2018年4月5日 更新

これで解決!エンジンのかけ始めやアクセル時のキュルキュル音

車からキュルキュル音が聞こえる?それはファンベルトが原因かもしれません。エンジンのかけ始めやアクセルを踏んだとき、エアコンを入れた瞬間にキュルキュル鳴る異音の原因を調べました。キュルキュル音が気になる人は必見です!

11,251 views

気になるキュルキュル音の正体はファンベルト?

エンジンをかけたときや走行中に、エンジンルームあたりからキュルキュルという異常な音がして、びっくりしたことはありませんか?このキュルキュル音、じつは音の問題だけではなく、何かしらの不具合を起こす原因にもなります。そこで、キュルキュル音の正体、そして原因は何なのか、詳しく説明してきたいと思います。
走行中のキュルキュル音は、エンジンに付いているファンベルトやパワステベルトなどから発生していることが多いようです。これらは補器ベルトといい、オルタネーターと呼ばれる発電機を回転させたり、エアコンのコンプレッサーなどを回転させたりしています。この補器ベルトが劣化すると、エンジンが回転するときに滑ってしまい、キュルキュルと音を立ててしまうのです。
gettyimages (68080)
その原因のひとつが、ゴムの経年劣化です。長く使い続けたベルトは、プーリーとの摩擦で摩耗したり、摩擦熱やエンジンからの熱によって、ゴムが硬化したりしていきます。新品の時は十分弾力性があるので、プーリーとの摩擦も保たれ滑りませんが、硬くなれば摩擦力も低下し、滑りやすくなります。そのためキュルキュルいう音が出ます。
2つめの原因は、ベルトの張力不足。プーリーにかけられたベルトが緩み、張力が落ちて滑りやすくなっています。これもゴムの伸びや摩耗などの劣化が原因といえます。そして、新品のベルトであっても、十分な張りを持たせていなければ滑ってしまいます
原因の3つめとして考えられるのは、ベルトではなく、つながった補器類の不具合です。プーリーやテンショナーが錆びていると、それらと接触したベルトとの間でキュルキュル音が発生することがあります。
いずれの原因も、ある程度年数を経過した車であれば出てきてもおかしくない症状です。しかし、そのまま放っておくのはよくありません。走行中の異音が気になって、ドライブを楽しむどころではないですよね。そしてもっと怖いのは、放置していたためにベルトが切れてしまったり、各系統機関に動力を伝えることができなくなったりすることです。
thinkstock (68081)
例えばエアコンのベルトが切れればエアコンが使えなくなります。最も怖いケースは、発電機系統をつなぐベルトが切れた、外れてしまった場合です。電子系統が全部ストップしてしまいます。つまり、車が動かなくなってしまうのです。万が一、走行中にベルトが切れたりしたら、事故につながりかねません。それが高速道路走行中であった場合は、本当に命の危険も伴います。もし、キュルキュル音が続いたら、早急に適切な対処をすることが大事です。

キュルキュル音が聞こえたらどうする?

キュルキュル音は、いわば車からのSOSサインです。経年劣化や摩耗によるものは、ベルト交換のサインと考えてよいでしょう。すぐ壊れるわけではないから、まだ普通に走れているからとそのまま放置していたら?補器ベルトが切れる可能性が高いと思ってください。すぐにエンジンが止まるわけではありませんが、切れたベルトが他の部分に絡まるなどして、大きなダメージを与えることもあります。パワステが急に利かなくなり、ハンドルが重くなることも。大きなトラブルが発生する前に、できることをやっておきましょう。

運転中にできる対策

運転中にキュルキュル音が発生したときは、車を止めて確認することが必要ですが、高速道路上などすぐに止めることができないときは、応急処置を覚えておきましょう。エアコンのa/cボタンを押して、エアコンのコンプレッサーを止めるという方法です。ベルトにかかる負荷が小さくなり、ベルトがスリップするのを防ぐことができる場合があります。

ベルトの張りを確認、調整する

istockphoto (68082)
安全なところに車を止めたら、エンジンを止めた状態でエンジンルームを開けて、ベルトを確認します。ベルトを指で押したとき、1~3mm程度たわむのが正常が状態ですが、1cm以上もたわむようなら張り不足です。適切な張りになるよう、固定ボルトで締めなければなりません。

ベルトスプレーで鳴きを止める

ベルトに異常がなさそうであれば、ベルトの鳴き止めスプレーを使用して、一時的にキュルキュル音を止めることができます。ただし、劣化がひどい場合は音を止めることができない場合もあります。また、鳴き止めスプレーはあくまでも応急処置です。劣化したベルトを修理するものではないので、早めにベルト交換をしましょう。

ベルト交換

キュルキュル音が鳴っているということは、ベルトが劣化している証拠です。応急処置を行った後は、早めにベルトを交換しましょう。自分でチェックできなければ、車を購入したディーラーや整備工場などで見てもらってください。チェックだけなら無料でやってもらえます。プロの判断により交換をすすめられたら、交換作業もお願いしましょう。気になる交換費用は、普通自動車で、ファンベルトが7000円~1万円、交換工賃が3000円~5000円というのが目安です。作業時間は1時間ほどで終わることもありますが、あらかじめ予約して行くとよいでしょう。

まとめ

thinkstock (68083)
キュルキュル音の正体と対策について説明してきましたが、今乗っている愛車は大丈夫ですか?ゴムベルト類の交換目安は、走行距離で3~5万km程度と言われています。消耗品ですから、時期がくれば交換が必要です。走行中にエンジンが停止するなどというトラブルに遭遇しないためにも、普段からの点検、消耗品の早めの交換はしっかりしておきましょう。こうした心がけひとつで安全に、ドライブを楽しむことができるのです。
(マジョリティ)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

30代の独身男性にチェックしてもらいたい おすすめ中古車5選!

30代の独身男性にチェックしてもらいたい おすすめ中古車5選!

こちらの記事では30代”独身”の男性に是非ともチェックしてもらいたい車種を独断と偏見により5台ピックアップさせていただき、それぞれの中古車情報と合わせて紹介します。年式が古いから安く買える、スライドドアが無いと、等を気にせずに独身ならでは可能な車選びという観点で紹介します。
goo自動車&バイク | 4,264 views
維持費も安い?5ナンバーサイズのおすすめ中古車 7選!

維持費も安い?5ナンバーサイズのおすすめ中古車 7選!

コンパクトで走行や駐車がしやすい、燃費がいいなどの理由から日本では広く普及している5ナンバー。「5ナンバーだけでも種類が多すぎてどう選べばいいのか分からない…」という人も多いと思います。そこで今回は、5ナンバーと3ナンバーの違いから、おすすめの5ナンバー車種の中古車情報をボディタイプ別にご紹介します。
goo自動車&バイク | 7,933 views
独身男性にチェックして欲しいおすすめ車種5選&中古車情報【20代編】

独身男性にチェックして欲しいおすすめ車種5選&中古車情報【20代編】

18歳で運転免許を取得してはや数年。運転にも慣れて、そろそろ欲しかったあの車に乗り換えようかと考える。結婚はまだしていなくて、自分の趣味でクルマを選べる。多くの人に取って、20代はそんな時期ではないでしょうか?今回は20代独身男性に是非ともチェックして欲しいおすすめ車種をご紹介していきます。
goo自動車&バイク | 5,729 views
20代女性編集員がチョイス!中古でもチェックすべきかっこいい車3選!

20代女性編集員がチョイス!中古でもチェックすべきかっこいい車3選!

女性自身が欲しい車種を考える場合、経済性や安全性、かわいいデザイン等をクルマに求めてしまいがちですが、今回は、女性が見てもかっこいい!と思えるクルマを女性編集員(20代)に選んでもらい掲載をしています。5年、10年たってもそのカッコよさが色あせない、中古であってもチェックすべき名車種を紹介いたします。
goo自動車&バイク | 3,260 views
ファミリーにおすすめしたい!一台ですべてを賄える中古車3選!

ファミリーにおすすめしたい!一台ですべてを賄える中古車3選!

2017年7月に発売されたMINI クロスオーバー は「これ一台ですべて賄えるMINI」だそうです。3ドアのMINIですべての要求に答えるのは無理がありますが、MINI クロスオーバーなら、MINIらしさを堪能でき、実用性もあります。それでは、MINI以外で「一台ですべてを賄えるクルマ」とはどのようなクルマになるのでしょうか?
goo自動車&バイク | 5,322 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク