2016年7月8日 更新

ロードスター/フェアレディ/86を比較 スポーツカー対決

1989年の登場以来、人馬一体の走りと2シーターオープンの楽しさを私たちに教えてくれるマツダ ロードスター。スポーツDC-3やSP/SRと呼ばれるフェアレディといったダットサン時代も含めれば60年以上の歴史を持つ日産 フェアレディZ。今なお根強い人気を誇るトヨタ AE86型カローラ・レビン&トレノの系譜を継ぐトヨタ 86。国産スポーツカーの代表格とも言える3台ですが、成り立ちもキャラクターもそれぞれといえます。でも共通点もあったり……と購入する際には意外とこの3台で悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はこの3台を比較しつつ、どんな人にそれぞれの車両がオススメできるのか考えていきたいと思います。

2,895 views

共通点で考える3車種その1~FRスポーツ~

一見、明らかにキャラが違う3台ですが、それでも共通して言えることがあります。それは純粋なスポーツカーであるということ。何を持って純粋なスポーツカーと定義付けるかは人それぞれでしょうが、この3台に関してはそう言い切ってしまっても異論を唱える方はあまりいないのではないでしょうか。
そしてこの3台が共通して純粋なスポーツカーたり得る要素の一つがFR車であるということ。FRとはフロントエンジン・リアドライブの略で、その名の通りエンジンが車の前方に位置しており、後ろのタイヤを駆動させる方式のことです。FR車は本来、ポピュラーな車のあり方でした。というのも現在の主流であるFF(前輪駆動車)の場合、舵をとるタイヤと前に進むために駆動するタイヤがどちらもフロントタイヤの役割になります。そのため、走らせようと勢いよく前輪を駆動させると、舵をとるため左右に動くように設置されているタイヤがそのまま暴れてしまい、まっすぐ走らせるのが大変だったのです。技術の進歩によってFFでも問題なく走らせられるようになった現在では、前にあるエンジンの動力でそのまま前輪を駆動させる方が、その力をわざわざ後輪に伝えるように作るよりもパーツ数などのコストの面で有利なため、大半の車がFFとなりました。それでもまっすぐ進むための力は後ろのタイヤに、曲がるための力は前のタイヤにそれぞれ割り当てて走ることのできるFRの方がコーナリングの性能などが上なため、高級車や一部のスポーツカーには採用されているのです。そしてこの3台に関しても採用されている方式はFR。コストよりも走りを追求したその姿勢は純粋なスポーツカーと言っても異論はないでしょう。
gettyimages (41606)
gettyimages (41609)
86 G(トヨタ)2015年4月モデルのカタログ[10095681] | goo自動車&バイク (45091)

共通点で考える3車種その2、M/T車

この3台のわかりやすい共通点にM/T車が設定されていることが挙げられるでしょう。コンピューターによる変速スピードが遅いため、速く走らせることが目的のスポーツカーはM/Tが主流……なんて話は今や過去のものとなっています。今や技術進歩によってA/Tの性能がM/Tのあらゆる性能を超えていることは事実であり、速さを追求するスポーツカーの主流もクラッチを2つ備え、ほぼトルクが変速時に途切れることのない自動変速機が主流となりつつあります。しかしながら、速く走らせることも重要ではありますが、自分の手で運転を楽しむこともスポーツカーの本分ではないでしょうか。クラッチを使って自分で変速をすることが楽しい動作なのかは人それぞれではありますが、そういった楽しみを持つスポーツカー好きが多いことも事実です。そして、スポーツカーのラインナップからM/T車が減っていっている現状においてしっかりとその選択肢を用意してくれているのがこの3台です。ロードスターに至っては、発売開始1ヶ月後のA/T:M/T比が26:74と圧倒的にユーザーがM/Tを選ぶ結果となりました。
スポーツカー好きのニーズに合った車づくりをしているということですね。

【MAZDA】新型「マツダ ロードスター」の販売が好調|ニュースリリース

【MAZDA】新型「マツダ ロードスター」の販売が好調|ニュースリリース
gettyimages (41608)
gettyimages (41610)

エンジンで考える3車種~直4vsV6vsフラット4~

こちらからは3台の大きな違いについてです。まずは車の核となるエンジンから。ロードスターは1.5L直列4気筒というオーソドックスなエンジンを積んでいます。そもそも、ロードスターの掲げる『人馬一体』というコンセプトは人が馬(=車)の手綱を握って馬と一体となったような走りを楽しむというものです。そのため、手に余るような大きなパワーなどは必要とされていない向きがあります。この思想は初代ロードスターが大衆車であるファミリアのエンジンを改良したものを載せていた事実からも伺うことができます。ハイパワーよりも扱いやすさや信頼性の高さをより重視しているのですね。対してフェアレディZは3.7L V6気筒と大きなエンジンを積んでいます。最高出力は336psとこの3台の中で圧倒的で、ロードスターの2.5倍以上あります。フェアレディZは前身のダットサン フェアレディの時代より国内外のレースの主力として活躍してきた歴史を持つことから、またラグジュアリーさを売りにしていることからもこのような大排気量&高出力のエンジンが売りのひとつとなっています。トヨタの86は2L水平対向4気筒という珍しいエンジンを持っています。水平対向エンジンはシリンダーが左右水平に配置されていて、対になるピストンが向かい合うように上下運動をする仕組みになっています。シリンダーが水平に並ぶため、全高を小さくレイアウトすることが可能で、また、低重心化も可能となっています。現在の量販車メーカーではスバルとポルシェのみが製造をしており、86はスバル製のエンジンを搭載しています。
istockphoto (45855)

ボディ形状で考える3車種~オープンvsハッチバッククーペvsクーペ

スポーツカーを比較する上でボディ形状も重要なファクターのひとつとなります。ロードスターはMGBやロータス エランなど、古き良き時代のスポーツカーがかつて主流としていた2シーターオープンを市場に復活させたモデルとして世代を問わずファンがいます。乗員は2名であり、荷物もさほど積むことはできないでしょうが、その代わりに得られるオープンエアーの爽快感は格別と言えるでしょう。フェアレディZにもかつてはオープンモデルがありましたが、現在はハッチバッククーペのみのラインナップとなっています。大きなボディでありながら2シーター、さらにはハッチバックとなっているため、クーペでありながらラゲッジルームは意外と広いのが特徴です。86もクーペボディではありますが、こちらは4座となっています。ただでさえ背の低いスタイリングに、後ろが狭まるクーペスタイルのため後部座席の居住性はさほど良くはありませんが、それでもいざという時に人が乗せられるというのは心強いですね。人が乗らない時はトランクルームの他に第2の荷室として使用できる点も魅力的です。
gettyimages (41605)
gettyimages (41630)

価格帯で考える3車種

もちろん、購入時にいくらかかるかも重要な要素です。ロードスターは最廉価の「S」が249万4800円〜となっており、最も高級なグレードである「RS」は319万6800円〜となっています。フェアレディZは特にグレード名の付かない最廉価モデルで383万1840円〜、最も高級な「NISMO」で573万4800円。若者向けとして抑え目の価格設定でデビューした86は最廉価モデルが「G」248万8909円〜、最上級グレードの「GT"Limited"」が317万3237円〜となっています。コストのかかる大排気量のエンジンを積み、ラグジュアリー路線も意識しているフェアレディZがこの中ではやはり高くなるのはしょうがないことでしょう。ロードスターと86は下から1番上のグレードまでの価格設定がどれも近いことがわかります。86よりもデビューの早かった先代ロードスターが現行ロードスターとあまり値段設定が変わらなかったことから、86の価格設定がロードスターと近いのは意識したものかもしれませんね。
※ここの価格はいずれも車両本体価格のみ、税込となっています。
thinkstock (41632)
ざっくばらんにではありますが、3車種を色々な観点から比較してみました。全ての車に特徴があり、全てがいい車であることに間違いはありませんが、スポーツカーに何を求めるかでどれが自分に合っているのかは大体想像がついたのではないでしょうか。皆様のスポーツカー選びの手助けになれれば幸いです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マツダCXシリーズ3兄弟!中古車価格と特徴は?

マツダCXシリーズ3兄弟!中古車価格と特徴は?

マツダの大人気クロスオーバーSUVのCXシリーズが、2018年5月に大幅改良されました。本記事では、今、日本で売られているCX-3、CX-5、CX-8の3車種の特徴と中古価格をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,359 views
セレナe-POWER追加!中古車モデルと価格は?

セレナe-POWER追加!中古車モデルと価格は?

日産のセレナは1991年から販売されたミニバンで、大きな室内空間と十分な走行性能を持つ名車として知られています。今では5代目となり、2018年に入って新たなハイブリッドモデル「e-POWER」が追加され、その新鋭モデルはこれまで以上の素晴らしい性能を持っています。では、新たなモデルが追加されたことで、セレナの中古車市場はどうなっているのでしょうか。今回は、これまでのセレナの性能と中古車価格について解説していきます。
goo自動車&バイク | 1,681 views
マツダの人気オープンカー ロードスター! 年代・モデル別の中古車価格・相場は?

マツダの人気オープンカー ロードスター! 年代・モデル別の中古車価格・相場は?

日本のライトウエイトオープンカーと言えば真っ先に名前が挙がる、マツダ「ロードスター」。当記事では30年にも及ぶ歴史を誇るロードスターの中古車情報を年代・モデル別に分け中古車価格の相場、選ぶ際の注意点等の情報をまとめて掲載しています。
goo自動車&バイク | 2,705 views
マツダ おすすめの中古マニュアル(MT)車4選!

マツダ おすすめの中古マニュアル(MT)車4選!

こちらの記事では、ロータリーエンジンやマツダコネクトなど、他社とは違いアグレッシブなクルマづくりで魅力的なクルマがたくさん存在するマツダのマニュアル(MT)車のおすすめ中古車情報を4車種選び掲載しています。
goo自動車&バイク | 2,221 views
レトロで可愛い「パイクカー」とは?オススメ中古車紹介!日産パオほか

レトロで可愛い「パイクカー」とは?オススメ中古車紹介!日産パオほか

独特の雰囲気をまとい、今もなお人気がある80~90年代に発売されたパイクカーの紹介と、中古車価格等をまとめて掲載しています。
goo自動車&バイク | 3,963 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク