2018年1月3日 更新

トヨタプリウスやホンダ、日産…各メーカーのおすすめPHV車の価格を一挙に比較!

今人気のPHVの価格を比較しました。各社のおすすめPHVと共に、自動車導入事業費補助金の対象車についても紹介。憧れのPHVがお求めやすくなり、グッと身近になっています!

6,438 views

今さら聞けない、そもそも「PHV」って何の略?

PHVとは、「プラグインハイブリッド自動車(Plug-in Hybrid Vehicle)」の略称です。ハイブリッド車というのは、2つ以上の動力で動く車のことで、一般的にはエンジンと電力によるモーターで駆動する車を指します。その中でも、PHVは、家庭用コンセントから直接バッテリーに充電できるのが特徴です。ハイブリッドカーと電気自動車(EV)の中間に位置する車ととらえるとよいでしょう。
thinkstock (67505)
PHVは家庭で充電できる分、より多くのバッテリーを搭載し、より長い走行距離を実現します。ガソリン車と比較すると、1回の燃料補給でより長く走ることができ、またハイブリッド車と比べて電気走行できる距離が長くなっています。また、PHVは静かでクリーンな電気走行で長距離を移動できるため、ハイブリッド車よりさらに高い環境性能を持っているのも、メリットのひとつです。
ただし家庭用のコンセントから充電可能とはいえ、PHV専用の配線とコンセントが必要になるため、工事費がかかる上に集合住宅では充電設備の設置が難しいというデメリットも。また、多くのバッテリーを搭載するので、車内空間、特にラゲッジスペースが狭くなることがあります。価格面でも、例えばプリウスPHVの場合では、ハイブリッド車が242~319万円なのに対し、PHV車は294~321万円とやや割高感があります。

各社おすすめのPHVを紹介

燃費のよさもPHVの大きなメリットです。トヨタのプリウスPHVを例にとると、ハイブリッド燃料消費率は31.6km/L、充電電力使用時走行(EV走行)距離は26.4km/Lとなっています。ガソリン価格の値上がりも気になる今、PHVの燃費のよさは車選びの大きなポイントのひとつになりそうですね。
各社のPHV車の価格を比較してみましょう。

トヨタのPHV

・プリウスPHV-S/326万円
・プリウスPHV-Sナビパッケージ/366万円
・プリウスPHV-S GR SPORT/371万円

ホンダのPHV

インサイトPHV/330万円~

三菱のPHV

アウトランダーPHEV/365~478万円

その他のPHV

・メルセデスベンツS500/1600万円~
・メルセデスベンツC350eアバンギャルド/700万円~
・BMWi8/2000万円~
・BMW X5 xDrive 40e/971万円
・フォルクスワーゲン ゴルフGTE PHEV/469万円
次に、各社おすすめのPHV車をご紹介します。

トヨタ・プリウスPHV

2017年のフルモデルチェンジにより、環境性能を大幅に進化、電気自動車(EV)ならではの力強くスムーズな走りを実現したのが、新型プリウスPHVです。ラインナップには、「S」「Sナビパッケージ」「A」「Aレザーパッケージ」「Aプレミアム」の5つのグレードが設定されています。ハイブリッドシステムには「1.8Lリダクション機構付THS Ⅱ Plug-in」を搭載。大容量リチウムイオン電池の導入、プラグインハイブリッドシステムの効率化により、EV走行距離は68.2km、EV走行最高速度も135km/hと、電気のみで走行可能な領域を拡大しました。また、充電した電気が切れてもハイブリッド車として37.2km/Lの低燃費を実現しています。さらに注目すべき点は、量産車では世界初の「ソーラー充電システム」を採用していることでしょう。太陽光の自然エネルギーを駐車時は駆動用バッテリーに供給し、最大約6.1km/日の走行分の電力量を充電することができます。
エクステリアでは、透明アクリル樹脂を採用した大型グリル「4眼LEDヘッドランプ」がシャープな顔つきで先進感を表現。バックドアガラスに採用したダブルバブルウインドウ、赤いラインで繋いだハイマウントストップランプとリヤコンビネーションランプなどと共に、プリウスならではの個性溢れるデザインが魅力的です。
 (67470)

ホンダ・インサイトPHV

ホンダのハイブリッドカー、インサイトは、1996~2006年まで販売していた初代モデルと、2009~2014年に販売されていた2代目モデルがありますが、実はこのインサイトがフルモデルチェンジして復活すると見られています。2018年に復活予定の新型インサイトには、新たにPHVモデル「インサイトPHV」がラインナップされるとのこと。ホンダファンにとっても嬉しい復活になりそうですね。詳しいデザインについてはまだ公表されていませんが、ホンダグレイスをベースにしているらしいこと、車長が延長され、居住空間が広くなっていると予想されています。また、エンジンを発電機の動力としてのみ使用し、モーターだけで走るシリーズ方式か、低速域でモーター/高速域でエンジンというように、駆動力を分けて使用するシリーズ・パラレル方式のいずれかが採用されるのではないかと見られています。搭載されるリチウムイオン電池は約100個。総電力量10.0kWhを蓄電可能で、EV走行距離でトヨタのプリウスPHVを超えると予想されています。価格では、インサイトより100万円ほど高い330~400万円という価格になると見られているようです。
thinkstock (67514)

三菱・アウトランダーPHEV

EV派生型のプラグインハイブリッドEVシステムを搭載した、新型アウトランダーPHEVは、三菱が誇る画期的な「自分で発電する電気自動車」として知られ、SUVタイプとして世界初のハイブリッド車でもあります。EVの環境性能や静粛性といったメリットに、4WDによる走行安定性、SUVならではの充実したユーテリティを融合。デイリーユースでは環境に優しいEV走行、遠出はモーター主体のハイブリッド走行、ツインモーター4WDによる走行性能が得られるのが特徴です。2L直列4気筒ガソリンエンジンを搭載し、シリーズ走行モードでは発電専用として、パラレル走行モードでは主に駆動用として利用されています。エクステリアは、PHEV専用のフロントアッパー、ミッドグリル、LEDリヤコンビネーションランプを採用。バンパー、ボディ下部をボディカラーと同一化し、都会的でスタイリッシュなイメージを演出しています。欧州車を思わせるデザイン、キリリとシャープなフロントマスクがカッコいいと好評です。
 (67472)

日産・エクストレイルPHV

日産では、2016年、三菱のPHV技術を取り入れた新型エクストレイルPHVを発表しました。ガソリンエンジンは、発電・動力性能を向上したPHEV専用エンジンを搭載。次世代大容量バッテリーの採用により、EV走行モード最大航続距離は120km、ハイブリッドモードの航続距離は最大1200km以上となっています。
thinkstock (67515)

メルセデスベンツ他のPHV

外国車は価格面でかなり高価になりますが、憧れのベンツやBMWのPHVについても押さえておきましょう。
 (67500)

メルセデスベンツは、2014年より、初のPHV「S550プラグインハイブリッドロング」の受注を開始しています。上位クラスのSクラスがベースとなっており、価格は1590万円です。リチウムバッテリーの充電時間は約4時間、モーターのみの航続距離は33kmで、走行スタイルに合わせて、電気モーターのみで走行する「E-モード」など4つのモードが選べるようになっています。また、バッテリーを搭載しながらもトランクの容量は、PHVの輸入車で最大の365Lを確保しています。
 (67517)

BMWでは、中核を担うモデルである3シリーズセダンに、PHVモデルを追加しました。新世代の直列4気筒エンジンと高出力電気モーターを搭載。パワー、加速性能ともに大幅に向上し、約40kmのゼロ・エミッション走行が可能です。また、価格設定でも、プレミアムセダンで唯一、500万円台で選択できるPHVモデルという位置づけにあります。
 (67518)

フォルクスワーゲンは、2015年に、日本初投入となるPHVモデル「ゴルフGTE」を発売開始しました。110kw/250Nmを発生する1.4L TSIエンジンと、80kw/330Nmの電気モーターを組み合わせたドライブユニット、トランスミッションにはPHV向けに開発された6速DSGを搭載しています。また、外部から充電可能なエネルギー容量8.7kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載されています。最大の特徴は、「E」「HV」「GTE」という3つの走行モードを備えていること。Eモードでは電気モーターの駆動力で走行可能。HVモードでは制動や減速時にエネルギー回生によるバッテリーの再充電を行い、エンジンと電気モーターを適切に駆動させることができます。さらにGTEモードでは、TSIエンジンと電気モーターが同時に最大パワーを発生するスポーティなモードへ変わります。価格は499万円です。

自動車導入事業費補助金の利用でPHVがより身近に!

ガソリン車に比べ車体価格が高いPHVですが、その価格差を縮めるために国や自治体では補助金の交付や税金優遇制度を設けています。購入車両ごとに支給する補助金額を設定し、車両本体価格から国の補助金や自治体の補助金を差し引いた金額が購入時の負担額となります。補助金の対象車、算出方法は以下の通りです。

電気自動車

補助金額は、一充電走行距離に応じて算出されます。
(一充電走行距離当たりの補助単価千円/km×一充電走行距離)×補助率=補助金額

PHV自動車

補助金額は、一律20万円です。
※EV走行換算距離が30km以上の車両限定。

燃料電池自動車、クリーンディーゼル自動車

補助金額は、クリーンエネルギー自動車の価格と同種・同格のガソリン車の価格との差額を基準に算定されます。
(車両本体価格-基準額)×補助率=補助金額
補助金の申請方法、具体的な車種・グレードごとの補助金額は、次世代自動車振興センターのホームページで確認しましょう。なお、補助金を受けた車両は、一定期間(3年もしくは4年)保有することが義務付けられています。定められた期間内に売却などの処分をする場合は、届出が必要となり、補助金の一部返納が発生するので、注意が必要です。

まとめ

次世代を担うエコカーPHVは、環境性能や経済性などの面からもますます注目されていくと思われます。価格面が気になるという人も、国や自治体の補助金制度をうまく利用すれば、手が届かないことはありません。各社でもPHVの開発に取り組んでいるので、これからエコカーの購入を予定している人にとっても、楽しみですね。
(マジョリティ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

街乗りにも、アウトドアにも!スバル「XV」の特徴と中古価格

街乗りにも、アウトドアにも!スバル「XV」の特徴と中古価格

SUVを探しているなら、スバルの「XV」はいかがでしょうか。XVは同じくスバルからリリースされている名車「インプレッサ」のクロスカントリーSUVバージョンの車です。XVならば街乗りもアウトドアも問題なくこなせる性能を持っており、しかもインプレッサから連なるかっこよさも健在です。きっと、あなたのお気に入りの一台になってくれるでしょう。今回はスバルのXVの性能とその魅力について解説します。
goo自動車&バイク | 2,155 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク