2017年6月11日 更新

4WDの軽自動車人気ランキングTOP6

軽自動車ならではの維持費の安さ、それに四駆による走行安定性が加わった4WDの軽自動車は市場でも注目されています。燃費のいい4WDの軽自動車のおすすめやメリット・デメリットを、株式会社スカイトが保有する中古車登録台数データ(2017年4月現在)を元にしたランキングをご紹介します。

7,879 views
維持費が安いというのが軽自動車のいちばんの魅力です。自動車税でいえば、普通自動車だと1,000ccクラスでも約3万円ですが、軽自動車なら10,800円。維持費の安さの最大のポイントは、この自動車税の差です。さらに、燃費がいい、価格が手頃、小回りがきき運転しやすい、高速道路の料金も安いなど、軽自動車にはさまざまなメリットがあります。もちろん、普通自動車に比べると、長距離ドライブや大人数での移動には少々不向きといったこともありましたが、最近では走行性能も格段に向上しており、メインカーを軽自動車にする人も増えてきています。とくに、4WDやターボ付エンジンは、走りにこだわる人に人気があり、各メーカーも開発に力を入れています。そこで今回は、4WDが選べる軽自動車の人気車種をピックアップしてみました!

4WDの軽自動車人気ランキングTOP6

第1位 ミラ(ダイハツ)

小粋なスタイルで人気のミラは、「街乗りクオリティ・ミニ」をコンセプトとするミラと、「プレミアム・パーソナル・ミニ」をコンセプトとするミラカスタムの2タイプがあります。明るいカラーでコーディネートされたカジュアルでオシャレなインテリアは、メーターパネルを起点に、ツートンカラーが放射状に伸びる左右非対称のコントラストツートーンパネルを採用。シンプルなデザインと視認性に優れた大型1眼センターメーターが特徴です。また、2490mmの超ロングホイールベースや、コンパクトなエンジンルームの採用により、2000mmのロングな室内長と軽自動車最大の1350mmの室内幅を実現。全高も立体駐車場OKの1530mmとなっています。ラインナップは、バンタイプのTXと、Xスペシャルがあり、どちらもフルタイム4WDが設定されています。
 (63707)

第2位 ハスラー(スズキ)

軽ワゴンとSUVを融合させたクロスオーバー、それがハスラーです。軽自動車に求められる日常での使い勝手のよさや広い室内空間を確保しつつ、アウトドアシーンやスポーツレジャーを楽しむ人、雪道やダートなど起伏のある路面を走行する機会の多い人に向けて開発されています。軽自動車のタイヤは、普通車に比べて小径のものがほとんどなので、雪道の轍などに沿って走る際に不都合が出てきます。ところがハスラーの場合は大径のタイヤを履いているので、そうした轍とのギャップも防げます。また、大径ゆえに坂道やラフロードでも、グイグイと力強く走ってくれます。
 (63703)

第3位 アルト(スズキ)

ガソリン車(ハイブリッド車を除く)でNo.1の低燃費37.0km/L(JC08モード)を実現した、スズキのアルト。軽自動車のメリットである燃費のよさで、群を抜く実力車といえるでしょう。全高を低くした、フロントからリアまで流れるようなルーフラインに、力強さを感じさせるヘッドランプまわりのデザインも特徴的。安全装備では、レーダーブレーキサポート装着車を全機種に設定している他、スリップや横滑りを抑えるESPを全車に標準装備しています。また、発進加速、中間加速がよく、スムーズなコーナリングにも定評あり。ヨーロッパのコンパクトカーのような、軽快かつしっかりとフラットな乗り味も魅力です。
 (63697)

第4位 ムーヴ(ダイハツ)

エキサイトミニバンをコンセプトとする「ムーヴ」、「ムーヴカスタム」の2タイプが設定されている、ダイハツのムーヴ。横開きバックドア(オプションで跳ね上げ式も可能)を備え、90°フルオープンが可能な5ドアワイドボディが特徴です。搭載されているエンジンは、58馬力の直列3気筒DOHC、64馬力の同ターボ、64馬力の直列4気筒DOHCターボの3種類。駆動方式はFFとフルタイム4WDが設定されています。ムーヴのエクステリアは、厚みのあるフォルムに大型ヘッドランプ、グリル、平面ラウンドを強調したバンパーといったように全体で、質感が良好です。また、車内も広く、リアシートの足元空間にも十分なゆとりがあります。
 (63705)

第5位 ワゴンR(スズキ)

新型ワゴンRは、広い室内空間と軽ワゴンならではの実用性を向上させながら、機能性とデザイン性を両立。外観は幅広い世代のライフスタイルに対応するデザインが採用されています。ラインナップは、モーターのみで走行できるマイルドハイブリッド搭載の「ハイブリッドFZ」、「ハイブリッドFX」、四角をモチーフとした端正なフロントマスクを取り入れた「FA」、FZ・FXにデュアルセンサーブレーキサポートなどを搭載した「セーフティパッケージ装着車」など。R06A型エンジンと副変速機構付CVTを搭載し、それぞれに2WDとフルタイム4WDを組み合わせています。また、軽量化と高剛性を両立する新プラットフォーム「HEARTECT」により、燃費性能も向上しています。
 (63701)

第6位 タント(ダイハツ)

2013年のフルモデルチェンジにより3代目となるタント。スマートアシストを全グレードに設定し、エマージェンシーストップシステムシグナルを全車に採用しています。また、28.0km/L(JC08モード)の低燃費も魅力のひとつ。全車エコカー減税「免税」レベルを達成しています。実燃費でも、走り方によっては22km/Lを超える数値を出しているので、燃費が気になるといわれるハイトールワゴンとしては、かなりよいレベルといえるでしょう。室内も広く、バゲッジスペースもたっぷりしているので、荷物をたくさん乗せられるのも高評価です。
 (63699)

まとめ

軽自動車の4WDをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。気になる車があったら是非、試乗してみましょう。そろそろ車検という方は、ぜひ次に乗りたい車の候補に加えてみてください。
(マジョリティ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

軽自動車のおすすめ7選 人気の軽ワゴン・ターボ車はこれだ

軽自動車のおすすめ7選 人気の軽ワゴン・ターボ車はこれだ

燃費や維持費も安い軽自動車は中古車市場でも一番人気! この記事ではおすすめの軽自動車を厳選してピックアップしました。人気の軽ワゴンや、男性にもおすすめな走りを楽しむターボ車もあわせてご紹介します。
goo自動車&バイク | 24,597 views
ホンダN-ONE(エヌワン)の実燃費は? ターボの加速性能や評価まとめ

ホンダN-ONE(エヌワン)の実燃費は? ターボの加速性能や評価まとめ

特徴的なデザインで人気のホンダのN-ONE(エヌワン)を実際にライターが試乗して、グレードごとの走りの違いを比較。気になるN-ONE(エヌワン)ターボの実燃費も調査しました。
goo自動車&バイク | 28,004 views
車内が一番広い軽自動車は?室内空間が広い軽自動車5選

車内が一番広い軽自動車は?室内空間が広い軽自動車5選

室内空間が広い軽自動車が欲しい方必見! ハイト系といわれる軽自動車の中から、運転席や荷室が広い軽自動車を5車種ご紹介します。積載性に優れた軽自動車もたくさんありますので、参考にしてください。
goo自動車&バイク | 23,897 views
女性が選ぶ可愛い軽自動車6選

女性が選ぶ可愛い軽自動車6選

こだわりの内装やレトロなデザインなど、車にもおしゃれな要素を求める女性が増えています。いま女性に人気の可愛い軽自動車を6車種ご紹介します。あなたにぴったりの1台がきっと見つかるはず。
goo自動車&バイク | 12,128 views
子育てに最適!スライドドアのある人気軽自動車4選

子育てに最適!スライドドアのある人気軽自動車4選

維持費が安いということもあり、何かとお金が入用な子育て世代に人気の軽自動車。そんな軽自動車の中でも今回は何かと両手がふさがりがちな子育て世代には特にお勧めの、スライドドアのある車を紹介していきます。それぞれの車の特徴を挙げていくので、スライドドアつき軽自動車の購入を考えている人は必見ですよ。
goo自動車&バイク | 4,463 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク