2018年11月8日 更新

初心者向け、軽量・足つきの良い250ccネイキッド・ストリート5選

普通自動二輪免許初心者、リターンライダーにおすすめ、250cc軽量で足つきの良いネイキッド・ストリートバイクをご紹介します。 教習所に通いながらお目当てのバイクを探しに行ったら、思っていたより重かったり、車高が高くて足が届かなかったりどのバイクを買うか悩んでいる方は参考にされてみてください。

1,933 views

初心者におすすめのバイクの条件

goo自動車&バイクでは初心者向けのバイクを度々ご紹介してきましたが、今回は最も乗りやすいおすすめサイズです。初心者向けの要素「軽量・足つきの良いバイク」+「自然な姿勢で運転できるタイプ」そんなバイクを比較的購入しやすい平均約35万円前後を中心とした中古価格帯のおすすめモデルをご紹介していきます。
 (72180)

バイクは真っ直ぐ前へ進んでいる間は安定しており、どういったバイクでもさほど難しさは感じないかもしれません。しかし、駐輪場から押して出したり、狭い街中や交差点の低速走行や小回り、発進・停止の繰り返しなど、教習所で苦しんだ経験が蘇るようなシーンは日常です。
特にバイクの取り回しに慣れていない方、力の弱い女性にとって、大きく重たいバイクは不安感から乗る機会も減ってしまうかもしれません。

そういった不安感が少なくフレンドリーに付き合えるのが250ccです。また、今回ご紹介するネイキッド・ストリートバイクは、バイクに詳しくない人から見てもっともバイクらしい形状をしていますし、またがってみると意識することなくハンドルに手が届く自然な乗り心地であることがわかります。

取り回しも自転車に近いと言ったら言い過ぎかもしれませんが、自然な体勢でできますから、初心者には扱いやすいバイクだと言えます。

また、他の種類のバイクに比べて人気もありますから、中古車が一番数多く出回っているとも言えます。つまり選びやすく手に入れやすいということです。これからバイクに乗ろうとしている方はヘルメットやジャケット、グローブ、ライディングシューズなど関連用品の購入も必要になります。
中古で予算を抑えて、必要な用品も一気に揃えてしまってはいかがでしょう。

カワサキ エストレヤ

 (72116)

一台目のご紹介は「カワサキ エストレヤ」です。

アルファベット表記の「ESTRELLA」はスペイン語で「星」を意味しています。
高速走行を求める人よりものんびり走ることを楽しむ人向けの車種です。

エストレヤが最初に登場したのは1992年でした。 シートは前後分かれたサドルシートで、吸気方式は当時一般的だったキャブレターを採用していました。

現行モデルは2007年にフルモデルチェンジが行われたファイナルエディションです。それ以前の「エストレヤRS」と「エストレヤカスタム」という2本立てのラインナップから1車種になりました。

最大の変更点は、排出ガス規制対応のため、燃料供給方式がキャブレターからインジェクションになったことです。

シートも前後一体型のダブルシートになりました。

現行モデルは2017年に販売され、現在は生産終了となっています。

現行モデルのシート高は735mm、1世代前のエストレヤRSのシート高も735mm、重さは乾燥重量161kgで、万が一倒してしまった場合に女性でも簡単に引き起こすことができます。

カワサキ エストレヤの大きさは全長2,075mm×全高1,055mm×全幅755mmで「ネイキッド・ストリートバイクタイプ」の中ではやや小さく感じます。

重量が軽いこともあり、取り回しはしやすいでしょう。

外観は1950年代の「メグロ」や「BSA」など往年のイギリス車のようなオールドタイプのデザインで、「バイクらしい」ことから初心者にはなかなかの人気です。

中古価格は平均43万円(メーカー希望小売価格は575,640円)です。

ホンダ VTR

 (72179)

続いては「ホンダVTR」です。

1991年から製造販売されたMC25型XELVIS(ゼルビス)からのフルモデルチェンジ車で、開発したときのコンセプトが「常用域における良好な使い勝手と気負わず走る楽しさ」というものでした。

2014年には改良新型が登場し、足つきの良さを重視し、ローダウンした「VTR Type LD」が登場しました。

シート高は755mm、VTR Type LDは740mmとそれほど高くなく、タンクの大きさもそれほど大きくはないので、圧迫感はありません。

シートの厚みは薄く、V型エンジンのおかげで幅もスリムなため、非常に乗りやすく女性にもおすすめしやすいバイクです。

重さは乾燥重量160kg(VTR-Fは163kg)、車両サイズは全長2,080mmx全高1,055mm×全幅720mmで「ネイキッド・ストリートバイクタイプ」と扱いやすいサイズです。

エンジンは水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒エンジンを搭載し、低速域のトルクも良く、高回転までスムーズに吹け上がります。

中古価格は32万円(メーカー希望価格は約62万円)です。たくさん出回っており、お買い得です。

カワサキ バリオス

 (72181)

続いて「カワサキ バリオス」の紹介です。

1991年にクオーター(250cc)ネイキッドスポーツモデルとして登場し、非常に甲高い排気音が特徴で、一部のユーザーからはこの音をF1サウンドと呼ばれ、親しまれています。

250ccとしては、最近の同クラスのバイクよりも走りを重視したハードな乗り心地ですが、ネイキッドで軽量な車体と高いハンドルポジション、またシート高は低く作られているためオートバイ初心者や女性にも扱いやすくなっています。

その後、1997年に2本ショック式リアサスペンションを採用したバリオスⅡへフルモデルチェンジしました。

2007年、排ガス規制の強化により生産中止となりました。

バリオスのシート高は745mm、バリオスⅡも同じ高さで非常に足つきは良く、シートの厚みも薄く、幅もスリムで、乗りやすい車種となっています。

重さは乾燥重量141kgで、車両サイズは、2,005mm × 1,055mm × 730mmで「ネイキッド・ストリートバイクタイプ」の中では小さめといえます。

エンジンには水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒を搭載し、よく回りますし、排気音は甲高いですがそれほどうるさくなく、燃費も申し分ありません。

中古価格の平均は33万円で検討可能なので、気になる方は是非チェックしてみてください。

スズキ バンディット250

 (72192)

お次は「スズキ バンディット250」。

1989年に発売され、純正仕様でセパレートハンドルとバーハンドルをユーザーが選ぶことができるのもセールスポイントでした。
1995年にフルモデルチェンジをしましたが、2000年に生産終了をするまで通算10年以上販売された、ロングセラー車種となりました。

シート高は745mmで、初期型から変更はありません。バンディット250Vや250VZもシート高は同じです。比較的低く足つきの良いバイクです。

乾燥重量144kgでとても軽く、万が一倒れた場合でも女性でも簡単に引き起こすことができます。

車両サイズは、全長2,050mm×全高1,055mm×全幅73mmで「ネイキッド・ストリートバイクタイプ」の中では普通の大きさですが、重量が軽いので、取り回ししやすいです。

エンジンは水冷DOHC4バルブ並列4気筒エンジンを搭載し、低回転よりも高回転を得意としています。低回転のトルクは弱いので始動性は悪いですが、よく回り、よく伸びます。

中古価格も平均で25万円と、検討しやすい価格帯となっています。

スズキ GSX250FX

 (72197)

最後は「スズキ GSX250FX」の紹介です。

車体はカワサキのバリオスⅡと同じ車両で、カワサキとスズキは互いによく車両を提供し合っており、スズキからカワサキへは大型スクーターなどを提供しています。

2007年、排ガス規制の強化により生産中止となりました。

シート高は745mm、シート幅もスリムで、乗りやすく足つきも良いです。

車両重量は乾燥重量151kgと、バンディットと比べると少しだけ重くなりますが、同タイプの車両と比べれば車体は軽く、女性でも扱いやすいでしょう。

車両サイズは、全長2070mm ×全幅735mm×全高1055mmとなっています。

中古価格は平均32万円となっています。

最後に

今回は250ccで初心者の方や、女性の方でも比較的扱いやすいネイキッド・ストリートタイプのバイクを5台絞ってご紹介させて頂きました。

バイク選びの際の参考になれば幸いです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初心者向け、軽量・足つきの良い400ccスポーツバイク5選

初心者向け、軽量・足つきの良い400ccスポーツバイク5選

普通自動二輪免許取得後、人気のスポーツタイプのバイクに乗りたいと思っている人は多いと思います。バイクで一番かっこいいシーンと言えばレースですから、レーサーレプリカに乗ってさっそうと走りたい!と思うのは当然です。では、スポーツタイプのバイクで最初に買うバイクは、どんなものがいいのでしょう。どのバイクを買うか悩んでいる方へ、初心者にもおすすめできるスポーツバイクをご紹介します。
goo自動車&バイク | 4,009 views
初心者向け、軽量・足つきの良い250ccアメリカン6選

初心者向け、軽量・足つきの良い250ccアメリカン6選

普通自動二輪免許を取ったら、アメリカンタイプのバイクに乗りたいと思っている人はとても多いと思います。今や国産のアメリカンタイプが多く販売されるようになり、価格もお手頃になってきたことから、初心者や若者にも人気の車種となっています。今回バイク初心者にも乗りやすい250ccクラスのアメリカンバイクとその中古車価格をご紹介します。
goo自動車&バイク | 3,153 views
初心者向け、軽量・足つきの良い400ccネイキッド・ストリート8選

初心者向け、軽量・足つきの良い400ccネイキッド・ストリート8選

バイク免許を取りたての皆さん、すでに買うバイクは決まっていますか?全く決まっていない方や迷っている方、すでに買うバイクを決めている方にも提案です!無骨でカッコイイデザインが印象的なネイキッドバイクはいかがでしょうか。ネイキッドバイクは種類が多く、その分選択肢が多いのできっとイメージ通りのバイクが見つかると思います。今回はネイキッドバイク、中古車相場をご紹介します!
goo自動車&バイク | 3,512 views
初心者向け、軽量・足つきの良い400ccアメリカン6選

初心者向け、軽量・足つきの良い400ccアメリカン6選

初めて買うバイクで、400ccバイクの購入を考えているならアメリカンを検討してみてはいかがでしょうか。初心者には扱いが難しい?と不安な方もいるかもしれません。しかし、アメリカンにしかない初心者向きの魅力というのもあります。今回は、そうした400ccアメリカンの中でも特におすすめの6車種の魅力をお伝えしようと思います。きっと一度は乗りたくなるでしょう。
goo自動車&バイク | 3,121 views
初心者向け、軽量・足つきの良い250ccスクーター中古バイク8選

初心者向け、軽量・足つきの良い250ccスクーター中古バイク8選

中型二輪免許を取得後、スクータータイプのバイクに乗りたいと思っている人は多いと思います。一番の理由は、オートマチックで楽に運転できることではないでしょうか。最近はホンダのPCX150やヤマハのマジェスティSなど150ccクラスのスクーターが人気で、法律上はこれらのスクーターでも高速道路を走ることが可能です。しかし長距離を走るとなると、やはりパワー不足です。その点も250ccバイクなら比較的楽に高速道路を走ることができます。 こちらの記事ではどのビックスクーターを購入するか悩んでいる方へ、おすすめのバイクをご紹介していきます。
goo自動車&バイク | 4,499 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク