2019年4月26日 更新

立体駐車場の車高制限を詳しく解説【高さの平均は?】

都市部になるほど駐車場は、立体式の駐車場が多くなります。しかし、立体駐車場になると車高制限が気になるものです。オーバーサイズによって駐車することができないとなると、駐車場探しに一苦労します。そこで、立体駐車場の高さ制限について事前に知っておき、愛車が立体駐車場を利用できるのか知っておきましょう。

3,680 views

立体駐車場とは

 (75190)
立体駐車場とは機械仕掛けになっている駐車場で、エレベーターなどを用いて立体的に車を格納します。立体駐車場であれば、狭い土地でも縦にスペースを確保することができるため、多くの車を収容できるようになります。そのため、都市部などの駐車スペースを確保できないような場所では立体駐車場が多く見かけられるのです。

立体駐車場には大きく分けると2つの種類があり、「自走式駐車場」と「機械式駐車場」です。
自走式駐車場は大型デパートなどでよく見られる駐車場で、自分で車を走行させて駐車をします。スロープ式の登り坂になっており、坂を上がることで階層を上がることができます。
一方で、機械式駐車場は機械によって所定の位置に収容される仕組みです。

立体駐車場の高さ制限はどのくらい?

 (75191)
立体駐車場の場合、屋外の駐車場とは違って建物内に駐車するため、高さの制限があります。そのため、愛車の車高によっては利用することができません。もし知らずに利用しようとすると、天井を擦ることになってしまい修理しなくてはいけなくなります。愛車を守るためにも、高さ制限の平均を知っておきましょう。

基準値は設定されていない

今ではあちこちで見かけることができる立体駐車場ですが、高さ制限には基準値が設定されていません。厳しい法律で決められているのではないかと考える人も多いかもしれませんが、特に規定はないので駐車場が高さを決めて作ることができるのです。しかし、駐車場タイプ毎に高さ制限の平均が違うので注意が必要です。

平均的な高さ『自走式』

自走式の立体駐車場の高さ制限の平均値は、『2~2.5m』です。この高さであれば、一般的な自家用車とされる車が全く問題なく利用することができます。大型のミニバンでも十分に高さに余裕を持って利用することができる高さです。大型車や中型トラックなどでなければ、大半の車は問題ないでしょう。

比較的高さを気にすることなく利用しやすい自走式ですが、古い年代に作られた自走式駐車場の場合は平均値よりも低い可能性があります。その場合は2m以下となり、1.5mというケースもあり得ます。そうすると、車高の高い車は利用が難しいですし、軽自動車やSUVなども利用できない場合があるので注意が必要です。

平均的な高さ『機械式』

機械式の立体駐車場は、自走式よりも高さの制限が厳しくなっています。機械式の高さ制限の平均値は、『1.55m』です。この高さの場合、コンパクトカーであってもミニバンやキューブといった高さのあるタイプは利用が難しい場合が多いでしょう。
軽自動車であっても、最近は車高が高い傾向にあるため利用できない可能性があります。
利用できる車タイプは、車高が低いセダンやデミオといったコンパクトカーになるでしょう。
ただし、使用されている装置によっては高さ制限が2mの場合もあります。

高さだけではなく幅にも注意!

 (75192)
運転をしていると横幅には注意を払っていても、高さまでは気を遣っていないことが多いものです。立体駐車場で制限に気付かずに利用してしまい、ギリギリの高さであれば天井に当たることはありません。

しかし、車高が制限を超えていれば天井と接触してしまい、車も傷つきますし、立体駐車場にも損害を与えることになります。車の修理代だけではなく、立体駐車場から損害賠償を請求されるということにも成り兼ねません。

もし制限に気付かずに利用するとどうなる?

立体駐車場の車高制限を詳しく解説【高さの平均は?】
自走式の場合は、高さ制限さえ注意していれば駐車スペースに合わせて駐車するだけです。しかし、機械式の場合には高さ制限だけではなく『車幅制限』もあります。

エレベーターのようになっている機械に乗せて車を格納するため、車幅に収まる車でなければなりません。

車幅制限の平均値は、『1.85m』になります。

このサイズは、普通車でもギリギリの幅になる可能性がある幅です。クラウンで車幅が1.8mになるので本当にギリギリになりますし、それよりも大きな車幅の車はぶつかってしまいます。つまり、高さをクリアしていても幅で制限に引っかかる可能性があるので注意しなくてはいけません。

まとめ

立体駐車場の車高制限を詳しく解説【高さの平均は?】
立体駐車場の高さ制限の平均値を紹介してきましたが、立体駐車場を利用する際には必ず高さ制限や車幅制限を確認しましょう。ゲート付近には必ず高さなどに関する制限が記載されています。

まず、自身の車の車高や幅について知っておくことが大切です。大切な車を大事に乗車するためには、自身の車のサイズを把握して、駐車場利用の際にも十分に注意を払いましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

駐車場で注目の的!?火山灰やPM2.5から車体を保護するボディカバー

駐車場で注目の的!?火山灰やPM2.5から車体を保護するボディカバー

「カークーン」というワードを聞いたことがありますか?カークーンとは、車をすっぽり覆うボディカバーのこと。しかし、ただのボディカバーではありません。保護に特化した特殊なボディカバーです。そんなカークーンについてご紹介しましょう。
goo自動車&バイク | 4,629 views
Suica、nanaco…利用率が最も高いICカードは?ICカードに関する意識調査

Suica、nanaco…利用率が最も高いICカードは?ICカードに関する意識調査

皆さんはICカードをお持ちですか?交通機関やお買い物、ATMの利用と、今や色々な場所で使えるICカードが存在します。そんなICカードについてのアンケート調査をご紹介しましょう。
goo自動車&バイク | 4,571 views
時間貸し駐車場を選ぶなら、目的地まで5分以内 探すときは2人に1人が“現地で目視”

時間貸し駐車場を選ぶなら、目的地まで5分以内 探すときは2人に1人が“現地で目視”

マイカーでレジャーなどに出かけた際、お店に駐車場が無い場合はいわゆる「時間貸し駐車場」を利用しますね。そんな時間貸し駐車場の利用についてのアンケートで、興味深い結果が報告されました。早速ご紹介しましょう。
goo自動車&バイク | 909 views
東京ディズニーランド・ディズニーシー駐車場攻略法!時間・料金・混雑状況をチェック

東京ディズニーランド・ディズニーシー駐車場攻略法!時間・料金・混雑状況をチェック

ディズニーリゾート(東京ディズニーランド・ディズニーシー)が大混雑する日は、当然駐車場も混雑します。車を止められないということはほとんどないようですが、臨時駐車場などになると入り口までかなり歩くことに。東京ディズニーランドとディズニーシーの駐車場の料金や混雑状況、混雑する時間などからみた攻略法をご紹介します。
goo自動車&バイク | 10,931 views
USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)駐車場を攻略 近隣の駐車場とどっちが安い?

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)駐車場を攻略 近隣の駐車場とどっちが安い?

大阪の観光スポットの中でも絶大な人気を誇る「USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)」。レジャー施設にはゆっくりと自家用車で行きたいものですが、駐車場代がかかってしまいます。そのため、今回はUSJに停めた方がいいのか、近隣の駐車場に停めた方がいいのか考察してみました。
goo自動車&バイク | 1,522 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク