2019年8月19日 更新

【2019年上半期】低燃費車ランキング【e燃費調査!】

エコに大きな関心を集めている昨今、環境に優しい低燃費の車の人気は増しています。ハイブリッドカーだけでなく、第2のエコカーとも言われている軽自動車も低燃費の車として知られています。この記事では、2019年上半期に販売されている低燃費車をランキング形式でご紹介しましょう。

16,276 views

低燃費車の特徴とは?

 (78604)
近年はエコカーのブームの時流に沿って低燃費車は人気です。低燃費車も種類がありますが、大きく分けると3つに分けられます。

・ハイブリッドカー
・電気自動車
・低燃費のガソリン車

ハイブリッドカーや電気自動車は、低燃費車として一般的です。電気自動車は排気ガスを全く出しませんし、ハイブリッドカーはモーターによるアシストで効率よく走れます。

さらに最近では第3のエコカーとして、低燃費の軽自動車なども人気があります。低燃費なのでエコロジーなだけでなく、エコノミーな車です。従来は損失していたエネルギーも活用できることで、第3のエコカーとして一般的になっています。

2019年上半期低燃費車ランキング

 (78603)
ここでは、2019年上半期に発売されている車の中から、低燃費車のランキングを紹介します。燃費のよい車の特徴をランキング形式で解説しましょう。

2018年12月のe燃費アワードから半年が経過しましたが、どのような変化があったのか見ていきましょう。

7位 トヨタ カローラスポーツ

【2019年上半期】低燃費車ランキング【e燃費調査!】
昨年5位にランクインしていたカローラスポーツは、7位にランクダウン。トヨタはカローラランクス以後は、カローラという名前が付くハッチバックは販売していませんでした。2006年から2018年まではオーリスが存在していましたが、2018年に待望のスポーツハッチバックが誕生します。

トヨタの定番車種であるカローラでも、スポーティな走りを実現しているモデル。しかし3つあるグレードにはそれぞれハイブリッドが設定されており、JC08燃費は25.6km/Lから34.2km/Lです。実燃費も、21km/Lから24km/Lと燃費のよさが魅力のモデル。

6位 トヨタ カローラフィールダー

【2019年上半期】低燃費車ランキング【e燃費調査!】
トヨタのベストセラーカーであるカローラのステーションワゴンモデルが、「カローラフィールダー」です。商用車をベースとはせずに、落ち着いたデザインと優れた走行性能、また実用性の高さを誇るエコカーです。JC08燃費は33.8km/Lになります。

2012年から発売されている3代目は、2017年にマイナーチェンジを行い、よりスタイリッシュになりました。クルーズコントロールも装着されており、高速道路を多用される方にうれしい装備が装着されています。

5位 トヨタ アクア

【2019年上半期】低燃費車ランキング【e燃費調査!】
2011年から発売されている5ナンバーサイズのトヨタのハイブリッドカー。こちらの車種も昨年の3位からのランクダウンです。日本の道路事情にもぴったりのコンパクトサイズのボディに、ハイブリッドシステムを搭載し、JC08燃費は最高で38.0km/Lにもなります。

実燃費では平均23.7km/Lとなっており、コンパクトサイズならばではの燃費を誇ります。街内を走行するのであれば、細い道路が多いシーンで取り回しの良さが光るモデルです。2019年中にモデルチェンジが予想されている注目のモデル。

4位 ダイハツ ミライース

【2019年上半期】低燃費車ランキング【e燃費調査!】
ダイハツの軽自動車のエントリークラスになるモデル。第3のエコカーというコンセプトの元に開発された低燃費車です。車両構造の見直しやエンジンの圧縮比の向上などで、低燃費で低コストを実現しました。

ミラシリーズの販売台数を伸ばすきっかけとなったモデルで、軽自動車のでトップクラスの販売台数も誇りました。JC08燃費は最高で35.2km/Lとなっており、実燃費でも平均26.5km/Lと非常によい燃費です。

3位 ホンダ インサイト

【2019年上半期】低燃費車ランキング【e燃費調査!】
現行モデルは2018年12月から発売されており、ホンダ独自のハイブリッドシステムである「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載しているモデル。販売開始されてから、早速のランクインです。シックでスタイリッシュなセダンですが、非常に優れた走行性能があります。


しっかりとした加速感は、静かなガソリン車のようで違和感がありません。大人向けのセダンとして違和感がないモデルです。JC08燃費は最高で34.2km/Lで、実燃費の平均でも25km/Lほど走る低燃費車です。

2位 トヨタ プリウス

【2019年上半期】低燃費車ランキング【e燃費調査!】
言わずと知れたトヨタのハイブリッドカー。現行モデルは4代目になっており、TNGAを採用しているので、車高が低く安定して走行できます。ハイブリッドシステムを小型化し、低損失化することで、JC08燃費を40.8km/Lにもしています。実燃費でもおよそ26km/Lと低燃費を実現。

ハイブリッドシステムを搭載した、世界初の量産車ということもあり、燃費の良さではトップのモデル。静寂性にも優れているモデルですので、静かに走行することができます。自転車や歩行者が接近していることに気付かないほどの静かさです。

1位 トヨタ ヴィッツ

【2019年上半期】低燃費車ランキング【e燃費調査!】
トヨタの主力コンパクトカーであるヴィッツは、現行モデルが3代目となります。販売価格が安いガソリン車だけでなく、2017年にはハイブリッドモデルも追加されます。コンパクトなボディながらも、後席にも十分なスペースがあることから、人気のモデルとなりました。

デザインもスタイリッシュになっており、高い走行性能も魅力。低負荷時にはモーターのみで走行も可能で、静寂性もよいモデルです。JC08燃費は34.4㎞/Lですが、実燃費の平均は26km/Lと非常に高い燃費性能となっています。

低燃費の車で楽しくドライブしよう!

 (78605)
e燃費で公開されていたデータを元にして、実燃費のランキングを紹介しました。並べてみると、昨年から新車種も発売されたこともあり、ランキングに入っている車種に変化が生じています。

車選びをする時には、低燃費のモデルも視野に入ることでしょう。環境によい低燃費の車は、お財布に優しい車でもあります。低燃費の車であれば、ガソリン代も気にしなくてもよいので週末のドライブも楽しくなるでしょう。ぜひ車選びの参考にしてみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

若者の車への意識調査は?【若者におすすめな車もご紹介】

若者の車への意識調査は?【若者におすすめな車もご紹介】

若者の車への意識は昔と比べると変わってきているとされています。車離れが進んでいると言われているものの、実際のアンケート結果を見るとどのような意識を持っているのでしょうか?この記事では、2019年の意識調査から車離れについて考察します。
goo自動車&バイク | 3,713 views
【Vストローム250/650/1000】リターンライダーにもおすすめアドベンチャー!排気量別のポイントを徹底解説!

【Vストローム250/650/1000】リターンライダーにもおすすめアドベンチャー!排気量別のポイントを徹底解説!

スズキのアドベンチャージャンルのVストロームは、排気量のラインナップも豊富な注目のモデル。若者からリターンライダーまで、年代を選ばずにアウトドアやツーリングにぴったりのモデルとして注目です。この記事では、排気量別の特徴を細かく見ていきましょう。
goo自動車&バイク | 4,155 views
ドライブシーズンの秋ちょっとまった!過酷な夏を乗り越えて頑張ってくれた”あなたの車”疲れていませんか?

ドライブシーズンの秋ちょっとまった!過酷な夏を乗り越えて頑張ってくれた”あなたの車”疲れていませんか?

秋になると気候も良くなり、車でドライブに出かけたくなります。しかし夏休みの旅行などで酷使した愛車は、ちょっぴり疲れている可能性もあるでしょう。秋のドライブシーズンが到来する前に、メンテナンスをして気持ちよく出かけるためのポイントをご紹介します。
goo自動車&バイク | 987 views
【検証】9月と10月で購入時期がちがうとこんなに違う!?

【検証】9月と10月で購入時期がちがうとこんなに違う!?

消費税が増税になるにあたり、車を購入する際の税金の増加を気にされている方も多いでしょう。というのも、消費税の増税に際して、課税される税金の種類や税率が異なるからです。この記事では、10月以降に車を購入すると税金がどのように変更されるのか、詳しく解説します。
goo自動車&バイク | 16,446 views
【旧モデルが買い時!?】N-BOXモデルチェンジは?

【旧モデルが買い時!?】N-BOXモデルチェンジは?

軽自動車でも、広い車内と使いやすい装備で人気のN-BOX。軽自動車の販売台数でもトップにも立っている人気モデル、まことしやかにマイナーチェンジの情報が入ってきています。この記事ではN-BOXのこれまでのモデルチェンジの歴史や変更内容、さらに中古価格についても解説していきます。
goo自動車&バイク | 9,455 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク