドライバーは「eDrive ボタン」の操作一つで、走行モードが変更可能。運転モードは通常、ハイブリッド走行のAUTO eDrive、電気モーターのみで走行するMAX eDrive、バッテリー充電をしながら走行するBattery Controlの、3つから選ぶことができます。それに加えて、極力電力を使わないSave Batteryモードでも走行可能です。また、「ドライビング・パフォーマンス・コントロール・ボタン」では、BMWおなじみのSPORT・COMFORT・ECO PRO・Adaptiveからモード設定が可能です。迷ってしまいそうなほどですが、好みのモードを探ることができ、まさに自分だけの愛車として楽しめるかもしれません。
 (59877)

ラグジュアリーセダンとしての装備やサービスも充実

「740e iPerformance」のボディには、カーボンファイバー強化樹脂「CFRP」と、アルミニウム、超高張力スチールの複合素材である「カーボン・コア」が用いられ、軽量化しつつ強度を高めています。また、リチウムイオンバッテリーは後席下に、ガソリンタンクはラゲージルームの床下に格納したことで、ラゲージルームは420Lもの容量を取ることができました。
さらに、スマートフォンを利用したテレマティクスサービス「BMW コネクテッド・ドライブ」も利用可能。点検時期・バッテリーの充電状況などをスマートフォンから確認できます。その他にも、バッテリー異常があれば自動で正規ディーラーに通知、ライトの消し忘れなどはドライバーにメールでお知らせしてくれます。
 (59879)

いかがでしたか?これからまだまだ革新的な技術を展開してくれそうなBMW。「740e iPerformance」はまだ発売されたばかりですが、これからも新しい7シリーズに目が離せなくなってしまうモデルです。次世代の電気自動車「740e iPerformance」が気になったら、ぜひ試乗してみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

まさしく王道セダン!おすすめのBMW 5シリーズ!

まさしく王道セダン!おすすめのBMW 5シリーズ!

BMWのアッパーグレードセダンとしてミドルサイズセダン界に君臨し続けているBMW 5シリーズ。「駆け抜ける喜び」を追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、「ミドルサイズセダンでありながらアスリート的な運動性能が魅力」のクルマです。本記事では、BMW車のラインナップ内でのBMW 5シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて5シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,806 views
ある意味最もBMWらしい!?おすすめのBMW 3シリーズ!

ある意味最もBMWらしい!?おすすめのBMW 3シリーズ!

今も昔もBMWの主力車として中核を担うBMW 3シリーズ。「走り」の楽しさを追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、「常にスタンダードであり続けることを宿命付けられたクルマ」です。本記事では、BMW 1シリーズやBMW 5シリーズといったBMW車のラインナップ内でのBMW 3シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて3シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,207 views
コストパフォーマンス最強!?おすすめのBMW 1シリーズ!

コストパフォーマンス最強!?おすすめのBMW 1シリーズ!

現在では、コンパクト3ナンバー(Cセグメント)で唯一「FRパッケージ」を採用するBMW 1シリーズ。「走り」の楽しさを追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、サイズ以上に大きな存在となった「乗って楽しいクルマ」です。本記事では、BMW車のラインナップ内でのBMW 1シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて1シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,963 views
フィアット・パンダが好きな人におすすめのレトロカー特集 「A112アバルト」他

フィアット・パンダが好きな人におすすめのレトロカー特集 「A112アバルト」他

「初代フィアット パンダ」などレトロカー独特のデザインやスタイルが好きで堪らないという、レトロカー好きにオススメしたい様々なレトロカーの中古車情報、選ぶ際の注意点等をまとめて紹介しています。
goo自動車&バイク | 2,562 views
ラグジュアリーな海外スポーツクーペおすすめ中古車4選

ラグジュアリーな海外スポーツクーペおすすめ中古車4選

実用性のあるミニバンやSUVも人気ですが、車の走りや高級感、特別感を味わえるクーペは昔から人気のボディタイプです。スポーティーな走行性だけではなく、見た目のカッコよさや美しさなどもクーペを選ぶ要素の一つです。特に海外メーカーのクーペは高級感があり惹かれる方も多いと思います。そこで気になるのは価格。新車価格では手が届かない車種も中古車を選択する事で手が届く価格になります。今回は海外メーカーの中からBMW、プジョー、アウディ、メルセデスベンツのおすすめクーペ中古車4車種をご紹介いたします。購入を検討されている方は是非参考にしてください。
goo自動車&バイク | 3,094 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク