2018年2月3日 更新

SUVハイブリッド人気5選!4WDで実燃費のいいSUVもご紹介

アウトドアレジャーにもってこいの車といえばSUV車です。さらに今ではハイブリッド車が人気の的。そこでトヨタや日産、スバル他、各社から燃費のいい4WDをご紹介。また快適性、室内空間などあらゆる面から、おすすめSUVを徹底検証します!

17,119 views

走行性能と環境性能を兼ね備えたハイブリッドSUVの魅力とは?

SUVと言えば、一般的にタイヤが大きく車高が高いというイメージがあるのではないでしょうか。タイヤが大きく地面から離れているので、デコボコの多い悪路や雪道でもスイスイ走ってくれます。また大きな荷物がたくさん積めるので、キャンプやスキーにも最適。まさにアウトドア派のための車と言っても過言ではありません。最近では、いかにもSUVといった無骨な見た目だけではなく、オシャレな多目的スポーツ車と言えるようなデザインも増えてきて、街乗りがメインの若者や女性をターゲットとしたSUVも多くなってきました。
istockphoto (67606)
そんな力強い走行性能を備えたSUVに、優れた環境性能、エコ技術を取り入れたのが、今最も注目を集めているハイブリッドSUV車です。ハイブリッドといえばプリウスに代表されるように、ハイブリッド専用のモデルを思い浮かべる人も多いと思いますが、今や様々な車にハイブリッドが導入されています。時代と共に、モーターやバッテリーの小型化も進み、専用にデザインした車でなくても搭載できるようになりました。そしてSUVにもハイブリッドカーが登場。低燃費や静粛性という優れた性能を備えたSUVとなれば、これからもますます人気が高まっていくことは間違いないでしょう。

4WDモデルのあるおすすめハイブリッドSUV車5選!

人気のハイブリッドSUV、ここでは4WDモデルのあるおすすめ車種を紹介します。

〈ヴェゼルハイブリッド/ホンダ〉

SUVでも人気抜群のヴェゼルハイブリッド。コンパクトカーのフィットをベースに開発されたモデルで、新たなクロスオーバーSUVとして不動の人気を獲得しています。コンパクトサイズで視界も高く、運転しやすいモデルです。重心が低いので安定した走行ができるのも、幅広い人気の理由でしょう。燃料タンクを前席下に設置することにより、荷室がより広く使えるようになっています。ライトまわりや室内のインテリアも、ガソリン車より高級感ある仕上がりに。また、先進の安全装備「ホンダセンシング」を搭載。燃費は21.6~27.0km/L(JC08モード)となっています。
ヴェゼル ハイブリッド(ホンダ)2016年2月モデルのスペック・カタログ[10102561] | goo自動車&バイク (67540)

〈エクストレイルハイブリッド/日産〉

安定した走行性能と、モーターを併用した駆動力も高いSUVです。スムーズな走りとパワフルな走行性能が魅力。4WDには電子制御で前後輪に最適な駆動力を配分する機能が付いており、雪道など滑りやすい路面もコンピュータにより安定した走行ができるのが特長です。また、後席を含め居住性や乗降性にも優れている他、広い収納スペースや使い勝手のよさもあり、ファミリー層にも好評。防水加工されたシートが装備されているので、濡れたまま乗り込んでも大丈夫とアウトドア派におすすめの一台と言えるでしょう。気になる燃費は、20.0km/L(JC08モード)となっています。
 (67543)

〈ハリアーハイブリッド/トヨタ〉

上級SUVの先駆けである高級感のあるハリアーのスタイリッシュなイメージを引き継いだのがハリアーハイブリッドです。居住性に優れ乗り心地も抜群。低燃費で小回りがきくのも特長のひとつです。静音性に優れたラグジュアリー空間は、長時間のドライブでもゆったり過ごせます。動力性能が高く、足回りも柔軟なので、スポーティかつ快適な走りを楽しめるでしょう。燃費は、21.4〜21.8km/L(JC08モード)で他とひけをとらない低燃費です。
 (67545)

〈XV/スバル〉

スバル特有のボクサーエンジン(水平対向エンジン)とモーターによる静音性、加速感で人気のモデルです。インプレッサスポーツをベースに開発。荷室の使い勝手が非常によく、上質な内装も魅力のひとつです。山道や悪路もグイグイと登れるトルクがあり、その高い走破性によりストレスなく走れます。また、全高を1550mmに抑えているので立体駐車場も利用できるのもポイントが高いですね。安全面では、グレードによって選べる自動ブレーキシステム「アイサイト」を搭載。カメラによって感知するため、他社と比較しても安全性の高さでおすすめの機能です。燃費性能は20.4km/L(JC08モード)となっています。
 (67615)

〈アウトランダーPHEV/三菱〉

国内で唯一の充電ができるハイブリッドカーです。EV派生型の「プラグインハイブリッドEシステム」を搭載。「i-MiEV」で培ったEV技術、「ランサーエボリューション」で鍛えた4WD技術、「パジェロ」で築いたSUVのノウハウを結集した「自分で発電する電気自動車」であり、SUVとして世界初のプラグインハイブリッド車です。高い悪路走破性、快適な走行は三菱ならでは。充電した電力で約60km走ることができます。また、バッテリーに充電した電力は1500Wの電源になるので、アウトドアシーンや非常時にも便利です。燃費は19.2km/L(JC08モード)となっています。
アウトランダーPHEV Sエディション(三菱)2017年2月モデルのスペック・カタログ[10108673] | goo自動車&バイク (67549)

まとめ

各メーカーから販売されている代表的なハイブリッドSUVを紹介してきましたが、それぞれに個性があり、魅力満載ですね。地球に優しく、燃費などお財布にも優しいハイブリッドですが、SUVもグッとモデルが増えてきて、選ぶ楽しさも倍増!オフロードを楽々と走りこなせる楽しさと、街乗りでも大活躍してくれハイブリッドSUV、これから大注目の車です。
(赤木はるな)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

SUVのおすすめ7選 人気の小型コンパクトSUV・ハイブリッドSUVはこれだ

SUVのおすすめ7選 人気の小型コンパクトSUV・ハイブリッドSUVはこれだ

いま若い世代を中心に人気になっているクルマといえば、機動力抜群のSUV! 最近のSUVはオフロードだけでなく、オンロードでの走りも抜群。小型・ハイブリッド・ディーゼルなど、おすすめSUV車を厳選して紹介します。
goo自動車&バイク | 31,268 views
三菱「アウトランダー」の魅力 おすすめ中古車

三菱「アウトランダー」の魅力 おすすめ中古車

三菱の人気ミッドサイズSUV「アウトランダー」。今回はアウトランダーの中古価格から燃費やグレードをご紹介していきます。これからアウトランダーのご購入を検討している方は参考にしてみてください。
goo自動車&バイク | 3,648 views
新型CR-V徹底比較!ライバルのSUVと比べてわかったこととは?

新型CR-V徹底比較!ライバルのSUVと比べてわかったこととは?

2018年8月30日に発表したホンダの新型SUV「CR-V」は、発表後1カ月で、月販目標の1200台の4倍超となる5000台以上を受注する好調なスタートを切っています。前モデルの販売終了時とは大きく異なるこの結果は、どのような点がユーザーに評価されたのでしょうか?ライバルの新型SUV各車と比べながら探ってみましょう。
goo自動車&バイク | 1,696 views
【人気SUV対決】C-HR VS エクリプスクロス 燃費・スペック・価格を比較

【人気SUV対決】C-HR VS エクリプスクロス 燃費・スペック・価格を比較

2018年3月に発売された三菱 新型エクリプスクロスと2016年12月から発売しているトヨタ C-HR。人気のある二つのコンパクトSUVを燃費やスペック、価格の面で比較していきます。
goo自動車&バイク | 1,855 views
トヨタの人気ミニバン「ノア」モデル別の特徴中古車価格は?

トヨタの人気ミニバン「ノア」モデル別の特徴中古車価格は?

トヨタ ノアはヴォクシーの兄弟車としても知られるミニバンです。2017年7月にマイナーチェンジが行われ、これまでと違ったフォルムになったことを覚えている方も多いのではないでしょうか。ただ、具体的にどのように変わったのかよくわからない方も多いと思います。そこで今回はマイナーチェンジの前と後の特徴にも触れながら、ノアの中古車情報を解説します。
goo自動車&バイク | 1,445 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク