2017年12月12日 更新

初めてでも失敗しない!賢い中古の軽自動車の選び方

中古の軽自動車を購入する場合、何を基準に検討していますか?走行距離や年式で選ぶ?それとも生活スタイルに合わせて選ぶ?そこで今回は、初めて購入しようとしている人でも失敗しない、賢い中古の軽自動車の選び方のポイントやコツを伝授します!

2,118 views

失敗しない自動車選び、まずは「あるある失敗パターン」を知っておこう!

thinkstock (67055)
中古車の購入の際に、よくある失敗パターンを紹介します。とくに初めて中古車を買おうとしている人は知っておくとよいと思いますので、参考にしてください。

〈安物買いの銭失いパターン〉

予算に限りがあると、どうしてもより安い車に目がいきがちです。表示価格だけを見て飛びついてしまうと、思わぬトラブル発生ということにもなりかねません。中古車市場には「相場価格」があります。流通量、市場での人気度、新型車の発売など、さまざまな要因によって、価格は日々変化しますが、相場価格をもとに販売価格が設定されているので、仕入れ価格の違いはそれほど出ないものです。しかし、中には事故車スレスレの車だったりすることもあるので要注意。もし極端に安い場合は、なぜ安いのか、理由をしっかり説明してもらうことが大事です。

〈本体価格に騙されたパターン〉

表示価格だけを見て決めてしまう失敗パターンです。表示価格には多く分けて、「車両本体価格」と「支払総額」の2種類があります。「車体本体価格」は、車両本体のみの価格なので、運転するために必要な「車検整備費用」「諸費用」「手数料」などは含まれていません。ここを確認せずに安いというだけで契約してしまい、あとから車検や諸費用などがプラスされ、相場価格より高くなってしまうということもよくある失敗です。最近では、車両を購入してから実際に運転するまでに必要な価格「支払総額」を表示する店も増えてきているので、店を選ぶ際にもチェックしたいポイントです。

〈すぐに買い替えパターン〉

「安物買いの銭失いパターン」や「本体価格に騙されたパターン」と重複するところがありますが、人気車だから、安いからといった理由で安易に契約してしまってから、思わぬトラブルがあることがわかり、購入後すぐに買い替えをするパターンです。そうした車は査定も低いので、下取りしてもらっても損をすることが多いでしょう。買い替えの度に余計な出費に頭を悩ませることにもなりかねないので、購入時には慎重に検討することが大切です。
他にも、夫婦だけだからと2シーターの車を買ってしまった直後に、おめでたいことではあるのですが奥様が妊娠されたとか、4人家族だし軽自動車でもなんとかなるかと思ったけど5人乗りコンパクトカーを買っておけばよかったなど、様々な事情ですぐに買い替えが必要になる場合もあります。そうならないためにも、買う前には慎重に検討しましょう。

走行距離?年式?それとも生活スタイル?賢い軽自動車の選び方

中古車の中でも人気の高い軽自動車。各メーカーから様々なモデルが出ていて、選ぶのも楽しいですね。しかしいざ決めるとなると、どれが自分にとってベストなのか迷ってしまいます。そんな自体に陥らないためにも、中古の軽自動車を上手に選ぶためのコツやポイントを押さえておきましょう。

〈年間走行距離1万kmを目安に〉

総走行距離は、車が製造されてから現在までに走った距離で、大体5万kmをボーダーラインに価値が変わるといわれています。しかし、乗り方によっては、10年かけて5万km走ることも、2年で5万km走ることもあるでしょう。車のエンジンは走行距離が多すぎても少なすぎてもダメージを受けてしまうので、1年間で1万kmのペースが理想的といわれています。走行距離をチェックする際は、年間1万kmペースで走行している軽自動車を選ぶとよいでしょう。
thinkstock (67059)

〈年式は5年以内〉

軽自動車を選ぶなら、燃費のよさもはずせないポイントです。ガソリン代をできるだけ抑えたいのであれば、できる限り燃費のよい車を選びましょう。その際、チェックしたいのが年式。軽自動車もここ数年で飛躍的に燃費が向上しているので、中古車を選ぶなら、5年以内の年式のモデルを狙ってみると間違いがないと思います。

〈人気車以外を狙う〉

中古の軽自動車といっても、人気車種では100万円を超えるものも多く、気軽に購入するにはハードルが高いことも。そこで、「どうしてもこの車種がいい」というこだわりがないなら、あえて人気のない車種を狙いましょう。年式が新しい、燃費がいい、安全性能が高いといった特徴を持つ車はやはり人気が高いですが、この傾向にこだわらずに探せば、予算より安い価格で中古の軽自動車を購入することができるかもしれません。また、ボディカラーは白や黒が人気ですが、それ以外のカラーを選ぶのもおすすめ。場合によっては数十万円の差があることもあります。

〈車の内外をしっかりチェック〉

これはという中古車を見つけたら、契約する前に車の状態をチェックしてください。中古車販売サイトで気に入ったものが見つかった場合も、購入後に後悔しないために必ず現物を見せてもらいましょう。一つでも気になることがあれば、購入は見送った方が賢明です。購入後に不具合が見つかったり、トラブルが発生したりすると、想定外の費用がかかることもあるので慎重に検討してくださいね。
・ボンネットやトランク、フェンダーなどの外板部分に歪みがないかどうか
・塗装が均一かどうか
・サイドシルやトランク内のカーペット下などにサビがないかどうか
・シートのへたり具合
・車内に不快な匂いが残っていないか
gettyimages (67058)

〈本体価格以外の諸費用を知っておく〉

車を購入する際には、車両価格に諸費用を加えた金額が必要になります。

法定費用

軽自動車税、自動車重量税、自動車取得税、自賠責保険料

販売店手数料

登録費用、車庫証明費用、下取り費用、納車費用、リサイクル料金など
法定費用のうち、軽自動車では自動車税は購入した年は支払う必要がありません。また、自動車重量税は車検が残っていればかかりません。
販売店手数料では、たとえば車庫証明費用などは自分で取得すればカットできるし、納車費用も自分で取りに行けばかからない費用です。

まとめ

中古の軽自動車は、メーカーも車種も豊富に出回っているので、自分の用途に適した車を探すことができます。しかしその半面、クオリティに問題のある車が混じっていることも否定はできません。予算を有効に活かすためにも、購入後も安心して乗るためにも、見極めがとても大切です。これはという車が見つかったら、上記のポイントを参考にして、納得のいく1台を選んでくださいね。
(赤木はるな)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

小回りのよさと燃費だけじゃない!軽自動車を購入するメリットは?

小回りのよさと燃費だけじゃない!軽自動車を購入するメリットは?

小回りがきく、燃費がいいと人気の軽自動車。でもメリットはそれだけではないんです。軽自動車のデメリットも正直に紹介しつつ、それでも今すぐ買いたくなる軽自動車をご紹介します!
goo自動車&バイク | 10,234 views
中古車選びのポイントとして走行距離は大事だが、それだけで大丈夫?

中古車選びのポイントとして走行距離は大事だが、それだけで大丈夫?

中古車を購入する際に重要視するポイントはどこでしょうか。走行距離、修理歴、それとも年式?走行距離の多い少ないだけで選ぶと実は危険なことも。注意が必要なポイントを詳しく解説します。
goo自動車&バイク | 3,896 views
街乗りにも、アウトドアにも!スバル「XV」の特徴と中古価格

街乗りにも、アウトドアにも!スバル「XV」の特徴と中古価格

SUVを探しているなら、スバルの「XV」はいかがでしょうか。XVは同じくスバルからリリースされている名車「インプレッサ」のクロスカントリーSUVバージョンの車です。XVならば街乗りもアウトドアも問題なくこなせる性能を持っており、しかもインプレッサから連なるかっこよさも健在です。きっと、あなたのお気に入りの一台になってくれるでしょう。今回はスバルのXVの性能とその魅力について解説します。
goo自動車&バイク | 389 views
コストパフォーマンス最強!?おすすめのBMW 1シリーズ!

コストパフォーマンス最強!?おすすめのBMW 1シリーズ!

現在では、コンパクト3ナンバー(Cセグメント)で唯一「FRパッケージ」を採用するBMW 1シリーズ。「走り」の楽しさを追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、サイズ以上に大きな存在となった「乗って楽しいクルマ」です。本記事では、BMW車のラインナップ内でのBMW 1シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて1シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 650 views
ホンダ250ccのおすすめバイク4選 中古車情報

ホンダ250ccのおすすめバイク4選 中古車情報

ホンダの250ccクラスおすすめ4タイプを紹介します。初心者からベテランライダーまで、バイクの楽しさを感じられる車種ばかりです。ご自身のスタイルに合ったタイプを探してみてください。
goo自動車&バイク | 4,219 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク