2016年7月8日 更新

自動車保険の団体割引は得?団体保険のメリット・デメリット

大手の会社に勤めている方は、勤務先で各種の団体保険に入っておられることが多いのではないでしょうか?勤務先の福利厚生の一環ということで、自動車保険も団体保険を取り扱う事が多く、「団体割引は楽だから」と気楽に加入していませんか。団体保険は本当にお得なのか?そもそもどんな仕組みなのか知っておく必要があります。

1,725 views

自動車の団体保険って何?

正式な名称を規模別料率制度といいますが、一般的には「団体扱い契約」と呼ばれることが多いようです。代理店型の保険会社が取り扱う大口の契約で、企業の役職員が契約者になり、その企業から給与を支払われる際に、保険料を給与天引きで集金する方法を取ります。そのため、通常の保険よりも安い保険料で加入することができるのが「団体扱い契約」の最も大きなメリットになります。
thinkstock (44998)

割引率は勤務先によって違う?

保険会社にとっては一度に多数の保険契約が見込めるので、「団体扱い割引」を使用することができます。割引の仕組みは、加入者の数と団体としてのこれまでの損害率によって決まり、内容は毎年見直されます。親会社とそのグループ企業全体で構成し、数万人規模になる団体では、20~30%の割引になるとともに、損害率の割り増しも起こることは少ないでしょう。
gettyimages (44991)

加入できるかは在勤務している会社次第?

一般契約の場合は、分割にすると年払いより5%割高になりますが、給与天引きの場合は割り増しなしの12分割になります。保険契約自体は車を所有する契約者本人とその企業を担当する保険会社や代理店が個別に行います。常駐、もしくは曜日によって保険契約の窓口が置かれているのを見たことがあるのではないでしょうか。加入条件としては、加入者が10名以上の企業や各種団体となります。小規模な団体だと、割引の恩恵も少なく、損害率による保険料の変動も大きいために、取り扱わない勤務先もあるので、会社次第と言えるでしょう。
thinkstock (44992)

団体保険にはデメリットもあります

しかし、予め退職者用の団体扱契約があるのか、出向した場合にも続けられるか、団体扱契約から個人契約に変わるときの手続きなどはしてもらえるかなど、あらかじめ確認しておくことは必要です。特にすでに任意保険に加入していた場合には、5%程度の割引率なら、新たに「団体扱い契約」に加入するメリットは少ないでしょう。
しかし、加入者数を増やすために会社を挙げての加入促進が半ば強制的に行われていたり、一度加入したら抜けにくいということもあり、これが一番大きなデメリットなのかも知れません。特にすでに任意保険に加入していた場合には、5%程度の割引率なら、新たに「団体扱い契約」に加入するメリットは少ないでしょう。しかし、加入者数を増やすために会社を挙げての加入促進が半ば強制的に行われていたり、一度加入したら抜けにくいということもあり、これが一番大きなデメリットなのかも知れません。
団体保険にはデメリットもあります。大きな問題となるのが、その企業・団体を退職された場合です。転職した場合には、新たな職場での契約になるため、これまでの割引は継承できなくなります。保険料については、小規模な企業・団体の場合、割引も少なく、保険料の変動も大きいので一概に安いとは言えません。代理店型の損保会社が扱う為に基本となる保険料が高いので、最近の通販型の方が安い場合があります。定年退職された場合などには、OB団体として割引がされ、大手企業の場合はほとんど心配はないでしょう。
thinkstock (44995)

結局団体保険(団体扱い契約)はお得なの?

20代の若い方や、初めて自動車を購入するのなら通販型でも保険料が意外と高くなるので、これらに該当する方は、団体扱い契約の方が安くなる可能性があるのでおすすめです。対面して相談できる代理店型のしっかりした保険が通販型の保険と同水準の保険料になるならお得であるといえるでしょう。また、すでに長い間給与天引きされているのなら、他に乗り変えるメリットはないので、そのまま加入されるべきです。
gettyimages (45039)

まとめ

団体保険の場合、メリットとデメリットは確かにあり、ご自分で判断するのは難しいのも確かですが、すでに加入しており、勤続が長い場合はあえて脱退する必要はないかも知れません。しかし、定年を迎える方や、中途入社された方の場合は、メリットとデメリットを担当者の方とよく相談することが必要になります。
gettyimages (45034)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自動車保険が変わる?フリート契約者向け割引サービス

自動車保険が変わる?フリート契約者向け割引サービス

自動車には自賠責保険をかけることが義務づけられていますが、自賠責保険とは別に任意保険をかけているドライバーも少なくないでしょう。実は、その任意保険が、新たな段階へと踏み出そうとしています。今回は、自動車保険が今後変わっていくであろう新サービスについてご紹介します。
goo自動車&バイク | 463 views
自賠責保険の慰謝料計算方法は?

自賠責保険の慰謝料計算方法は?

誰もが加入している自賠責保険。事故を起こした時の慰謝料はどれだけ自賠責保険でカバーできるのでしょうか?そして、やっぱり任意保険には入っておくべきなのでしょうか?その疑問を徹底解剖します。
goo自動車&バイク | 424 views
セカンドカー割引の条件は?【自動車保険】

セカンドカー割引の条件は?【自動車保険】

「車離れ」という言葉が出てくるくらい、都心部では車を手放す人が増えています。しかし、車がないと生活が成り立たないという地域があるのも事実です。そのような地域にお住まいの方なら、一家に2台以上車があるのは珍しくないでしょう。「自動車保険が高くて……」とお嘆きの方のために、いい制度があるんです!それがセカンドカー割引です。
goo自動車&バイク | 301 views
自動車保険の「免責」って何?

自動車保険の「免責」って何?

自動車保険の支払い額に大きく影響してくる免責。仕組みがよくわからず、表記も少しややこしいので、わからないままなんとなく免責金額を決めてしまっている人も多いと思います。免責の仕組みを理解して免責金額を見直すことで自動車保険の保険料が一気に変わってきます。
goo自動車&バイク | 332 views
飛び石被害で自動車保険を使うと等級が下がる?

飛び石被害で自動車保険を使うと等級が下がる?

車を運転していて、フロントガラスに石が当たってひびが……いわゆる「飛び石」の被害です。ひびが入ったフロントガラスは修理しなければいけませんが、自動車保険を使うと等級が下がってしまうのも事実です。そのあたりの知識について解説します。
goo自動車&バイク | 586 views

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

Car-iの最新情報をお届けします

Twitterでgoo自動車&バイクをフォローしよう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goo自動車&バイク goo自動車&バイク