2017年7月13日 更新

車内をおしゃれに見せるインテリアのコツ

女性ならではのこだわりは、車内もおしゃれにしたいということ。こだわり雑貨満載の車内にしたい! ゴミ箱までカスタムし自分好みの空間にしたい! そんな要望を叶える、かんたんにDIYでできる車内インテリアをご紹介します。

5,398 views

おしゃれ女性必見のインテリアのコツ、教えます!

thinkstock (65260)
自分専用の車を所有している女性も増えています。そんな車所有の女性たちの中でもおしゃれを意識している女性が一番こだわりたいのが、愛車の内装です。愛車を自分の部屋のように居心地のいい空間にしたい。自分らしい車内空間を創りたい。もっとオシャレに、可愛くドレスアップしたい。ファッションやヘアメイクにこだわる女性なら、車にだって手を抜けませんよね。そこで、今回は、愛車をよりオシャレにセンスアップするためのコツやアイデアをご紹介します!

シートカバーを替えるだけでグッと見違えます!

自分好みに車をカスタマイズすると言うと、何だか難しそう……と、諦めてしまう人もいるかもしれませんね。そんな人は、まず「物を置く」ことから始めましょう。部屋にいるような感覚で、ちょっとした小物を置くだけで、印象が変わります。これは、自分の部屋のインテリアコーディネートに似ているので始めやすいです。
thinkstock (65214)
もう少し、本格的にカスタマイズに挑戦したい人にお勧めなのが、シートカバーです。元々の車のシートはグレーや黒等、無機質なものが多いので、シートカバーを替えるだけでガラリと印象が変わり、同じ車でもグッと差がつきます。まずは自分好みのテイストやカラーを決めましょう。可愛い系、クール系、ナチュラル系、リッチ系など、普段の自分のファッションテイストに合わせて、内装を考えると失敗しないと思います。まずは面積の大きな部分、シートカバーを替えてみましょう。価格も1万円〜2万円弱でできるので、余裕があれば一度試してみるとよいかもしれません。
また、ハンドルカバーやダッシュボードマットも、一緒に替えてみてはいかがでしょうか。種類も豊富に揃っているので、選ぶのも楽しいもの。2000円前後とお手頃価格なので、お財布にも優しいですよ。さらに、ダッシュボードの上をカバーするダッシュマットもお勧め。レザー調、ベロア調、ムートン等、様々なデザインから選べます。車種別に作られたダッシュマットを、そのまま車のダッシュボードに乗せるだけ。簡単にプロ並みのドレスアップができます。

予算を抑えて可愛くしたいならダストボックスに注目!

愛車を自分らしく演出したいけれど、あまり予算はかけたくない。そんな人には、自分の目の届くところや、手が届くところだけでも、少し替えてみてください。結構印象が変わるものです。簡単なアクセサリーや、車内で使えるグッズ等を置くのもおすすめです。まずはカー用品店を覗いてみて。カー用品店というと、車のホイール、外装パーツ等、車いじりが好きな男性向けと思っている人が多いかもしれませんが、実はオシャレなDIYグッズの宝庫!意外に可愛いグッズもたくさん揃っています。見るだけでもワクワクしますし、自分好みのグッズもきっと見つかるはずです。
thinkstock (65216)
例えば、車内で使うものの定番、ドリンクホルダー。付属の物もありますが、お気に入りのものを使えばさらに愛着がわくはずです。最近は、スマホとドリンクの両方を置けるタイプも増えています。また、車内をいつもキレイにしておきたい女性なら、ダストボックスにも注目を。遠出をする時、風邪気味の時や花粉症の時、車内で飲食する時など、様々な場面でゴミが出ます。カー用品店に行くと、可愛いものから、個性的で遊び心のある楽しいものまで、ダストボックスの種類も豊富です。百円ショップでも気軽に購入でき、低予算でできるのでお勧めです。

もっと予算を絞るなら、家にある好きな小物を置いてみる

thinkstock (65217)
もっとお手軽に車内のインテリアを変えたいなら、新たに購入せずに部屋にあるものを置くのも手です。部屋にある、お気に入りのグッズを車内に持ち込みましょう。たとえば、ぬいぐるみやクッション等がその一例です。クッションや座布団は、長距離運転で腰が疲れた時にも役に立ちます。お気に入りのものに囲まれていれば、車内もより居心地のよい、プライベート空間になりそうです。ただし、運転中、視界の邪魔になるような置き方は危険ですのでNGです。小さなぬいぐるみをたくさん置きすぎて、前方や後方の視界が遮られてしまった、ということがないよう、置く場所はよく考えて。

まとめ

車のカスタマイズや、ドレスアップは、男性でも女性でも楽しくてハマってしまうもの。手作りが得意な人は、オリジナルな内装に挑戦するのも楽しいですね。車への愛着もより一層増すことでしょう。でも気になるのは、自分好みに可愛くカスタムした車も、いざ売却することになったら査定に影響するのでは?ということです。基本的に、内装のカスタマイズについては、中古車査定の金額には影響しないのでご安心を。
ただし、マットやミラー等を交換した場合は、純正のものは必ず残しておいて下さい。査定の際、純正もののがついていないと、査定額が下がることもあるからです。その点だけ注意すれば、内装インテリアのカスタマイズは、思う存分楽しんで大丈夫。カー用品店の他、百円ショップや車のオシャレ用品専門のサイトで探すのもお勧めです。
(マジョリティ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

車内は清潔に!オシャレなゴミ箱紹介

車内は清潔に!オシャレなゴミ箱紹介

自分で運転する時だけでなく、他人が乗ることも考えて車内は常に綺麗にしておきたいものですが、皆様は車内用ゴミ箱にはどんなものを使っているでしょうか?ビニール袋が置いてあるだけ、なんてのも悪くはありませんが、ここに少しこだわると車内の雰囲気も良くなります。ここではインテリアとしても使える、オシャレなゴミ箱をご紹介します。
goo自動車&バイク | 5,403 views
これがあれば快適!自動車便利グッズまとめ

これがあれば快適!自動車便利グッズまとめ

通勤やドライブなどで車内にいる時間が長くなると、ちょっとした不便が大きなストレスになってしまいますよね。そんな不便を減らすためには、便利グッズの導入がおすすめです。車内をぐっと快適な空間に変化させる、あったら嬉しい便利グッズを5つご紹介します!
goo自動車&バイク | 1,369 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク