2018年11月6日 更新

メルセデス・ベンツの中古車が安い!Eクラスセダンの価格・特徴は?

今も昔も、車好きの中でダントツの人気を誇る「メルセデス・ベンツ」。日本人からしたら外車は高価なイメージが強く、なかなか手を出せずにいる人も多いはずです。今回は、どうせ乗るならカッコいい車に乗りたい、一番人気のベンツを所有してみたい、そんなことを思っている方々にベンツEクラスの中古車情報などを紹介していきます。

2,194 views

メルセデス・ベンツの中古車はなぜ安いのか?

 (71984)

そこまで車に詳しくない人にとって、「メルセデス・ベンツ」と聞くだけで、高価なイメージがあると思います。
今回取り上げるEクラスも新車では約700万円からと、なかなか手の届かない値段設定です。しかし、中古車で見てみると思いの外安く販売されていることがわかったのです。

メンテナンス費用はとても高価になってしまう

メルセデス・ベンツのイメージは頑強で壊れないというイメージでしょうか。確かに10年落ちのベンツでも塗装も内装も状態がよく、綺麗な場合が多くみられます。
車そのものの丈夫さも勿論ですが、丁寧に使っているユーザーも多いことも起因しているのではないでしょうか。
ただ、ベンツに限った話ではありませんが、年式が古くなれば、消耗品パーツの交換、整備箇所は増加します。パーツ代や整備費用が日本車に比して高額となる場合が少なくなく、維持費がかかるのです。こういったところが、中古車価格にも影響しているのかもしれません。

中古車購入時全般に言えることかもしれませんが、購入後の不具合やパーツ交換の発生で、予想外の出費が嵩まないように、定期的な点検が行われていたのか、パーツ交換などがされていたのか、整備記録がしっかりと整っている車両を選ぶようにすることがおすすめです。

新型にはないレトロ感を求める人も多い

新型に比べ、中古車は性能での見劣り、維持費が高くなるのは仕方がありません。

それでも、どこか日本車にはないデザインや乗り心地に魅せられて、購入をする人も少なくありません。走りを気にする人もいれば、オシャレな見た目を気にする人もいるのです。

メルセデス・ベンツEクラスの特徴

 (71985)

メルセデス・ベンツと言ってもそのシリーズはたくさんあり、クラス別に分かれています。今回はその中のEクラスのセダンタイプについてを紹介していきたいと思います。

ベンツ全クラスの中でのEのクラスの位置づけ

メルセデス・ベンツのクラスは、Aクラス、Bクラス、Cクラス、Eクラス、CLSクラス、CLAクラス、SLCクラス、SLクラス、Gクラス、GLAクラス、GLCクラス、GLEクラス、GLSクラス、Vクラス、Sクラスに分かれています。

今回紹介するEクラスは、メルセデス・ベンツの中で中間に位置するクラスになっていて、ボディタイプが4種類用意されているとても人気のあるクラスになります。

Eクラスの初代は1985年に発売され、5代目となる最新型は2016年に発売されています。車自体の性能も走りも人気のあるシリーズとなっています。

ベンツ全クラスの中でEクラスの新車価格はどれくらいか

メルセデス・ベンツのクラスの中で一番安価となっているのがAクラスで298万円から、最も高価なSクラスは、2,000万円以上ととても価格の幅が広くなっているのが特徴です。

その中でEクラスは約700万円となっていて、価格帯も中間クラスとなっています。

Eクラスに用意されているボディタイプの4種類は?

メルセデス・ベンツのEクラスは、ポピュラーなセダンタイプ、ラゲッジスペースの広いステーションワゴンタイプ、2ドアのより運動性の高いクーペタイプ、オープンエアドライブを堪能できるカブリオレタイプの4種類が用意されています。

車種情報を見てみると型番の頭文字が4つのタイプで異なり、「W」はセダンタイプ、「S」はステーションワゴンタイプ、「C」はクーペタイプ、「A」はカブリオレタイプのことを表しています。

ベンツの内装のエレガンスとアバンギャルドとは?

また、メルセデス・ベンツのEクラスには、内装の違いとして、エレガンスとアバンギャルドがあります。

エレガンスはオーソドックスなタイプ、アバンギャルドはスポーティなタイプになります。元々は前者が主流で、後者はクーペタイプに使用されていましたが、よりスポーティで快適感を求める若い年齢層にとても人気があるのです。

4代目Eクラスセダン(W)の特徴と中古価格

 (71986)

5代目となる新型の前に、まずは4代目Eクラスのセダンタイプの特徴や中古で購入する際の価格帯を紹介していきます。

メーカー名は「メルセデス・ベンツ」、今回はEクラスのセダンタイプの紹介になりますので、5人乗りになります。

発売年度は2009年、2016年まで販売されていて、W212型と呼ばれていて、グレードはE250からE63までと幅が広く、様々なニーズに応えられるようになっています。

ボディサイズは、全長4,870mm×全幅1,855mm×全高1,470mm、ホイールベースは2,875mmとなっていて、3代目と比べると全てにおいてサイズが拡大となりました。

4代目Eクラスのセダンタイプは後期になると、ヘッドライトが2灯繋がっているようになり、シャープな顔つきが特徴になります。

また、インテリアも魅力的で豪華な装備になっていて、標準装備のグレードも拡大されているのが人気の理由と言えます。
長時間の運転による集中力低下を警告してくれる「アテンションアシストシステム」や「レーダーセーフティーパッケージ」が標準装備となっているので、3代目のEクラスに比べて安全性が高くなっています。

エンジン性能はV6、V8によって異なりますが、乗り心地はとても安定していて、燃費性能も優れていると言われています。

今でも後期4代目Eクラスの中古車はまだ高いとも言われていますが、新型と比べてもそこまで劣らない性能を持っていることからとても人気があるタイプとなっています。

搭載エンジン、グレードによって様々ではありますが、89〜428万円となっています。

5代目Eクラスセダンの特徴と価格

 (71987)

続いては最新型、現行モデルとなる5代目Eクラスのセダンタイプの特徴や中古で購入する際の価格帯をまとめていきます。

最新型の5代目は2016年に発売、W213とも言われていて、Cクラス同様4つのボディタイプが用意されています。

5代目になるとグレードはE200(1991cc)からE400 4マチック(3497cc)と様々となっていて、どれも人気のシリーズとなっています。

ボディサイズは全長4,923mm×全幅1,852mm×全高1,468mm、ホイールベースは2,939mmとなっています。

エクステリアデザインとしては、メッシュ状のフロントグリル、フロントバンパーも少し怒り顔をしているのが印象的でよりシャープなイメージを持っています。

インテリアデザインも4代目をより豪華にした水平基調とした造りになっていて、64色のLEDインテリアライトが装備されていたりと十分過ぎる空間となっています。

5代目の特徴として注目しておきたいところは、「自動運転技術」や「運転支援機能」です。最新テクノロジーを駆使し、車の外から駐車できたり、ウインカーを上げると自動で車線変更など、様々な機能が揃っています。

エンジン性能では、5代目Eクラスのベーシックタイプ、E200(直列エンジン4気筒2.0Lターボ)から、「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(V型エンジン8気筒4.0Lツインターボ)」があり、後者はなんと307km/hまで加速するのです。

最新型の5代目Eクラスセダンタイプの中古の価格帯は411〜668万円となっています。

まとめ

今回は、Eクラスセダンの先代モデル~現行モデルについての中古車情報を詳しく掲載させて頂きました。

現行モデルはまだ2年程度しか経っていないため、決して「安い!」という価格ではありませんが、それでも400万円台で新型のEクラスと出会えます。

在庫台数も多いので愛車選びの参考にしてみては如何でしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

メルセデス・ベンツEクラスワゴンの中古車が安い!価格・特徴は?

メルセデス・ベンツEクラスワゴンの中古車が安い!価格・特徴は?

数多くあるベンツ車の中でも柔らかいフォルムが印象的なEクラスステーションワゴンは、多くのオーナーに愛されている名車です。圧倒的高級感の中にも、スタイリッシュさが存在し、その見た目に一目惚れしたという方も多いのではないでしょうか?しかし新車ではなかなか手が届かないという方も多いはず。そんな方は是非中古市場から、探してみてはいかがでしょうか?中古であれば安く購入することが可能です。中古価格とEクラスステーションワゴンのさらなる魅力についてご紹介していきます。
goo自動車&バイク | 1,291 views
憧れのレクサス高級セダン、LSの特徴と中古価格は?

憧れのレクサス高級セダン、LSの特徴と中古価格は?

レクサスのフラッグシップセダンであるレクサスLSは、レクサスの全ラインナップの中でも最高級クラスの車種です。車好きなら一度は高級サルーンの運転性能や乗り心地を体感してみたいですよね。2017年には新型も発売されたレクサスLSの特徴や中古車価格を先代モデルもあわせてご紹介します。
goo自動車&バイク | 2,176 views
まさしく王道セダン!おすすめのBMW 5シリーズ!

まさしく王道セダン!おすすめのBMW 5シリーズ!

BMWのアッパーグレードセダンとしてミドルサイズセダン界に君臨し続けているBMW 5シリーズ。「駆け抜ける喜び」を追求し続けるBMWのクルマづくりに於いて、「ミドルサイズセダンでありながらアスリート的な運動性能が魅力」のクルマです。本記事では、BMW車のラインナップ内でのBMW 5シリーズの立ち位置や特徴、中古購入時の注意点も含めて5シリーズの魅力をご紹介します。
goo自動車&バイク | 1,793 views
そろそろ現行モデルも!?スバル「フォレスター」中古価格と世代別特徴

そろそろ現行モデルも!?スバル「フォレスター」中古価格と世代別特徴

山にたびたび出かけるアウトドアレジャーファンの方にはスバルのフォレスターはいかがでしょうか。スバルのフォレスターはトルクフルな走行性能と余裕のある車内空間で、あなたのアウトドアライフを強力にサポートしてくれます。もちろんオフロード性能だけでなくオンロード性能も申し分ないため、シティライドも気持ち良く楽しめます。今年のレジャースポットはフォレスターで攻めてみてはいかがでしょうか。
goo自動車&バイク | 1,411 views
ファミリーカーにも!日産セレナの歴代中古車の特徴・価格

ファミリーカーにも!日産セレナの歴代中古車の特徴・価格

日産「セレナ」は8人乗りで、荷物も沢山載せることができるがおすすめです。加えて、燃費の良さと走り心地の良さも備えているため、少人数で乗る時にも快適に使えるでしょう。セレナはファミリーカーとしてだけでなく、普段の生活のあらゆる局面で活躍できる可能性を秘めた車です。今回は、そんなセレナの魅力と特徴を解説していきます。
goo自動車&バイク | 851 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク