2016年2月18日 更新

悪用に要注意!運転免許を紛失した時の対処法

「あれ? 無くした!!」携帯電話と並び、紛失した時にとっても焦る存在。それは運転免許証。万が一紛失した時は被害が出る前に、被害を最小限で食い止める為に、速やかに対応することが大切です。

414 views

そもそも紛失したことに気がつくことが大切

運転免許証は自動車を運転する際に携行が義務付けられていますが、普段の保管状況はドライバーによって様々です。財布に入れているドライバーも居れば、財布と免許証入れに分けているドライバーも居ます。ガソリンスタンドの伝票ホルダーに給油カードと一緒に入れて保管し、それをマイカーに積みっ放しなんてドライバーも居ます。

何れにしても紛失した事実にまず気が付かないといけません。普段から気に掛けるようにしましょう。
thinkstock (17599)

遺失届け・盗難届けを出しておこう

運転免許証の再交付自体は遺失届け・盗難届けを提出しなくても可能です。しかし落し物として届いている場合もありますし、悪用された場合の対応もスムーズになるため、再交付後でも良いので、最寄りの警察署・交番・駐在所へ届け出ましょう。

忙しいからと後回しにせず、できる限り早く行うことが大切です。
gettyimages (17604)

再交付は『免許更新センター』、『運転試験場』、『警察署』で

更新手続きと同じく、『免許更新センター』、『運転試験場』、『警察署』の何れの場所でも再交付の手続きを行えます。しかしながら、警察署での手続きでは即日交付が行えない為、免許証が届くまで概ね3週間程度必要となるので注意が必要です。

また、代理人による手続きは行えない為、本人確認の為の証明証が別途必要です。(証明ができるもの:健康保険証・年金手帳・障害者手帳・社員証・住民票・学生証)
thinkstock (17608)

他にも必要な物があります

本人確認の証明証のほか、印鑑、手数料3500円、写真(縦3cm、横2.4cm)、運転免許証再交付申請書、運転免許証紛失・盗難てん末書が必要です。書類は手続き場所にあるので、必要事項を記入して提出します。写真は撮影後半年以内のものを用いますが、運転試験場と免許更新センターでは撮影してもらうことも可能です。
gettyimages (17611)

運転免許証の停止手続きはできない

例えばクレジットカードの場合は停止手続きを行うことにより、カードそのものの利用にロックを掛けることが可能です。ロックすることにより、万が一拾われて悪用されたとしても利用することはできません。

しかし運転免許証の場合はそれができません。仮に悪用された場合は、請求に対して支払う等のことはせず、悪用されたとの旨を伝えることが必要です。(前述の遺失届け・盗難届けを警察に提出済みであればスムーズ)
istockphoto (17614)
運転免許証は自動車を運転する際に必要な技能・知識・適性を満たしていることの証明になりますが、身分証明証としての側面も持っています。そういった意味では普段の管理が重要となっていきますので、より一層気を付けましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これで失敗なし!免許証の写真を綺麗に撮る方法

これで失敗なし!免許証の写真を綺麗に撮る方法

免許証の写真ってどうしてこんなに写りが悪いの?と思っている方は多いのではないでしょうか?身分証明書としても使うことの多い免許証だから、できるだけ綺麗な写真を使いたいもの。そこで、免許証の写真写りがよくなる方法をまとめてみました。
goo自動車&バイク | 2,253 views
自動車免許ローンって何?分割で運転免許を取るには

自動車免許ローンって何?分割で運転免許を取るには

自動車免許ローンをご存知でしょうか。これは自動車免許を取得する際に必要になる費用を分割で支払うことができるローンのことを指します。自動車免許を取るためには費用も比較的かかるため、活用することでより負担を軽く自動車免許を取得することができます。自動車免許ローンについてご紹介します。
goo自動車&バイク | 844 views
視力が低くても大丈夫?運転免許取得に必要な視力とは

視力が低くても大丈夫?運転免許取得に必要な視力とは

自動車免許の更新の際、決められた講習を受ける前に、証明写真の撮影と視力検査を行うことになっています。しかし、視力が低いと当然免許はもらえないわけです。免許取得や更新の際にあせらないように、今のうちに運転免許における必要な視力について理解しておきましょう。
goo自動車&バイク | 1,689 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク