良いディーラーってどんなところ?ディーラーの選び方講座

車を購入するうえでディーラーの存在は切っても切り離せません。なぜなら、車を手に入れるにはディーラーと呼ばれる販売店が必要だからです。しかし、メーカーひとつをとってもディーラーは全国にごまんとあります。そこで、ここでは選ぶべき良いディーラーの条件をご紹介します。

ディーラーを訪れたときの第一印象を大切にしよう

良いディーラーを選ぶことはセールスマンを選ぶことと同じです。よいセールスマンに出会えれば良い車に出会えたも同然です。それほどセールスマンとの相性は大切だと、肝に命じておきましょう。とはいえ、良いセールスマンの基準がわからなければ身も蓋もありません。自分自身にとって良い人とは、第一印象で決まると言っても過言ではありません。例えば、ディーラーを訪れたときに外まで迎えに来てくれるか、雨の日は傘を持って迎えてくれるか。またハキハキと挨拶ができているか、用件を気持ちよく、かつ迅速に聞いてくれるか。そして、店の掃除が行き届いているか、整理・整頓ができており清潔かなどをチェックしてみましょう。
gettyimages (11407)

 

ディーラーに併設しているサービス工場が混んでいるかチェックしよう

ディーラーに併設している整備工場が混んでいるということは、その分だけ人気があるということです。人気の要因としては、整備の技術が高いこと、価格が手頃であること、接客対応が気持ちいいこと、近所で行きやすいことなどが挙げられます。車は購入後のアフターサービスも重要なポイント。整備に対応してくれる工場が先述のような理由で依頼しやすいところは、購入するディーラーとしても満足のいく店だと考えられます。また、そんな店の整備士もセールスマン同様、気持ちのよい接客をしてくれるものです。

質問にきちんと応えてくれるか確認しよう

第一印象とも重複するポイントはありますが、特に初めて新車を購入する場合は知らないこともたくさんあって当然です。どんな質問でもいいので試しにセールスマンに聞いてみましょう。そんな客でも、ささいな質問に一生懸命に応えてくれるセールスマンなら好感度は上がるでしょう。逆に、何を質問してもバックヤードに戻って商品知識を確認しているようでは、売る側としての姿勢を問われかねません。また、まだ購入するかどうかわからない「見込み客」と購入が決定している客で対応に差が出てしまっている場合も、本当の意味で丁寧な接客対応とはいえないでしょう。どんな客であってもその店に来てくれたことには変わりはないはず。気持ちいい対応をしてくれるセールスマンなら、買いたい気持ちにもなるというものです。
 (2260)
いかがでしたか? 一口にディーラーと言ってもさまざまなタイプがあるようです。この記事を参考に、買いたい車と自分自身に合った販売店を見つけることが、良いパートナーと巡りあうカギになることでしょう。
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ