2018年4月25日 更新

2016年上半期 軽自動車販売ランキングTOP10

スモールカーといわれる軽自動車ですが、近年では燃費性、安全性にも優れ、コンパクトカーを上回るほどになりました。新しい魅力的なモデルも次々と発売されています。全国軽自動車協会連合会が発表した2016年上半期(1~6月)の軽四輪車販売ランキングの中から、TOP10をご紹介します。

1,477 views

第10位 キャスト(ダイハツ)

「ダイハツ キャスト」は用途やスタイルに合わせて3つのタイプが用意されています。ライフスタイルに合わせて外観や仕様をアレンジして選ぶという、軽自動車では新しい発想です。現行ムーヴがベースなので、燃費性能、操縦安定性、快適性、安全性などの基本性能も高く、また、高級感のあるデザインや内装の上質感などにも、その魅力が溢れています。
キャスト スタイルG SAII(ダイハツ)2016年6月モデルのスペック・カタログ[10104462] | goo自動車&バイク (53654)

第9位 スペーシア(スズキ)

「スズキ スペーシア」はハイルーフタイプの軽ワゴンで、女性の視点を取り入れて開発されました。子どもや高齢者でも楽に乗り降りできること。二つのカメラで衝突被害軽減システムを採用。日差しやプライバシー対策のリヤドアのロールサンシェード等々、安全性と実用性を重視されています。また、スーパーハイトワゴンではトップクラスの低燃費!優しいファミリーカーとして支持されています。
スペーシア X(スズキ)2015年5月モデルのスペック・カタログ[10097397] | goo自動車&バイク (53660)

第8位 ムーヴ(ダイハツ)

軽自動車のコンセプトはやはり低燃費で低価格。「ダイハツ ムーヴ」はベーシックなスモールカーとして、長年多くの人に支持されてきました。軽自動車でありながら上質を追求したシート地やドアトリム、後席は左右分割可能、幅広い用途に利用できる多彩なシートアレンジなど、使い勝手と質の良さの両方を満足できることも人気のようです。
ムーヴ X SAII(ダイハツ)2016年6月モデルのスペック・カタログ[10104527] | goo自動車&バイク (53658)

第7位 ハスラー(スズキ)

「遊べる軽」というキャッチフレーズの「スズキ ハスラー」は、SUVスタイル。大径のタイヤ、オフロード走行を視野に最低地上高を確保するというこだわりで、海や山などのいろいろなレジャー、アウトドアユースに適しています。ポップなデザインは、個性派ユーザーや女性にも大人気。趣味と個性、使い勝手という全てが満足できる車として注目されています。
ハスラー X(スズキ)2015年12月モデルのスペック・カタログ[10100976] | goo自動車&バイク (53664)

第6位 ワゴンR(スズキ)

「スズキ ワゴンR」の特徴は、やはり小さくて扱いやすく、経済性に優れていることです。走行性能は軽自動車のトップレベル。発進、加速のスムーズさ、衝突回避・軽減ブレーキの設定など、ユーザーが求めるコストパフォーマンスにも優れています。注目すべきポイントとして、軽ワゴンではトップクラスの低燃費もその理由でしょう。幅広い層に支持されていますが、ボクシーシルエットは若い男性からの人気も多いようです。
ワゴンR FZ(スズキ)2015年8月モデルのスペック・カタログ[10099091] | goo自動車&バイク (53662)

第5位 ミラ(ダイハツ)

「ダイハツ ミラ」は「スズキ アルト」と並び、低燃費でリーズナブルな価格が魅力的な車です。ハイブリッド車に迫る燃費性能に加え、スマートアシストによる安全性も見逃せません。90度に開くドアや広い車内、しっかり確保された荷室スペースなど、シンプルで機能的な要素に、ロングセラーも納得です。
ミラ TX(ダイハツ)2013年2月モデルのスペック・カタログ[10082332] | goo自動車&バイク (53656)

第4位 アルト(スズキ)

シンプルで使いやすいと定評の「スズキ アルト」は、コストパフォーマンスが良くて経済的、ハイブリッドに迫る低燃費という、理想的な軽自動車です。ロールーフで車体が軽く、ショッピングなど、市街地走行で威力を発揮します。スリップや横滑りを抑えるESPも全車標準装備されました。小回りのきく車体はビジネスユースとしても人気です。
アルト X(スズキ)2014年12月モデルのスペック・カタログ[10094980] | goo自動車&バイク (53668)

第3位 N-WGN(ホンダ)

「ホンダ N-WGN」のオススメは上質感です。シートの形状やドアパネルの造りなど、従来の軽自動車にないこだわりです。また、フロントシートの背面のメッシュポケット、リヤシート下のトレイなど、便利な機能も充実しています。もちろん、自動ブレーキやサイドカーテンエアバッグ、横滑り防止装置などを標準装備し、安全性、経済性が高いのはいうまでもありません。すべてが調和していることが人気の理由でしょう。
N-WGNカスタム G・ターボパッケージ(ホンダ)2016年6月モデルのスペック・カタログ[10104241] | goo自動車&バイク (53666)

第2位 タント(ダイハツ)

「ダイハツ タント」の特徴は、軽自動車では唯一、ミラクルオープンドアを採用していることでしょう。車内にピラーが無いためTVのCMのように、ベビーカーも折りたたまずに積み込みでき、ラッゲジルームは後部シートの使用方法で、多彩なアレンジが可能です。また、危険回避のためのスマートアシストⅡも搭載されています。便利で安全な装備や機能が充実し、使い勝手の良さが、タントのとても大きな魅力となっています。
タント X SAII(ダイハツ)2015年12月モデルのスペック・カタログ[10101147] | goo自動車&バイク (53670)

第1位 N-BOX(ホンダ)

「ホンダ N-BOX」の注目ポイントは、軽自動車でもトップクラスの広い室内空間でしょう。低床フロアのため、子どもや高齢者にとって、乗降りも負担ではありません。また、室内が高く、小さな子どもなら楽に立ったまま着替えができます。電動スライドドアは標準装備で、使い勝手のいい両側スライドドアが採用されています。後席の多彩なシートアレンジによる荷室の使い勝手の良さ、シティブレーキシステムなどの安全性能装備など、ファミリーユーザーの支持が高いのも納得できる車です。
N BOX G・Lパッケージ(ホンダ)2016年8月モデルのスペック・カタログ[10105657] | goo自動車&バイク (53673)

広くて、速くて、安全な軽自動車。運転がしやすくて税金も維持費も安いなんて!これからますます進化を続ける軽自動車には、まだまだ底知れない魅力が隠されているようです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

軽自動車スポーツカーの人気車5選!

軽自動車スポーツカーの人気車5選!

車好きならだれもが一度は乗ってみたいものの、現実的にはなかなか手が出せないのがスポーツカー。日本には価格も維持費も安くて、税制でも優遇される軽自動車があり、限られた規格の中で、独自の工夫を凝らして魅力的な軽自動車スポ-ツカーが登場しています。
goo自動車&バイク | 9,901 views
タント/スペーシア/N-BOXを比較 軽トールワゴン、評価が高いのは?

タント/スペーシア/N-BOXを比較 軽トールワゴン、評価が高いのは?

今や日本の新車販売台数の約4割は軽自動車です。その中でも人気が高いのが”限られた車幅の中で快適な空間を作り出す”という軽自動車の永遠の課題に取り組むトールワゴン型。そんなトールワゴン型最大の売りである使い勝手の良いスペースに注目して、現在人気車種のタント・スペーシア・N-BOXを比較してみたいと思います。
goo自動車&バイク | 2,945 views
新型ラパン/ミラココア 女子に人気の軽自動車を比較 

新型ラパン/ミラココア 女子に人気の軽自動車を比較 

他のクラスに比べると、女性ユーザーの比率が圧倒的に高い軽自動車ですが、ファミリー層をターゲットとした車種がほとんどため、若い女性をターゲットにした車種が登場しました。それが「スズキラパン」と「ダイハツミラココア」です。
goo自動車&バイク | 5,969 views
キャストとハスラーを比較 オフロードに強い軽自動車対決

キャストとハスラーを比較 オフロードに強い軽自動車対決

国内の自動車市場において最も人気のある、軽トールワゴンとクロスオーバーSUVという、最強の組み合わせを採用して大ヒットしたスズキのハスラーと、同様の組み合わせで登場したダイハツのキャストアクティバは、優れた使い勝手と動力性能をも合わせ持ち、ともに大ヒットを記録して軽クロスオーバーSUVの好敵手となっていますが、この2車には、どのような特徴があるのか、その違いを説明していきます。
goo自動車&バイク | 10,748 views
一番安全なメーカーは? メーカー各社の自動ブレーキの特徴を調べてみた

一番安全なメーカーは? メーカー各社の自動ブレーキの特徴を調べてみた

車の安全装備として近年注目を集めているのが、障害物を検知して衝突を回避するシステム「自動ブレーキ機能」。メーカー各社が出している自動ブレーキについて、それぞれの特徴を解説しましょう。
goo自動車&バイク | 21,046 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク